果物

レモンに含まれるビタミンCは多くない。どのくらいの量?

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

レモンに含まれるビタミンCは多くはないという雑学

「酸っぱい!」の代名詞ともいわれるレモン。現在では多くのお菓子や飲み物などの味としても使われており、“レモンの味”というのを、今レモンを食べていないあなたも何となく想像することができるだろう。

さて、ここで1つ質問なのだが、「レモンにはどんな特徴がある?」と聞かれたらあなたならなんと答えるだろうか? おそらくほとんどの人は「黄色くて酸っぱい果物!」「ビタミンCが多く含まれている!」と答えるだろう。

長年そのイメージで多くの人に定着してきたのも事実である。だが実際、レモンに含まれているビタミンCというのはいったいどれくらいなのだろうか?

そこで今回は、レモンに含まれているビタミンCについての雑学を紹介をしていく。

【食べ物雑学】レモンに含まれるビタミンCは多くない

ガリガリさん
レモンに含まれるビタミンCは、他の食品と比較してケタ違いに多いっていうことはないんだ。
ぷよぷよくん
え、レモンってビタミンCがたくさん含まれてるっていうイメージがあるのに…

【雑学解説】レモンに含まれるビタミンCはどれくらい?

レモンに含まれるビタミンCはいったいどれくらいあるかというトリビア

それでは、レモンに含まれるビタミンCはいったいどれくらいなのだろうか? 結論から先にお伝えしよう。

食品成分データーベースによるレモンのビタミンC量

文部科学省が公開している食品成分データベースによると、レモン果汁100gあたりに含まれるビタミンCの量は50mgである。そしてレモン以外の、ビタミンCが多く含まれている食品は一体どのようなものがあるのだろうか?

いろいろな食べ物がある中で、赤ピーマンやイチゴ、柿などの野菜や果物はビタミンCが豊富である。すべて100gあたりに含まれるビタミンCで、赤ピーマン170mg・イチゴ62mg・柿70mgと、どれもレモンと比べてみてもビタミンCが多いことが分かるだろう。

ぷよぷよくん
赤ピーマンに含まれるビタミンCの量が意外に多くてびっくりだよ。

おすすめ記事

アセロラを一度にたくさん摂りすぎると副作用があるという雑学
ビタミンCの落とし穴!アセロラを過剰摂取すると肝機能障害になる?

続きを見る

そして次に、たまに目にする「レモン○個分のビタミンCが入ってるよ!」のような表示のビタミンCというのはビタミンC何mgで計算されているのかについて紹介していく!

スポンサーリンク

「レモン○個分のビタミンC」はどれくらい?

レモン○個分のビタミンCはいったいどれくらいかというトリビア

全国清涼飲料連合会によるレモン1個あたりのビタミンCは、およそ20mgを基準としている。

上記した通り、レモン果汁100gあたりに含まれるビタミンCの量は50mgである。そしてレモン1個の重さは約120gで、それに含まれる果汁の量というのがおよそ30%である。それをもとに算出されたのが20mgということなのだ。

つまり、食品やジュースなどによく書かれている「レモン○個分のビタミンCが入っている!」のようなキャッチコピーは、レモン1個に含まれるビタミンCを20mgとして書かれている。

ガリガリさん
ちなみに、一日当たりのビタミンCの摂取目安は100mgなんだ。
ぷよぷよくん
レモン5個はきついねぇ…

おすすめ記事

「レモン○個ぶん」ってどのくらいの量?という雑学
レモンのビタミンCってどのくらいの量?"レモン◯個分"は多い?少ない?

続きを見る

【追加雑学】レモン○個分と表示される理由とは?

以上より、レモン1個に含まれるビタミンCはおよそ20mgということが分かった。ではよく見かける「レモン○個分のビタミンCが含まれています」というような表示は、なぜレモンでたとえられるのだろうか

当たり前のように日常で使われているために、あまり気にしたことがない方がほとんどであろう。

この表し方の始まりは、昭和62年に、農林水産省によって制定された「ビタミンC含有菓子の品質表示ガイドライン」で「レモン○個分のビタミンC」と表現されたのが始まりのようだ。

ぷよぷよくん
まぁレモンって酸っぱいし、何となくビタミンCとのイメージにつながりやすいよね。

まあ、すっかりこの表現の仕方は我々の日常に溶け込んでいるし、大体どれくらいのビタミンCが含まれているかイメージしやすいだろう。

レモンのビタミンC|雑学まとめ

レモンに含まれるビタミンCは、実はとても多く含まれているわけではないというトリビア

レモンに含まれるビタミンCは、実はとても多く含まれているわけではないということがお分かりいただけただろうか。

「黄色くて酸っぱい=ビタミンCがたくさん!」というわけではないのだ!

ぷよぷよくん
レモンってビタミンCが一番たくさん含まれている食べ物だって思ってたから、何かちょっとショック…
ガリガリさん
まぁそういうなよ。レモンにはビタミンCのほかにも、ミネラルの吸収を助けるクエン酸、血圧を下げるレモンフラボノイドなんかが含まれてて体にいいんだぜ。

おすすめ記事

ビタミンを摂りすぎると健康に悪い?に関する雑学
ほどほどがいいよね…ビタミンを摂りすぎると逆に健康に悪い。

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー