由来

由来は正反対!"春分の日"と"秋分の日"はどういう日?

春分の日と秋分の日の意味は似ているようで正反対という雑学

春になると春分の日があり、秋になると秋分の日がある。名前がとても似ているこの2つの日が、具体的にはどういう日なのか知っているだろうか?

おそらく多くの人は「お彼岸の時期」「昼と夜の長さが同じ日」などと答えるだろう。私も以前までならそう答えていた。しかし実のところ、この2つの日は似ているようで全く違う意味をもっているのだ!

今回の雑学ではそんな多くの人が意外と知らない、春分の日と秋分の日の違いについて迫っていこう。そこには日本人ならではの、季節のとらえ方が隠されていたぞ!

【生活雑学】春分の日と秋分の日の意味は似ているようで正反対

おばあちゃん
春分の日と秋分の日ってどんな日か知ってるかい?
孫ちゃん
どんな日ってどういうこと?昼と夜の長さが一緒とかそういうことじゃないの?
おばあちゃん
まぁ一般的にはそうだけどね。春分の日には「これから育てる作物の豊作祈願」、秋分の日には「収穫できたことを祝い感謝する」って意味があるんだよ。

【雑学解説】春分=豊作祈願・秋分=収穫のお祝いと感謝

春分の日と秋分の日は、もともとは農業と深い関わりがある。この2つの日に、昔の人は土地の守り神を祀る神社へ足を運ぶ習慣があったのだ。

春分の日の時期といえば、農業ではこれから作物を育て始める時期である。この日になると農業を営む人たちは「秋に多くの実りを収穫できますように」という願いを、土地の守り神に五穀の種を奉納することで祈った。

そして作物の収穫が行われる秋分の日の時期には、無事収穫できた感謝を表すために再び神社に参拝し、収穫したものを神様に奉納するのだ。

今では似たような日になっている春分の日と秋分の日だが、当初は神様への祈願と、その願いが叶った感謝という、それぞれ別の意味をもった日だったのである。

孫ちゃん
豊作祈願と感謝の日だったんだ。これは全然知らなかったな~。

それにしても、どちらも農業に関連していたとは…さすが農耕民族といったところか、なんとも日本人らしい季節感が込められている。

スポンサーリンク

【追加トリビア①】春分の日と秋分の日がなぜお彼岸と結びつくの?

春分の日と秋分の日は、それぞれ「お彼岸の時期」でもあり、墓参りに行く人が多い。どうしてこの日がお彼岸と結びついたのかというと、仏教思想が関係している。

この2つの日は、太陽がほとんど真西に沈んでいく日でもある。仏教の世界観で、西は極楽浄土のある方角だ。そのため、春分・秋分の日は、極楽浄土へと思いをはせる日となっているのである。

この習慣に、日本に昔からある先祖の霊を祀る文化が合わさり、春分・秋分の日とお彼岸が結びついたのだ。

お盆に比べると、春分・秋分の日の墓参りの印象は薄い。しかし、この習慣にも仏教思想と日本の文化に基づく、れっきとした理由が込められていた。このようにお墓参りの機会が多くあることからも、日本人の先祖の霊を大切にする精神を感じられる。

おばあちゃん
お彼岸の時期にお墓参りに行くっていうのもね、この時期にお墓参りや法要をすることで自分も極楽浄土へ行けるようになるとか、ご先祖様への思いが通じやすくなるとか、そんな風にいわれてるんだよ。
孫ちゃん
へぇ~。じゃぁちゃんとお墓参りに行くようにしなきゃね。

【追加トリビア②】ぼたもちとおはぎってどう違うの?

お彼岸のお供え物といえば、ぼたもちやおはぎだ。春のお彼岸にはぼたもちをお供えし、秋のお彼岸にはおはぎをお供えする。

しかしこの2つ、どう見ても同じお菓子に思えるのだが…何か明確な違いはあるのだろうか…アンコの種類? それとも中身?

答えは、「どちらも違いは無い」である。

孫ちゃん
え?ないの?

つまりこの2つは、季節によって呼び方が違うだけということになる。なぜ同じものなのに、呼び方が違うのだろうか?

その謎のカギを握るのが、花だ。春のお彼岸の時期には牡丹(ぼたん)が、秋のお彼岸の時期には萩(はぎ)の花が咲く。昔の人は、あのアンコに包んだお餅の形を花に見立て、春には牡丹に、秋には萩にちなんだ呼び方をしたのだ。

正直、牡丹や萩に似ているとするのは、ちょっと無理があると思うのだが…。いや、昔の人はきっと、今の私たちよりも想像力が豊かだったのだろう!

孫ちゃん
いやいや!私めちゃめちゃ感心しちゃったけど!牡丹で「ぼたもち」、萩で「おはぎ」。この発想がもうすごいよ!
おばあちゃん
おばあちゃんもこういう発想好きだよ。その季節の花に見立てるのは素敵だと思うけどねぇ。

関連雑学

「おはぎ」には呼び名が4つある!?に関する雑学
ぼたもち/夜船/北窓!"おはぎ"には四季をイメージした呼び方がある

続きを見る

トリビアまとめ

春分の日と秋分の日にまつわる雑学をご紹介してきた。春分の日と秋分の日は、もともとは農業を営む人たちの文化として根付いたものだった。

しかし時代が流れるにつれて、今では「お墓参りの時期」や「昼と夜の長さが同じ日」という認識しか残っていない。昔と比べれば、農業と関わりがない人のほうが多いことはわかるが、それにしてもちょっと寂しい感じもする。

春分の日・秋分の日には、こういったそれぞれの日の成り立ちに思いをはせるのもまた、良いのではないだろうか。

おばあちゃん
神様への祈願と感謝って考えると、今まで以上にお米や野菜をおいしくいただこうって気持ちになるねぇ。
孫ちゃん
そうだね。まぁ私はいつでもおいしくいただいてるけどね!

こちらの記事もおすすめ!

Copyright© 雑学カンパニー , 2020 All Rights Reserved.