草食動物

ウマの睡眠事情。実は立ったまま寝ることができるんです

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

ウマは立ったまま寝る?に関する雑学

動物園や牧場で人気者のウマ。走るのが得意なウマは、人を乗せたり車を引いたりと、人間にとって頼りになる相棒でもある。

ウマの走る速さを競う競馬が昔から人気のスポーツであるように、ウマの脚力は彼らの大きな魅力である。そんなウマの「脚」、実は起きているときだけでなく、眠っている時間にも彼らの体を支えているのだ。

そこで今回は、ウマは立ったまま眠る? という雑学について取り上げていこう。

【動物雑学】ウマは立ったまま寝る?

ライオンくん
ウマって立ったまま寝てるよな~。あれ見るたびに感心するぜ。
ウサギちゃん
たしかにウマは立ったまま眠ることがあるけど、いつもそういうわけでもないよ。横になった状態でも睡眠はできるんだ。

【雑学解説】ウマは立ったままでも横になっても眠れる!

私たちは眠るとき、横になったり座ったり、楽な姿勢をとっている。立ったまま眠ろうものなら膝がガクン! となってしまうだろう。電車で恥ずかしい思いをしたことがある人もいるのではないだろうか。

そのため、「立ったまま寝る」なんて信じられないし、疲れが取れなさそう…と思ってしまう。ところがウマ立って眠ることができるのだ。これにはウマの脚のつくりが関係している。

ウマの脚は骨と骨のあいだにある靭帯でしっかりと固定することができる。そのため筋肉を使わなくても柱のように4本の脚が立つのである。靭帯と骨によって固定されているので寝ているあいだに筋肉を使う必要はなく、ガクン! と膝が折れることはない。

とはいえ、立ったままの睡眠では深くは眠ることができない。そこで安全な場所では横たわってぐっすりと熟睡することもあるのだ。

ちなみにウマの平均睡眠時間3時間。7〜8時間の睡眠が必要だとされる人間と比べるととっても少ない。このうち横たわって眠る時間1時間ほど。

そして、この3時間もずっと眠っているわけではなく、30分ほどの短い睡眠を繰り返しているのだとか。うーん、疲れそうだ。

彼らが立ったまま途切れ途切れに眠るのには、常に周囲を警戒する必要があった野生時代の習慣なのだそう。たしかに喰うか喰われるかのサバンナで、横になってグッスリ眠っていたら…危険すぎる。

ライオンくん
オレたち肉食動物がいるからなんだよな…申し訳ない…。
ウサギちゃん
肉食動物も他の動物を食べないと生きていけないし、仕方のないことだよ…!

とはいえ、彼らがまったく休めていないわけではないだろう。昔の名残とはいえ、安全な厩舎で暮らしている今もそんな睡眠をとっているのだから、ウマにとっては普通のことなのだ。

そんな少ない睡眠で、しかも立ったままなんて…私たちからしたら「ちゃんと休めてるの?」と離れて暮らしている母親のような文句をいってしまいそうだが、大丈夫だ。

動物の体はおもしろく出来ているものである。

スポンサーリンク

【追加雑学①】ウマの気持ちは「耳」に出る!

多くの動物と人間は共存している。一緒に過ごす中でコミュニケーションはとても大切だ。

動物たちの気持ちの変化に対応していくことが、上手に付き合っていく秘訣でもある。そのためには彼らの感情がどういう風に表れてくるのかを知る必要があるのだ。

ウマの場合は「」。ウマはよく耳を動かしているのだが、耳の動き感情の変化が表れるのだという。

たとえば、耳を立てている場合は見ているものに興味がある、気になっている様子。耳を後ろに伏せていれば怒っている様子。耳を横に寝かせているときはリラックスしていたり、逆に体調が悪いことも。

このように、ウマにとって耳は口ほどにものをいうのだ。

ライオンくん
ウサギちゃんの耳は長いけど、それも感情の変化を表したりするのか?
ウサギちゃん
そうだね、ボクたちも耳で感情表現するよ。

【追加雑学②】ウマは絶滅している!?

ウマは絶滅している」──いきなりこんなことをいわれても「?」だろう。

牧場に行けば会えるし、競馬場で走っている姿をたくさん見ることができる。絶滅しているのはウマそのものではなくて「野生のウマ」だ。

実は現在、完全な野生種のウマは絶滅しているのである。

とはいえ世界中を探せば、人間の飼育下を越えて生活しているウマもいるにはいる。ユーラシア大陸の草原に暮らしているモウコノウマや、宮崎県で半野生化している御崎馬(みさきうま)などだ。

ウサギちゃん
御崎馬は天然記念物に指定されている『日本伝来馬』なんだよ。詳しくは記事のリンクでチェックしてみてね!

おすすめ記事

宮崎には野生の馬が生息する場所がある【都井岬】という雑学
野生の馬!江戸時代から宮崎県で生きる"御崎馬"とは?【動画あり】

続きを見る

ところが一見野生種に見えるこのウマたちは、どれも逃げ出した家畜が野生化して繁殖したものだ。完全な野生種はどこにもいないのである。

たしかに野生のウマなんて想像つかないかも。にしても絶滅していたとは。彼らは今ではほとんど人間の飼育下でしか生きていないのだ。

おすすめ記事

世界自然保護基金(WWF)のホームページ内の404ページがとても切ないという雑学
絶滅動物図鑑に!WWFの404ページ(エラーページ)に環境保護を考えさせられる…

続きを見る

雑学まとめ

今回はウマの就寝時についてや習性についての雑学を紹介した。立ったまま眠れるウマ…。人間からしたら「なんて器用なの…」と感心してしまう。

起きているときも眠っているときも、四六時中フル活動しているウマの脚

ウマにとって脚はとても大切なもので、生きていく上でとても重要な機能を持ち合わせているのだ。競走馬が脚を折ったら安楽死…というのも仕方ないのである。

ライオンくん
脚を折ったら安楽死?!そんなバカな話があるのか?!
ウサギちゃん
かわいそうなんだけど、ウマの足は1本でも折れてしまうと他の足にも負担がかかってしまって病気にかかってしまうんだ…。ウマにとって脚は『命』なんだよ。

おすすめ記事

馬は鼻呼吸しかできないという雑学
馬は鼻呼吸しかできないけど…実は効率的!【動物の呼吸法】

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー