野球

なぜ?メジャーリーグに"引き分け"がない理由とは?【動画あり】|スポーツ雑学

メジャーリーグには「引き分け」がないという雑学

全米を熱狂させるスポーツリーグのひとつ、メジャーリーグ。その歴史は長く、なんと1876年から続いている。野球界では、世界最高峰のプロ野球リーグと称されている。

日本のプロ野球よりも歴史が長く、球団数も多いメジャーリーグだが、全ての試合に勝敗をつけており、引き分けがないのである。

なぜ引き分けがないのか? その疑問を今回は解き明かしていこうと思う。

【スポーツ雑学】メジャーリーグには「引き分け」がない

アメリカのメジャーリーグでは引き分けがない。

【雑学解説】なぜメジャーリーグには「引き分け」がないのか?

メジャーリーグには、ナショナルリーグとアメリカンリーグの2つのリーグがあり、各リーグ15球団・合計30球団で編成されている。4月初旬から9月下旬にかけて各チーム162試合行い、優勝を争う。

そして最終的には各リーグの優勝チームがワールドシリーズ(優勝決定戦)を行い、ワールドチャンピオンを決める。世界最高峰の野球の舞台だ。

そんなメジャーリーグに引き分けがない理由としては、野球のルーツであるクリケットのルールが大きく影響している。クリケットは「21点を先に取ったチームが勝ち」という、必ず決着がつくルールを用いていた。それにより、メジャーリーグでは誕生当時から引き分けが存在していなかったのである。

このように誕生当時から引き分けが存在していなかったため、今でもメジャーリーグでは引き分けが存在していない。

【追加トリビア①】どうしても決着がつかない場合は?

決着がつくまで試合を行うが、どうしても決着がつかず、深夜1時や2時まで試合が続く場合に限っては「サスペンデット・ゲーム」という形で処理される。

一旦、試合を中断して後日続行するやり方である。そして、決着がつくまで試合を行う。

結局のところ、試合の決着がつくまで終わらないのだ。

スポンサーリンク

【追加トリビア②】メジャーリーグ最長の試合

もっとも試合時間が長かったのは、1984年5月8日のホワイトソックス対ブルワーズ戦。延長25回で、試合時間は8時間6分。

8時間6分…って、どんだけ試合するんだよ!

また、マイナーリーグではあるが、1981年4月18日のレッドウィングス対ポータケット戦が延長33回、試合時間が8時間25分だ。米国プロ野球最長試合となっている。この試合では午前4時9分まで決着がつかなかったため、サスペンデット・ゲームが適用された。

ちなみに、延長回数がもっとも多かったのは、1920年5月1日のボストン・ブレーブス対ブルックリン・ロビンス戦の延長26回、試合時間は3時間50分である。

【追加トリビア③】実は、引き分け試合が存在していた

これまで、メジャーリーグでは引き分けはないとお伝えしてきたが、なんと過去に引き分け試合が存在していたというのだ。それは、2002年のオールスター戦である。

両リーグは同点のまま延長に突入したのだが、なかなか決着がつかなかった。延長14回終了時に控えの選手がいなくなったことを理由に、コミッショナー裁定により引き分け試合に。この試合にはイチローや佐々木主浩といった日本人選手も出場していた。

動画を見るになんかみんな戸惑っている感じだ…。珍しい引き分けに驚いているんだろうか。

トリビアまとめ

今回は、メジャーリーグにはなぜ、引き分けがないのかという雑学を紹介した。理由としては野球のルーツであるクリケットのルールが影響していた。しかし、長過ぎる…。

全力でプレイをしている選手の方には失礼かもしれないが、8時間もボールを投げて・打って・走って・捕るという行為をし続ける必要があるのかと。

どこまでも全力勝負なメジャーリーグに恐れいった。

こちらの記事もおすすめ!

Copyright© 雑学カンパニー , 2020 All Rights Reserved.