飲み物・お酒

ジュースのパッケージに果物の断面を使えるのは果汁何%から?|食べ物雑学

ジュースのパッケージに果物の断面を使っていいのは果汁何%から?という雑学

スーパーやコンビニ、自動販売機などで目にしたことがない人はいないであろう、ジュース。というか、飲んだことがない人がいるだろうか。缶やペットボトルに、リンゴやミカン・ブドウなど様々なテイストを楽しむことができる。

そのパッケージにも注目して見てみると面白い。みずみずしい果物がはじけているようなパッケージのジュースは美味しそうでつい買っちゃう。

かわいらしいイラストチックな果物が描かれていても、手に取ってしまうこともある。パッケージはそれぞれで違った魅力がある。

ところで、果物の断面をパッケージに使ってはいけないジュースがあるって、気づいてた? 知ってた?

【食べ物雑学】ジュースのパッケージに果物の断面を使っていいのは果汁何%から?

「果汁100%」のみ、パッケージに果物の断面を使うことが許可されている。イラストもNG。

【雑学解説】業界のルールによって禁止されている

むろん果汁が99.9%であっても、果物の断面写真・イラストは使ってはいけない。まあ99.9%まで使ったなら頑張って100%にしようよって話だ。

「果汁飲料等の表示に関する公正競争規約」というものがある。これは業界の団体が、消費者庁や公正取引委員会などにきちんと認めてもらった"自主ルール"とされているもの。

この規約に、ジュースのパッケージの果物断面使用のルールが定められているのだ。

商品のパッケージというのは、消費者がモノを購入する際に大きな判断材料となる。食欲をそそられるようなパッケージは目にとまりやすい。果物は特に、美味しそうで、中身の見えている断面の写真・イラストは購買意欲が高まる大きな要素となる。

それほどに果汁100%のジュースには特権があるといえる。「自信をもって断面を載せていいよ、ちゃんと売れるよ」ということだ。多分。

この規約は国が決めたものではなく、あくまで団体が申請して国に認証してもらったものなので、「果物断面使ったね、アウト!違法!」とはならないそう。ただ厳しいルールとされているので、各企業もしっかり守っているようではある。

スポンサーリンク

【追加トリビア】果汁が何%かによって変わってくるルール

パッケージにリアルな果物の断面を使っていいのは100%果汁ジュースのみ。ではそれ以下ではどんな決まりがあるのか。

  • 果汁5~99.9%:断面のイラストはアウト! 果物の表面のリアルなイラストはOK!
  • 果汁5%未満:もう果物のリアルなイラスト載せたらアウト!

果汁5%未満の扱いはちょっとかわいそう。イラストでも「リアルだなこれ」と判断されたら規約違反となるわけだ。なるべく果物っぽくなく、イラストチックに描かなければならない。

ただ、私たちジュースを飲む側にとっては、パッケージに惹かれて商品を手に取ることも多々ある。おいしそうな果物のイラストがあれば気になってしまう。

そこで選んだジュースの果汁含量が自然と判断できているとすれば、便利で嬉しい規約だろう。判断できているのかは分からないが、おそらく個人差がある。

知ってた?!お酒・乳飲料・紅茶はパッケージ自由!

「公正競争規約」によると、パッケージの果物断面使用について「紅茶飲料・乳酸菌飲料・お酒・野菜汁は除く」のだそう。ジュースのみ規定されている規約なのだ。

そう、紅茶やお酒・乳酸菌飲料や野菜汁のパッケージには、リアルな果物の断面を掲載しても全く違法ではないのである。…判断しにくい!

店頭で判断しにくい。「断面が描かれてる! 果汁…100%じゃないよ、あれ? あ、お酒だからか」となる。混乱しかねない、少し紛らわしい規約でもある。

お酒は実際に、パッケージで果物を強調させたものが多く感じるし、美味しそうに見える。どんなに果汁含量が少なくても、お酒はパッケージに果物の断面を掲載できるのである。パッケージの大切さを実感する。

トリビアまとめ

ジュースのパッケージには、ほぼ公式に定められたルールがあった。果物の断面写真・イラストを掲載していいのは果汁100%ジュースのみというもの。

普段何気なく目にしていて、特に気にせず買っているかもしれないジュースにも、企業それぞれにこだわりがあったり、規制があったりしている。

味にかかわらずなぜか売れているジュースには、パッケージに秘密があるのかもしれない。気づいたら果汁100%を買っている人は、ハッとなっている…かもしれない。

こちらの記事もおすすめ!

Copyright© 雑学カンパニー , 2020 All Rights Reserved.