アメリカ

単独で成功!ジェームス・キャメロン監督は深海"マリアナ海溝"に到達したことがある

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

ジェームス・キャメロン監督は深海調査の探検家でもあるという雑学

ジェームス・キャメロン監督

働き方や生き方が多様になった現代で、副業はさほど珍しいことではなくなった。何せあのハリウッドも例外ではないのだ!

ロバート・デ・ニーロはレストラン業ドリュー・バリモアはコスメブランドを展開、クリント・イーストウッドは超高級ホテルやクラブを経営している。

しかし、こういっては身も蓋もないのだが、この程度の副業は、金さえあれば大抵の人ができるはずだ。世の中にはもっと上がいる。

それは、『アバター』『タイタニック』のジェームス・キャメロン監督だ!

今回は、ヒット作を連発してきた世界的な映画監督の、別の顔についての雑学をお教えするぞ!

【世界雑学】ジェームス・キャメロン監督は深海調査の探検家でもある

ロバート
やっぱジェームス・キャメロンの『ターミネーター』は何年時が経っても名作だぜ!
エイミー
あなたもアーノルド・シュワルツェネッガーみたいな体型だったら…。ところで、彼は監督業以外にも、深海調査の探検家っていう顔もあるのよ!
ロバート
REALLY?!映画監督と深海調査探検家…両方子供が憧れるCOOLな職業だな!

【雑学解説】深海への偉業!ジェームス・キャメロンの功績

それでは、探検家キャメロンの功績について見ていこう!

子供の頃から深海への憧れが強かった彼は、15歳の頃から本格的にスキューバダイビングを開始3,000時間以上もの驚異の水中滞在記録をもっており、難破船の探索や深海調査に飽くなき情熱を捧げてきたのだ!

その集大成ともいえるのが、ご存知『タイタニック』! リアリティを追及したいと考えた彼は、タイタニック号が眠る海底を徹底的に調べあげるために、深海探査用の特殊カメラを製作。そして、深海での映像撮影技術を開発したのだ!

ロバート
たしかに、あの映画の深海シーンはリアリティがあったな!

さらにキャメロンは、深海の映像を通して環境保護を訴えるプロダクションを設立。こうした功績が認められ、2011年にナショジオエクスプローラーに就任した!

ナショジオエクスプローラーとは、ナショナルジオグラフィック協会に所属する、自然・科学・地理・歴史など幅広いジャンルの一流プロフェッショナル集団のこと。

そんなナショジオエクスプローラー・キャメロンの初仕事は2012年! 世界一深いといわれているマリアナ海溝チャレンジャー海淵到達を目指し、たった1人で潜水艇「ディープシー・チャレンジャー号」に乗り込み、見事成功

エイミー
2012年って…ジェームス・キャメロンが58歳くらいのときよね?すごい体力だわ!

最深部は1万メートル以上というマリアナ海溝で単独探査を成し遂げた、初めての人類となったのだ!

おすすめ記事

世界一深い海溝は「マリアナ海溝」という雑学
世界一深い海"マリアナ海溝"とはどんな場所?どんな生物が棲んでいる?

続きを見る

スポンサーリンク

【追加雑学】マイクロソフト共同創業者ポール・アレンも探検家

偉大な兼業探検家は、キャメロン監督だけではないぞ! 実は、あのマイクロソフト共同創業者ポール・アレンも探検家なのだ!

天才エンジニア、ポール・アレンの別の顔は、ずばりミリオタ(軍事オタク)! 米独英ソ日の主要機を網羅した戦闘機コレクションのほか、大戦で沈没した船の探索にも力を入れていた。なにせ自前で調査チームを立ち上げるのだから、資金も情熱もケタ違いである!

エイミー
お金と行動力がハンパないわね…。

個人所有では世界最大級という、全長126メートルのギカヨット兼調査船「オクトパス号」「ペトレル」が発見してきたもの。それは、英海軍の巡洋戦艦「フッド」・米海軍の重巡洋艦「インディアナポリス」・空母「レキシントン」。そして、旧帝国海軍の戦艦「武蔵」に駆逐艦「島風」…と名だたる海の勇者たち!

ロバート
OH!『ムサシ』じゃないか!!SUPER COOLな戦艦だよな!!

戦艦「武蔵」の発見8年がかりだったらしい…。筆者は旧帝国海軍の船で最もかっこいいのは武蔵だと思っているので、この発見は特に嬉しかった!

ちなみに、2018年にポール・アレンが亡くなった後も、彼の遺志を継いで調査チームは活動を続けており、戦艦「比叡(ひえい)」や軽巡「神通」を発見しているぞ!

雑学まとめ

以上、今回の雑学では、ジェームス・キャメロンやポール・アレンの知られざる深海探検家の顔についてお伝えした。両者とも別に本業があるので、便宜上「副業」「兼業」という表現を用いたが、資金といい労力といい、とても片手間にできるような代物ではない

しかし、海底にはロマンがある。資金さえあればマネしてみたい…と叶わぬ夢を見てしまうのは、きっと筆者だけではないはずだ。心底うらやましい

ロバート
たしかに、海底には男のロマンが眠っているよな…。チクショウ!オレだって…。うらやましいぜ!!
エイミー
お金があるだけじゃできないことだわ。それだけの行動力がある男性ってステキ!

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー