地域

特殊スキル?神戸市民は方角を"北=山側・南=海側"で表す

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

神戸市民は方角を指すときに「北=山側・南=海側」と表すという雑学

神戸港

あなたは道案内をするときに「この道を北に行って…」など、方角を使うことはないだろうか? 実はあるところでは方角を教えずとも簡単に道案内をすることができる。

それが、兵庫県神戸市だ。神戸市民は、道案内をするときに方角を使わない。「方角を使わない道案内って、分かりにくくないの?」と思うかもしれないが、方角を使うよりも分かりやすい案内になっているのだ。

さて、神戸市民はどのように方角を表すのだろうか? 今回はこの雑学について取り上げていくぞ!

【生活雑学】神戸市民は方角を指すときに「北=山側・南=海側」と表す

孫ちゃん
お出かけたりしたときにさ、「あれ?今どっちの方角に向かって歩いてるんだ?」って思うときない?
おばあちゃん
あぁ、あるねぇ。地図を見ても、そもそも自分が向いてる方向がどっちだかわかんないっていうね。でも神戸市の人は、神戸特有のすごくわかりやすい表現をしてるって聞いたことがあるよ。
孫ちゃん
わかりやすい表現?
おばあちゃん
神戸市民はね、方角を「北・南」じゃなく「山側・海側」っていうらしいよ。これは神戸の地形が関係してるようだね。

【雑学解説】東西南北よりも分かりやすい

東西南北よりも分かりやすいというトリビア

なぜ神戸市民は「山側・海側」というのだろうか? 神戸市を地理的に見ると、北側に山・南側に海がある地形になっている。そのため、単純に「北・南」で表すよりも、「山側・海側」で表したほうが分かりやすいのだ。

他地方の人向けに説明すると、「山が見えるほうが北・海が見えるほう(山とは反対方向)が南」と覚えていれば、神戸市民の道案内に混乱することはないだろう。道案内がなくても、山を探せばどこが北なのか分かるから、神戸市で迷ったら山を探そう!

孫ちゃん
自分が向いてる方向に山があったらそっちが北なんだね。へぇ~。わかりやすいかも。

ちなみに、東と西はこれといった目印がないので、そのまま「東・西」で表している。

このように、南北の方角を示すのに便利な神戸の地形。山と海で方角を指すことができるから、神戸市民は「神戸はとても分かりやすい地形」と胸を張っている。

しかし、裏を返せば「他の地域に行ったら迷子になりやすい」ということになる…。たとえば神戸市民の私が大阪に行けば、山が見当たらないので方角が分かりにくい!

おばあちゃん
神戸みたいに市の端っこに目印がないと、見る位置によって方角は変わっちゃうからねぇ。
孫ちゃん
そうだよね。もし市の真ん中に山があったとして、北からその山をみれば自分が南を向いてるってことだし、逆だったら北を向いてるってことになるし…。
おばあちゃん
それじゃぁ山があってもなんの目印にもならないからねぇ。

母も神戸市民なのだが、昔東京に行ったときに「(山や海などの目印がないので)全然分からん…! 迷子なるわ~」と愚痴っていた。それぐらい、神戸市の地形はとても分かりやすいのだ。

スポンサーリンク

【追加雑学】百貨店の方角表示も「山側・海側」

百貨店の方角表示も「山側・海側」についてのトリビア

神戸市民の道案内の定番となっている「山側・海側」。実は、百貨店でも方角を指す案内板に「山側・海側」と書かれている。

その案内板を見ることができるのが、神戸市の元町にある「大丸神戸店」だ。エスカレーターあたりに方角を指す案内板がある。それを見てみると、しっかりと「山側・海側」の文字が!

他の地方の人から見れば「?」となる案内板だが、神戸市民はこれだけで方角が分かるのだ。もしも、神戸市の大丸に立ち寄ることがあれば、方角を指す案内板を探してみよう!

孫ちゃん
この案内板、実際に見てみたいかも~!

雑学まとめ

神戸市では、北を「山側」・南を「海側」と表すという雑学をご紹介した。神戸市民にとっては、これ以上分かりやすい表し方はない。

神戸の地形が生んだ、神戸ならではの案内だ。初めて訪れた人にも優しい地形だろう。

神戸市に来て迷ったとき、北を探したかったら山を探そう。そうすれば、地図も読みやすくなると思う。

孫ちゃん
地図を見るためには「自分が今どっちの方角を向いてるか」ってのがわかんないと意味ないもんね。
おばあちゃん
山なら「取り壊されてなくなっちゃった」なんてこともないからねぇ。

おすすめ記事

地図で上が北なのはなぜ?に関する雑学
地図はなぜ北が上?プトレマイオスの地図や北極星が基準になっていた

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー