スイーツ・お菓子

"平家パイ"の名前の由来とは?どこに売ってるんだ…?【vs源氏パイ】

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

「平家パイ」の名前の由来に関する雑学

「平家パイ」というお菓子を皆さんは食べたことがあるだろうか。

パイ生地に洋酒漬けレーズンの粒が乗っている、ちょっぴり大人なレーズンパイだ。だったら、そのままレーズンパイでいいじゃないか。なんで平家パイなんだ? 源氏パイへの対抗意識…?

今回はそんな平家パイの雑学に迫ってみよう。

【食べ物雑学】「平家パイ」の名前の由来とは?

ぷよぷよくん
「平家パイ」の名前の由来かあ…これ「レーズンパイ」って名前だったよね?
ガリガリさん
さすがよく知ってるな。2012年のNHK大河ドラマが「平清盛」になったことを受けて、「レーズンパイ」から「平家パイ」に改名されたんだ。

【雑学解説】平家パイは大河ドラマ「平清盛」にあやかって名付けられた!

大河ドラマがきっかけというトリビア

 

1993年に販売開始された平家パイはもともと、そのまま「レーズンパイ」という名前だった。

発売元の三立製菓では「源氏パイ」というお菓子も販売しており、「源氏パイがあるのに、平家パイはないの?」という問い合わせを受ける機会も多かったのだそう。

余計なお世話だと感じていたかどうかは知らないが、さすがにお客様からの声を無視するわけにもいかない。そのため2012年、大河ドラマのテーマが平清盛になったのをきっかけに「平家パイ」へ改名にいたったのだ。

ぷよぷよくん
ブームに乗った形かなあ。

しかし…レーズンパイという洋風な食べ物に、純和風の「平家」は合わないように感じる。まったく平家っぽくないものを、ただなんとなく「源氏があるんだし」といって名乗るわけにはいかない気もするが…。

そこはさすがの三立製菓。ちゃんと考えている。

お菓子の形は「源氏の放った矢を受ける平らな盾」をイメージして作られており、飾りのレーズンは矢を受けた跡を表しているという。なるほど、そういわれると矢の跡が多数残っている盾に見えなくもない。

ちなみにこの平家パイ、食べやすいように簡単に手で2つに割れるようになっているのだが、盾が簡単に割れるってどうなんだ? …と思ったが、お菓子にそんなリアリティはいらないか。

スポンサーリンク

源氏パイの由来もまさかの同じ手法だった

源氏パイとの関係についてのトリビア

前述のように、平家パイだけでなく源氏パイという商品もある。源氏パイは1965年に発売し、すでに50年以上もヒットを続けるロングセラー商品だ。そんなに古くから販売されているとは!

おもしろいのが、源氏パイの名前の由来も平家パイと全く同じということだ。

ぷよぷよくん
平家パイだけじゃなくて源氏パイも!?

何か和風の名前をつけたいなと考えていたところ、66年の大河ドラマが「源義経」に決まり、そこから「源氏パイ」と名付けられたとのこと。グッドタイミング!

源氏パイ・平家パイと由緒正しいネーミングが並んでいるのは不思議だったが、どちらも大河ドラマのブームに乗っかったものだったのか。

ガリガリさん
商売上手な社長さんだねえ。
お菓子の形はハートじゃなくて扇

那須与一さん

源氏パイの形がハート型になっているのは、実は扇をイメージしたものだ。

歴史に詳しい人なら、源平合戦の「扇の的伝説」も知っているだろう。これは源平合戦の津島の戦いにて、源氏側の兵として従軍した那須与一(なすのよいち)という人物にまつわる伝説。

この戦いで平家は、船の上に扇の的を掲げ「源氏さんくらいになると…これぐらい射抜けますよねぇ?」と源氏を挑発した。那須与一は、その波間に揺れる小さな扇を70メートルも先から射抜いてみせたのだ。

なるほど! 源氏パイは弓の名手を表す扇のイメージで、平家パイはその弓を防ぐ盾のイメージ。お菓子のデザインもしっかり姉妹品になっているのだ!

スポンサーリンク

【追加雑学】平家パイ…マジでどこに売ってるん…

平家パイがどこに売ってるかというトリビア

「大河ドラマにあやかった」「源氏パイの姉妹品!」などとさんざん紹介してきたが、「平家パイって売ってんの見たことないけど?」という人もきっといるだろう。

ぷよぷよくん
わかる!ボクも一度しか食べたことないんだ。

実際Twitterを眺めていると、改名から何年も経っているのに「初めて見た!」という人がめっちゃ多い。

結論を言うと、源氏パイが人気すぎて平家パイは仕入れてないお店も多いっぽい。コンビニにはまず置いておらず、スーパーなら場所によってはある。近場にないならAmazonで注文すべし!

ぷよぷよくん
そっか。Amazonならたっぷり食べられるね。

陳列はだいたい源氏パイの隣で、バチバチと火花を散らしているぞ。

今のところは、源平合戦のように平家が一方的に大敗している感じだが…。やはり50年以上かけて築き上げられた源氏パイのネームバリューには、まだまだ届かないのだ。

でもね…平家パイ、一回食べてみてくださいよ。知られていないだけで、食べると「源氏パイより好き!」って人も多いんだぞ!

ガリガリさん
まだ食べたことない人はぜひ。

「平家パイ」の雑学まとめ

"平家パイ"の名前の由来は?なぜ"レーズンパイ"から名前が変わったのか?という雑学まとめ

今回は平家パイについての雑学を紹介してきた。平家パイの名前の由来は、当時の大河ドラマで「平清盛」が取り上げられていたというちょっぴりゆるい理由。

しかしゆるいように思えて、姉妹品の源氏パイと同じ由来で、三立製菓の伝統を感じるエピソードがあった。

「源氏があるなら平家も」と考える人はやっぱり多いのだ。源平合戦ってロマンがあるしね!

ぷよぷよくん
う〜〜〜どっちも食べたくなってきた!
ガリガリさん
そう言うだろうと思ったよ…。

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー