寺・神社

死者を裁くのも罪!?閻魔大王も罪人と同じく罰を受けている

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

閻魔大王も罰を受けているという雑学閻魔大王は、地獄に行く死者へ相応の罰を与える存在だ。しかし、そんな閻魔大王自身も罰を受けていることを知っているだろうか?

「閻魔大王の顔は赤い」というイメージをもっている人は多いだろう。そのイメージも、実は彼の受けている罰から生まれたものだ。今回は、そんな閻魔大王の罰についての雑学を紹介しよう。

【歴史雑学】閻魔大王も罰を受けている

信長さん
閻魔大王は、1日に3回どろどろに溶けた銅を飲む罰を受けているのだ。
秀吉くん
どっちかっていうと閻魔大王ってSっぽい雰囲気っすけど、実はMっ気あったんっすか?

【雑学解説】1日3回ある過酷な罰

1日3回ある過酷な罰についてのトリビア

実は閻魔大王は、とある罪を背負っている。極楽に行っても良い人を極楽へ、地獄へ行くべき人を地獄へ送るのが閻魔大王の仕事だが、それ自体が罪だというのだ!

その罪に対する罰は、地獄の罪人が受ける罰よりも凄まじいものとなっている。それが、「1日に3回、どろどろに溶けた銅を飲む」というものだ。

どろどろに溶けた銅を飲めば、喉や内臓は焼けただれてしまう。想像するだけでも恐ろしい…! しかし地獄の住人は傷の治りが早いので、銅の熱で痛めつけられた閻魔大王の体もすぐに治る。そしてまた、閻魔大王は銅を飲むことになるのだ。

ちなみにどろどろに溶けた銅を飲んでいるから、閻魔大王の顔は赤いという。

私は怒っているから顔が赤いのだと思っていたのだが…単に熱いから赤くなっていると聞くと、「閻魔大王も普通の人間とあまり変わらないのだな…」と感じさせられる。

罰を受けているという意味では、閻魔大王も地獄の死者と平等な立場ということなのだろうか。

秀吉くん
罰を受けつつも死者の裁判をするとか…閻魔大王って両刀使いだったんっすね。
信長さん
お前、どうやったらそんな発想に行きつくんだよ…。

おすすめ記事

閻魔大王は死後の世界を最初に発見した人といわれているという雑学
人間だった?閻魔大王が死後の世界を裁くようになった理由とは?

続きを見る

スポンサーリンク

【追加雑学】閻魔大王はこんにゃくが好き

閻魔大王はこんにゃくが好きというトリビア

「溶けた銅を飲まされる」という雑学だけでは、ちょっと閻魔大王がかわいそうだ。ということで、彼の好きなものについても紹介しておこう!

閻魔大王はこんにゃくが好きだ。そう、あのプルプルしたこんにゃくである。

秀吉くん
僕もこんにゃく好きっすよ。一人寂しい夜のお供に最適っす。
信長さん
ハゲネズミ、そろそろ黙ろうか。

これには、江戸時代のある話が関係している。

江戸時代、盲目の老婆が自身の目を治そうと、閻魔大王に21日間の祈願を行った。すると満願の日に閻魔大王が夢に現れ「満願まで頑張ったから、私の目を片方やろう」といったという。そして目が覚めると、老婆の目は治っていたのだ

この老婆は祈願を行う際に、自分の好物だったこんにゃくを断って、代わりに閻魔大王にこんにゃくを供えていた。そのお供え物が由来で、「閻魔大王はこんにゃくが好き」ということになっているのだ。

この話は東京都文京区にある源覚寺に伝わるもので、このお寺にある閻魔大王像の右目は無くなっている。これは彼が老婆に右目をあげたことの表れなのだ。

こちらの動画にて、閻魔大王の右目が無いことが確認できる。

信長さん
片目がないことで一層迫力があるが、このようないきさつがあったと考えると胸に訴えかけるものがあるな。

とても厳しい閻魔大王だが、目的を果たそうと頑張る人には慈悲深い一面もあるのだ。

雑学まとめ

閻魔大王についての雑学、いかがだっただろうか。閻魔大王は、地獄に行くべき死者を裁くだけでなく、自分自身もを受けている。それは「どろどろに溶けた銅を1日3回飲む」というもので、閻魔大王の顔が赤いのは、その罰を受けているからだった。

死者を裁くことが罪になるというのは、少し意外だ。それにしても、罰を受けてでも送るべきところへ死者を送るという、閻魔大王の責任感の強さには恐れ入るものがある。

秀吉くん
地獄の裁判官っていったら響きは怖いっすけど、正義感のかたまりじゃないと務まらないっすよね。僕は無理っす。
信長さん
お前、美女はえこひいきしそうだよな。

おすすめ記事

お地蔵さんは閻魔大王と同一人物という雑学
お地蔵さん=閻魔大王ってホント!?地獄の裁判官たちをご紹介

続きを見る

徳島県の正観寺には、お寺の中にお化け屋敷がある?に関する雑学
まさに地獄…!徳島県の正観寺にはお化け屋敷がある【八大地獄】

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー