肉食・巨大動物

アフリカだけじゃない!ライオンはインドにもいる【動画あり】|動物雑学

ライオンはアフリカ以外にインドにもいるという雑学

アフリカのライオン

百獣の王ライオンは、アフリカに生息する肉食動物の中では最大の部類である。ネコ科の中でもライオンは、トラに次いで大型として知られている。

アジアやロシアなどと生息域の広いトラと異なり、ライオンはアフリカにしかいないイメージがあるかもしれない。実は、ライオンはアフリカだけでなく、他の地域にも生息しているのだ。

ライオンはアフリカにしかいないわけではないというトリビアについてご紹介しよう。

【動物雑学】ライオンはアフリカ以外にインドにもいる

インドのライオンは絶滅寸前だったが、現在は人間の保護活動により、その数を増やしつつある。

【雑学解説】インドライオンは絶滅危惧種

インドライオンは絶滅危惧種についてのトリビア

インドのライオン

ライオンというとアフリカのサバンナで群れを作って生活しているイメージがあるだろう。これは間違いない事実だが、かつて、ライオンは人間に次ぐといわれるほど生息域の広い動物だった。

アメリカやヨーロッパ・アジア・中東など非常に広範囲に生息していたが、現在ではアフリカとインドにしか生息していない。人間の手によってほとんどの種類が絶滅してしまったのだ。

亜種に分けるとアンゴラ・ライオンやトランスバール・ライオンなど名前の違うライオンは多いが、ほとんどがアフリカに生息している。

また、アフリカ以外にもライオンは存在しており、インド北西部のグジャラート州にはインドライオンが生息している。インドライオンは日本でも飼育されており、下の動画は上野動物園のインドライオンを撮影したものだ。

このインドライオンは、見た目は良く知られたアフリカライオンとほとんど同じだが、生態は結構違う。インドライオンは単独で行動し、食性は肉食だが非常に多くの種類のものを食べるため、雑食に近いといえる。

体格はアフリカライオンに比べると小さく、2メートルに達するものはオスでも少ない。かつてはベンガルトラと同じ地域に生息していたが、体格で劣るインドライオンはベンガルトラに勝てないと考えられている。

スイギュウなど大きな草食動物を獲物にする点はアフリカライオンに近いが、最も異なるのは繁殖能力だろう。

インドライオンは繁殖力が弱い

アフリカライオンは1頭のオスが20頭近いメスと生活し、繫殖力が強いことで知られている。しかし、インドライオンは繫殖力が非常に弱いのである。

インドライオンは一度に2・3頭ほどの子供を出産するが、子供ができるのに平均で500回近い交尾が必要だというのである。

インドライオンの数が減ったのは狩猟による影響などが大きい。また、繁殖力が弱いため数を増やすのは簡単ではない。1913年にはインドライオンの数は20頭にまで減少し、まさに絶滅寸前だった。現在は人間の保護によって、数が600頭を超えたといわれている。

そのため、絶滅の危機を脱したともいわれているが、数千頭いるアフリカライオンに比べて絶対数は非常に少ない。数が増えているとはいえ、決して安心できる状況ではないだろう。

ただし繁殖力の弱さに反して、寿命はアフリカライオンに比べると10年ほど長いといわれており、長寿のライオンである。

スポンサーリンク

【追加トリビア】かつて4メートルを超えるライオンがいた

かつて4メートルを超えるライオンがいたというトリビア

かつて大型の黒いライオンがアフリカ北部に生息していたこともわかっている。

これはバーバリライオンと呼ばれる種類で、尻尾まで含めると、なんと4メートルを超えるほどの個体がいたことが記録に残されている。

この記録の信憑性は疑われているが、一般的なアフリカライオンに比べて大きな種類だったことは間違いなさそうだ。

別名アトラスライオンとも呼ばれているが、アトラスとはギリシャ神話に登場する天を支える巨人のことだ。バーバリライオンが非常に大きな種類だったことを証明するような名前である。

ちなみに、ライオンキングに登場する悪役のライオン、スカーは、バーバリライオンがモデルである。

バーバリライオンは、1922年にモロッコで射殺されたのを最後に、野生のものは絶滅したというのが定説になっていた。

1922年以降もヨーロッパの動物園でバーバリアンライオンは飼育されているが、他の種類との混血である。そのため、純血種のバーバリアンライオンは1922年に死んだ個体が最後だと考えられていたのである。

1996年と2007年には、野生のバーバリライオンが確認されたという話もある。ただし、この個体は純血種かどうかわからなかった。

しかしその後、バーバリライオンの原産地とされるモロッコの動物園で、32頭の純血種のバーバリライオンが飼育されているという驚きの事実が報告された。

国王の私的な動物園で飼育されていたということで、連絡網がなかったのかもしれないが、絶滅したと考えられていた動物が32頭も飼育されていたというのは驚きである。

2012年に、モロッコ首都ラバトに開園したラバト動物園でバーバリライオンの繁殖が行われ、3頭の子供が生まれたというめでたいニュースがあった。

下の動画は、スイスの動物園のバーバリライオンを撮影したものだ。

かつて絶滅の危機に瀕したライオンが、こうしてたくましく生きていることは、新たなスタートラインを切るのに成功したといえるだろう。

トリビアまとめ

ライオンはアフリカ以外にも生息しているというトリビアをご紹介した。

アフリカに生息するライオンに比べ繁殖力が低いインドライオンは、人間の保護活動でその数を増やしてきた。

数が減ると保護活動が盛んになるので、再び絶滅の危機が訪れるとは考えづらいが、インドライオンが数を増やしていくのは難しそうである。

こちらの記事もおすすめ!

Copyright© 雑学カンパニー , 2020 All Rights Reserved.