ためになる

心配なし!エレベーターの安全対策はかなりスゴい。

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

エレベーターの安全性はかなりのものという雑学

みなさんはエレベーターに乗っているとき「エレベーターの紐が切れて、落下したらどうしよう」と不安に思ったことはないだろうか。

よくエレベーターが落下したときは、地面に激突する瞬間にジャンプすれば助かる、みたいな都市伝説が広まっていることがある。だが、あれは完全に嘘だ。下に落ち続けているエレベーターの中でジャンプできるはずがない。

そもそもエレベーターの安全性はかなりのもので、そんな不安を抱える必要はないのだ。今回の雑学では、エレベーターの安全性について解説していくぞ。

【生活雑学】エレベーターの安全性はかなりスゴい

孫ちゃん
エレベーターっていつか落っこちそうで、実は乗るときちょっとドキドキしちゃう。
おばあちゃん
まぁわからなくもないけどね。でもエレベーターはかなりたくさんの安全対策が取られてるから、そこまで心配しなくても大丈夫だよ。

【雑学解説】エレベーターの落下における安全対策はすごい

エレベーターの落下における安全対策はすごいというトリビア

エレベーターの多くは「つるべ式」という方式で、上下に移動している。

エレベーターのカゴの中と重りがワイヤーロープによって繋がっており、モーターを回転させてカゴを昇降させているという仕組みだ。

ワイヤーロープが切れてしまったら大変だが、ワイヤーロープは実は1本ではない。ワイヤーロープは3〜8本使われることが多い。だから万が一1本切れてしまっても、他のロープで支えることができるのだ。

孫ちゃん
何本もワイヤーがあるのか…。頑丈な1本だけだと思ってた…。

そのうえロープの1本1本は鋼の線を何本も合わせて頑丈に作られている。そうそう切れることはない。

そして、エレベーターの安全対策はこれだけにとどまらない。

仮に全部のワイヤーロープが切れたとしても、非常止め装置が作動する仕組みになっている。装置が作動すると、くさびが飛び出してカゴを支えるようになっているのだ。

さらには、非常止め装置が故障していた場合でも、エレベーターの床には、クッションが存在する。床にはバネ式のクッションがついていて、衝撃を和らげてくれるのだ。

エレベーターはこのように何重も安全対策を施している。

おばあちゃん
これだけ対策に対策を重ねてたら安心だねぇ。

【追加雑学①】エレベーターで危ないのはペットと一緒に乗る時

エレベーターで危ないのはペットと一緒に乗る時というトリビア

エレベーターで危ないのは、ペットと一緒に乗る時だ。

犬などのペットをリードで引っ張って、エレベーターに乗せたとする。エレベーターの扉がしまる瞬間に、犬がエレベーターから出てしまった。すると、リードがエレベーターの扉に挟まってしまう。

この状況で扉が閉まりエレベーターが上に上がってしまった場合、リードに繋がれた犬が引っ張られ、首吊状態になってしまう。実際にこういった悲惨な事故が起こったこともある。

孫ちゃん
うわ…。想像しただけでつらい…。

ペットと一緒にエレベーターに乗るときは、必ずペットを抱っこして乗るようにしよう。

スポンサーリンク

【追加雑学②】エレベーターのボタンキャンセル方法

エレベーターのボタンキャンセル方法についてのトリビア

エレベーター関連の雑学をもう1つ紹介しよう。

たとえば、本当は3階に行きたいのに間違えて2階のボタンを押してしまったことはないだろうか? 実はそれをキャンセルすることが出来る。

キャンセルする方法はいたって簡単。キャンセルしたい階のボタンを2回押せば良い。

孫ちゃん
あ、これ知ってる!

以下の動画では実際にボタンをキャンセルしている。

 

孫ちゃん
そうそう。友達のマンションもこれできた。…ていうか、動画はやっ。

ただし、このキャンセル機能がついていない場合もある。パナソニックのエレベーターには、キャンセル機能が残念ながらついていない。

とはいえ、間違えて押してしまった場合は、一度この方法が使えないか試してみると良いだろう。

雑学まとめ

本雑学記事では、エレベーターの安全性について解説した。

エレベーターは何重にも安全対策を施しているため、落下の心配はほとんどないことが分かった。

万が一事故があったら大変だから、念入りに事故防止策をとっているんだなあ。これまで「エレベーターが落下したらどうしよう」と心配していた人は、これで安心してエレベーターに乗ることができるようになったのではないだろうか。

孫ちゃん
は~い、安心しました!
おばあちゃん
とはいいつつも、超高層ビルとかだとやっぱり不安になりそうだねぇ。

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー