エンタメ

ハリー・ポッター大ヒットの裏話。J・K・ローリングは生活保護を受けていた

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

「ハリー・ポッター」シリーズの作者J・K・ローリングは、生活保護を受けていたという雑学

J・K・ローリング

魔法溢れるファンタジー世界を描いた、世界的に有名な児童小説「ハリー・ポッター」。その作者といえば、J・K・ローリングだ。

J・K・ローリングには、意外な過去がある。その過去を知ると、「ハリー・ポッター」シリーズの大ヒットは、まさにシンデレラストーリーといえるだろう。

今回は、「ハリー・ポッター」の生みの親にまつわる雑学を紹介する。

【サブカル雑学】「ハリー・ポッター」シリーズの作者J・K・ローリングは、生活保護を受けていた

ひかり
『ハリー・ポッター』シリーズの作者のJ・K・ローリングさんの人生は苦労に満ちたもので、『賢者の石』を執筆中の時期には生活保護を受けていたんだって!
ゆい
まぁ、今では世界的に有名なローリングさんはそんな過酷な環境の中制作活動を行っていたんですの?!

【雑学解説】困窮した生活からの大逆転

今となっては世界的に有名な小説家となったJ・K・ローリングだが、それまでの人生は波乱に満ちたものだった。

1990年6月、ローリングはマンチェスターからロンドンへ向かう列車の中で、「賢者の石」のストーリーを思いついた。そこからハリー・ポッターの冒険物語の土台を書き続けるのだが、そこで不幸が起こる。

1990年の末に、母親が亡くなったのだ。母親の死はローリングにダメージを与え、執筆活動にも支障が出たほどだった。

ひかり
このお母さんは多発性硬化症を患っていて、10年にも及ぶ闘病生活の末に亡くなっちゃったんだって…。

翌年の1991年には、ポルトガルで英語教師をするようになり、現地で出会った男性と同棲の末に結婚。1993年には娘も生まれた。 

しかし、結婚生活は長くは続かなかった…。娘が生まれた4か月後に、ローリングは離婚し、イギリスに戻ることになったのだ。

イギリスのエディンバラにいる妹のところに住むようになり、ローリングは生活保護や住宅手当を受けるようにもなった。この時の収入は69ポンド(当時の日本円で約1万円弱)。

それだけでは足りないので、友人から600ポンド(当時の日本円で約10万円ほど)も借りた。

ゆい
本当に切羽詰まった生活をしてらしたのですね…

生活保護や借金をしたとしても、生活は困窮する一方だった。ローリングはうつ病を患うようになり、何度も自殺を考えたが、1995年になるとやっと「賢者の石」の原稿ができた!

「賢者の石」の原稿完成もまだ続く道のり

しかし、そこからもまだまだ苦難の道だった。出版社が取り合ってくれなかったのだ。

当時のローリングは無名で、作家ですらなかった。さらに「賢者の石」は長編。そのこともあって、多くの出版社は取り合わなかった。

1年後の1996年…ある出版社がローリングと作品を受け入れた。それが、ブルームズベリー出版社だった。この出版社は、新人発掘に力を入れていたこともあるが、「賢者の石」の採用には1人の少女が関係していた。

「賢者の石」の原稿を受け取ったブルームズベリー出版社の編集長は、自分が読むよりも、まず当時8歳だった娘に読ませた。「賢者の石」は児童文学。子供に受けなければ意味がないのだ。

そして、娘が「賢者の石」を読み終えて言った一言が…

「パパ! これは他のどんな作品よりも素敵なものよ!」

こうして、1人の少女の太鼓判から、「ハリー・ポッターと賢者の石」は出版されることになったのだ。

ひかり
子どもの心をわしづかみにしたことがキッカケで、ハリーポッターシリーズは日の目を見ることができたんだね…!

うつ病を患い、生活保護を受けながらも困窮した生活を続けていたローリング。その苦労が報われたのだ! このあとは、あなたも知っているだろう。

小説は大ヒットし、映画化もされた。まさに、大逆転ストーリーである。

それまでの道のりでうつ病になり、自殺を考えることもあったが、彼女が人生を諦めなくて本当に良かったと思える。そのおかげで、私たちは名作を見ることができたのだから。

おすすめ記事

「ハリー・ポッター」シリーズに出てくるディメンターは、うつ病の象徴という雑学
作者も戦っていた…!"ディメンター"はうつ病の象徴【ハリー・ポッター】

続きを見る

スポンサーリンク

【追加雑学】ペンネームは、女性作家と思わせないために付けた

作者の「J・K・ローリング」という名前は、ペンネームだ。彼女の本名は「ジョアン・ローリング」

なぜ「J・K・ローリング」というペンネームを付けたのかというと、「女性作家と思わせないため」

「ハリー・ポッター」シリーズの主なターゲットは、男の子。日本でもその傾向があるのだが、少年向けの作品に女性作家の名前があると、メイン読者の男の子は作品を避けてしまう傾向にある。

そのため、女性なのか男性なのか分からない「J・K・ローリング」というペンネームを作ったのだ。

ゆい
ちなみに『J』は本名であるジョアンのイニシャルで、『K』は彼女の祖母・キャスリーンにちなんだものだそうですわ。
ひかり
自分自身に関係あるものがペンネームの由来だったんだね。

作者の名前で作品を読むか否かが決められるのは少々複雑だが、中性的な名前にしたことも、「ハリー・ポッター」シリーズが売れた要因の1つだろう。

ちなみに、ローリングは「ロバート・ガルブレイス」という名前で探偵小説も書いている。

本名である「ジョアン・ローリング」か、女性的な名前で作品を書くことはないのだろうか?また、本名や女性的な名前で作品を作るとしたら、どのような作品になるのだろうか? 

雑学まとめ

「ハリー・ポッター」の生みの親、J・K・ローリングについての雑学をご紹介してきたが、いかがだっただろうか。

今となっては、世界的に有名な小説家であるJ・K・ローリング。しかし、その人生は生活保護やうつ病といった、波乱に満ちたものだった。

だが、どれほど生活が困窮しようとも、くじけずに自分の心に正直に小説を書いた。その結果、努力が実を結んで、あの世界的人気シリーズが生まれたのだ。

「諦めずに頑張れば報われる」

そんなことを、人生を通して、ローリングは教えてくれているように感じられる。

ゆい
ローリングさんの生きざまを知った上でハリーポッターシリーズを読むと、また深みを感じますわね。
ひかり
そうだよね。ホントに大変な人生だったと思うけど、そんな中でこんなステキな本を書き上げることができたローリングさん、超尊敬するよっ!

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2021 雑学カンパニー