宇宙

灼熱と極寒!月の昼と夜の温度差は300度。過酷すぎる環境。

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

月の昼と夜の温度差は300度という雑学

夜になると空に輝く月、月を見ると餅つきをするウサギの姿を思い浮かべる…なんて人もいるかもしれない。

どことなく神秘的なイメージをもつ月だが、実は月の昼夜の温度差は300度もあり、非常に過酷な状況だという。300度…。全く想像がつかない。いったい、どうなっているんだろう?

今回は月の昼夜の温度差に関する雑学を紹介していくぞ。月に興味がある人は、ぜひ注目してほしい。

【宇宙雑学】月の昼と夜の温度差は300度

月の温度は昼100~125℃前後、夜マイナス160~マイナス233℃近くと昼夜の温度差が300度という、非常に過酷な環境である。

【雑学解説】月は昼夜の温度が激しい、過酷な環境である

月は昼夜の温度が激しい、過酷な環境であるについてのトリビア

月は昼は100℃以上、夜はマイナス160℃以下というとてもじゃないが、我々人間が生活することができないくらい過酷な環境といわれているのだ。太陽からの距離は地球とそれほど変わらないのに、なぜ月はこんなにも昼夜の温度差が激しいのか?

月の昼夜の温度差が激しい理由。それは月には地球のように水と空気がないからなのだ。

地球のように空気があれば、大気が太陽の光を和らげながら地上に届け、さらに地表の温まった熱を外に逃がさないようにするという働きがある。地球の表面にある7割近くの海も関係しており、海は太陽の熱を地球全体に均一になるように届けるという役割もあるのだ。

しかし、月には地球のような空気もなければ海もない。そのため、昼間太陽の光で熱くなっても夜太陽の光がなくなってしまうと、熱を保つことができないため一気に温度が下がってしまう。

夜はマイナス160℃以下、一瞬で凍ってしまうような寒さだ。地球に空気と水があって本当に良かったと思う。

スポンサーリンク

【追加雑学①】地球から見ると、いつも同じ部分が見える

月を毎日見ている人なら分かると思うが、地球から見ると月はいつも同じ部分が見える。我々地球人が見ているのは、いつも月の表側。

これは、月の自転速度(月が自分で回ること)と、地球の周りをグルリと回る月の公転速度がほぼ同じであるからといわれている。分かりやすい動画があるので、まずはこれを観てほしい。

なんとなく理解できただろうか? 速度が同じだから、地球から見るといつも同じ表面しか見ることができないというわけである。ちなみに月の裏側には、隕石が衝突した際にできたクレーターが多数あるといわれている。

【追加雑学②】月と太陽が同じ大きさに見えるのは、距離が異なるから

空を見上げて太陽と月、両方を見ることができるときもある。だが、待ってくれ。ここでふと疑問が浮かんでこないだろうか?

太陽の方が大きいはずなのに、空を見上げたときの太陽と月が同じ大きさの理由。それはズバリ、地球からの距離が異なるからなのだ。

  • 太陽までの距離…およそ1億4960万キロメートル
  • 月までの距離…およそ38万キロメートル

この数字を見ても分かる通り、地球から太陽までの距離は月までの距離よりも400倍近く離れている。こんなに距離があるから、地球から見るとどちらもほぼ同じ大きさに見えるというわけだ。

ちなみに、月は毎年3~4センチメートルずつ地球から離れていっているといわれている。地球が誕生したとき、今よりももっと月は近かった。現在の月の大きさも、あと数百年後から見れば大きく感じるかもしれない。

おすすめ記事

「月」は少しずつ地球から離れていっている?に関する雑学
"角運動量"を保存?月は少しずつ地球から離れていっている

続きを見る

雑学まとめ

灼熱と極寒の繰り返し!月の昼と夜の温度差は300度についての雑学まとめ

今回は月についての雑学をご紹介してきたが、いかがだっただろうか。地球から一番近い場所にある月。昼夜の温度差がここまで激しいとは思わなかった。

ちなみに月は地球と同じくらいの45億年前に誕生したといわれているが、どうやって誕生したのかいまだに解明されていない。

まだまだ謎が多い月。今後月の誕生や月全体の組織が解明されていくことに、期待していきたい。

おすすめ記事

月の一日は約655時間という雑学
地球時間だと27日…!月の一日は約655時間もある

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー