言葉・語源

刑事のことを"デカ"と呼ぶ理由とは?警察の隠語もいろいろある。

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

刑事のことをデカと呼ぶのは「クソデカ」という隠語からだったという雑学

『危ない刑事』に『スケバン刑事』…なんと読む?

『あぶないけいじ』『すけばんけいじ』と読む人はいないだろう。なんとなく語感が悪いし、「おりこうさん感」がすごい…。

「刑事」と書いて「デカ」と読む。刑事さんのことを「デカ」と呼ぶだけでなんとなくかっこよくハードボイルドな雰囲気が醸し出る。

ところで、この「デカ」という言葉、一体どうやって生まれたのだろう。体力や腕力も必要な刑事さんとはいえ、「チビ」もいそうなものだが…。

【生活雑学】刑事のことを"デカ"と呼ぶ理由とは?

孫ちゃん
よくドラマとかで「刑事」を「デカ」って読んだりするでしょ?あれってなんで?
おばあちゃん
もともと蔑称としての「刑事」の隠語でね、刑事が着てた「角袖」っていうコートが「デカ」の由来らしいよ。

【雑学解説】「デカ」の由来は刑事の着る服にあった!

「クソデカ」の由来は刑事の着る服にあった!というトリビア

角袖外套

今では刑事もスーツ姿だが、明治時代の刑事は主に和服を着ていた。

洋服にコートがあるように、和服にも着物の上から羽織る防寒着がある。そのなかで、明治時代に誕生し刑事が着ていた防寒着が「角袖外套(かくそでがいとう)」だ。

袖が四角く角ばっていることから「角袖」と名付けられたこのコート。着ている刑事は「角袖巡査」と呼ばれるようになり、いつしか「角袖」そのものが刑事を表す言葉となった。

この「カクソデ」の文字を並び替えた言葉が「クソデカ」。「糞デカ」という蔑称として、テキ屋などのあいだで生まれ、だんだんと使われるようになっていく。

孫ちゃん
こういうのって、最初に言い出した人がわからないもんだよね。

やがて「クソデカ」からどう考えても悪口な「クソ」を抜いた「デカ」という言葉が広く定着したのである。

つまり「クソデカ」は、今でいう「マッポ」や「ポリ公」「デコ助」のようなもの。今でこそ「デカ」は刑事の愛称のような扱いで、蔑む意味合いは薄いが、もともとは蔑称だったのだ。

【追加雑学①】「警察」の名前の由来は?

「デカ」の由来はわかったが、それではデカが所属する「警察」という言葉はどこから来たのだろう。

「警察」という言葉の歴史は以外と浅く、明治時代に日本で誕生した。「警」は犯罪や事故を“警戒”すること、「察」は犯罪や事故が起こる前に“察する”こと。

日本にヨーロッパの警察制度が伝わったときに作られた言葉だったのだ。

おばあちゃん
「警戒する」も「察する」も、どちらも起きたことへの対処っていうより、起きる前に食い止めるって意味合いだったのかねぇ。

その後、漢字圏の国々に伝わっていき、現在「警察」という言葉は日本のみならず中国などでも使われている。

漢字でできた単語は中国由来のものが多いイメージだが、日本から中国に伝わった「警察」のような言葉もあったとは驚きだ。

孫ちゃん
うんうん。漢字を使う言葉は全部中国からきたものだと思ってた。日本から中国に伝わってたとはね~。

スポンサーリンク

【追加雑学②】ユニークな警察の隠語

ユニークな警察の隠語についてのトリビア

市民が警察に対して使う隠語があれば、警察が使う隠語だってある。なかでもユニークなものを紹介しよう。

赤馬・赤犬

燃え盛る炎が馬や犬の姿に見えることから、放火犯のことを指す。

赤詐欺

結婚詐欺や結婚詐欺師のこと。

他にも白詐欺(個人をカモにした詐欺)・青詐欺(会社をカモにした詐欺)・黒詐欺(詐欺師をカモにした詐欺)がある。

うかんむり

窃盗。「窃」がうかんむりだから。

ごんべん

詐欺。「詐」がごんべんだから。

さんずい

汚職。「汚」がさんずいだから。

フライパン

恐喝のこと。カツを揚げる(カツアゲ)道具だから。

コロッケ

女の殺人犯。外はサクッ、中はフワッとしたコロッケのように、ギャップがある犯人だから。

ラジオ

無線飲食。ラジオの「無線」にかけた。

こうして見ると、犯罪の種類を呼ぶ隠語が多いのに驚く。警察の隠語と聞くと堅苦しいイメージがあるが、コワモテのおじさんたちが考えて使っていると思うとおもしろい。

孫ちゃん
刑事小説とかでもけっこう出てくるみたいだね。

「刑事とデカ」の雑学まとめ

"刑事=デカ"と呼ぶのは"クソデカ"という隠語が由来。についての雑学まとめ

今回は刑事と警察についての雑学をご紹介した。

今では「デカ」という言葉はドラマや映画でも使われているので愛称のイメージが強いが、はじまりは蔑称だったとは驚きだ…。明治時代につけられたあだ名が今なお浸透しているのもすごい。

「マッポ」「ポリ公」も将来愛称に…なるかもしれない。

孫ちゃん
そもそも「マッポ」とか「ポリ公」ってのがあんまりいい意味じゃないってのもよく知らなかったよ。
おばあちゃん
まぁ警察の人と接する機会なんてほとんどないからねぇ。一般市民からしたら「デカ」でも「マッポ」でもなく、もう「おまわりさん」ってことでいいんじゃないかい。

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー