飲み物・お酒

ビールが苦手な人にオススメ!飲みやすくて人気の"フルーツビール"ってなに?

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

日本製が続々誕生!女性にも人気の「フルーツビール」って?に関する雑学

筆者はビールより酎ハイが好きだ。それも甘くてフルーツ味の酎ハイである。周囲からは「味覚が子どもなんだ」と馬鹿にされるのだが、おいしいからいいじゃないか! と言い返してきた。

先日ビール好きの友人から、「これ飲んでみなよ」と渡されたビール海外製でラベルにラズベリーが印刷してある。蓋を開けたら甘いベリー系の香りが…。

恐る恐る飲んでビックリした。ちゃんとビールの風味なのに甘くておいしい! なにこれ!? 今回はこのおいしいビール「フルーツビール」についての雑学を紹介する!

【食べ物雑学】日本製が続々誕生!女性にも人気の「フルーツビール」って?

ぷよぷよくん
ビールが苦手なボクでも飲める甘いビールがあるって聞いたんだけど…
ガリガリさん
ビールにフルーツ果汁や香料で風味をつけたり、フルーツの果汁を発酵させたりして作った『フルーツビール』だな。甘いものはもちろん、甘くないものまでいろいろあるぜ。

【雑学解説】フルーティーでとても飲みやすいビール

フルーティーでとても飲みやすいビールというトリビア

友人が筆者にすすめてくれたビールは、「フルーツビール」。その名の通りフルーツを使用したビールである。アルコール度数が低く、甘味のある「ビール嫌いでも飲みやすいもの」だった。

ベルギーなどの海外産が主流で、果物を生のまま漬け込むのか・果汁を入れるのか・ペーストにして加えるのかで味わいが変わる。また、完成したビールにフルーツを加える作り方と、製造前半の発酵前に加える作り方がある。

筆者が飲んだビールは完成品に果汁を加えたものだったので、甘くてジュースのようだった。

ぷよぷよくん
ボク、あんまりビールは飲めないけど、これなら美味しく飲めそう。

しかし、発酵前に加えたものは、酵母菌がフルーツの糖を分解するため甘くない。香りはフルーティーで、甘みがないビールだ。もともとビール好きの人におすすめな仕上がりとなる。

実は、発酵前にフルーツを加える製造方法はとても難しいそうだ。一般的なホップと麦汁の苦み・甘み、そこにフルーツの苦み・甘みが加算される。出来上がるとフルーツの香りと酸味はそのまま残るので、完成品を想像するのが大変。

理想のビールをつくるためにはそのような様々な要素が絡むため、新作を作り出すのはなかなか難しいようだ…。

今現在市販されているフルーツビールは甘さや酸味、香りなどのバランスを考慮して完成されたものなので、ビールが苦手な人でもぜひ試してみてほしい。

ガリガリさん
メーカーやフルーツによって味わいが全然違うから、飲み比べを楽しめるビールだぜ。

スポンサーリンク

【追加雑学①】世界中で人気の有名フルーツビール

世界中で人気の有名フルーツビールについてのトリビア

フルーツビールはもともと海外製が主流である。輸入ビールが珍しくなくなったので、今では日本でもいろいろな種類のフルーツビールを味わうことができる。

たとえばフルーツビールの盛んなベルギーでは、なんと15種類ものフルーツビールがあるのだ。

  • さくらんぼ
  • フランボワーズ
  • カシス
  • いちご
  • アプリコット
  • 青リンゴ
  • ライム
  • ピンクグレープフルーツ
  • レモン
  • パイナップル
  • バナナ
  • パッションフルーツ
  • グレープ
  • マスカット
ぷよぷよくん
これらがビールに入っているなんて…味の想像がつかないや。

まるでカクテルベースのようだが、れっきとしたビールである。

もちろんミックスベリーなど何種類か組み合わせたものや、プラム・黒すぐり・かぼちゃなどの変わり種もあるようだ。

【追加雑学②】日本で作られたフルーツビールも大人気

日本で作られたフルーツビールも大人気についてのトリビア

NESTだいだいエール

近年では日本でも地方の小規模な醸造所が「クラフトビール」を作って頑張っている。産地を活かしたご当地フルーツビールや、日本ならではのフレーバーを出しているのが嬉しい。

特に人気があって有名な国産フルーツビールをご紹介しよう。

  • 茨城県の「常陸野ネストビール」製造の茨城産みかんを使用した「NESTだいだいエール」
  • 長野県の「駒ヶ岳醸造所」製造の南信州産りんごジュースを使用した「アップルホップ」
  • 愛知県の「ワダカン株式会社」製造の瀬戸内産レモンを贅沢に絞った「盛田金しゃちビール・フルーツドラフト・レモン」
ぷよぷよくん
それぞれの産地の果物を使ったフルーツビール…おいしそう…!
「サンクトガーレン」が作る3年連続日本一のフルーツビール「湘南ゴールド」

なかでも元祖地ビール屋として有名な神奈川県の「サンクトガーレン」では、日本を代表するフルーツビールが発売されているので注目だ。国際ビール大賞のフルーツビール部門で3年連続優勝した「湘南ゴールド(オレンジ)」は間違いない。

サンクトガーレンさんのこだわりがつまった「国産フルーツビール」。こんな動画を見たら、今すぐ飲みたくなってしまうぞ…!

ガリガリさん
湘南ゴールドは春夏限定のビールなんだぜ。
ぷよぷよくん
期間限定?!余計に飲みたくなっちゃうね…!

パイナップルエール、アップルシナモンエールなど飲んでみたいフレーバーがたくさんあるのだが、フルーツ以外でもチョコレート・バニラ・さくらなどの変わり種があるのが面白い。ぜひ飲んでみてほしい。

雑学まとめ

フルーツビールについての雑学を紹介してきた。真のビール好きの中には「フルーツビールなんてただのジュースじゃないか」という人もいるかもしれない。しかし、発酵前にフルーツを仕込んだフルーツビールなら、甘みはゼロ。風味豊かなフルーツビールを味わえる。

もちろん筆者のように味覚がお子ちゃま(不本意)の方にも、後から果汁を添加したタイプはとてもおいしく感じるはず。もしフルーツビールを見かけたら、ぜひ気軽に試してみてほしい。

ぷよぷよくん
『ビール=苦い』っていうイメージしかなかったけど、フルーツビールは飲んでみたい…気持ちよく酔えそう…えへへへ…
ガリガリさん
お前、すでに目が座ってるぞ…

おすすめ記事

最近流行りのビール、「エールビール」ってなんのこと?に関する雑学
味わいや香りが豊か!"エールビール"は普通のビールとなにが違う?

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー