脳・顔・髪

まさかの交代制!鼻の穴は片方しか呼吸に使っていない

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

鼻は片方の穴しか使っていない?に関する雑学

「人間の鼻の穴は2つある」そんな当たり前のことを、いきなりいわれても困ってしまうだろう。では、「鼻は片方の穴しか使っていないのだ」といわれたらどうだろうか。「いやいや、片方しか使っていないのなら2つある意味がないだろう」という声が聞こえてきそうである。

しかし、実際に人間の鼻は片方の穴しか使っていないようである。本当であれば、実に興味深い雑学になる! 今回はこの噂を検証してみた。

【人体雑学】鼻は片方の穴しか使っていない?

ダヴィンチさん
人間の鼻は、片方の通りが良いときはもう一方の鼻は詰まり気味になっていて、使っている鼻は片方の穴のみなんだよ。
科学者くん
両方の穴から息を吸い込んで吐くことが当たり前のように思ってましたが、実は違ったんですね!

【雑学解説】空気が通る方の鼻の穴は数時間おきに変わっている

空気が通る方の鼻の穴は数時間おきに変わっているというトリビア

空気が通る鼻の穴は数時間おきに変わっている。一度に片方の穴しか使っていないだけでも驚きなのに、数時間でスイッチ(切りかわり)しているとは仰天だ!

鼻風邪をひいているときならなんとなくイメージが湧きやすい。片方の穴が鼻水でふさがり、もう一方から鼻水が垂れてくるということはけっこうある。しかし、風邪をひいてしまう前から、健康なときでも、空気が通る穴は片方だけである。

ダヴィンチさん
これは「交代制鼻閉」と呼ばれ、8割の人が経験する現象だそうだ。

「交代制鼻閉」になると、片方の鼻の奥が腫れたようになって、空気が通りにくくなる。4時間ほどたつと腫れはおさまり、また反対側に移る。

しかし、なぜこんな仕組みになっているのだろう。両方で一気に空気を取り入れたほうが量を一度に取り入れられるから効率がよさそうなものだ。その理由についてご理解いただくためには、まず鼻の穴がなぜ2つあるのか、そこから説明せねばならない。

科学者くん
ふむふむ、興味深くなってきました!

そもそも鼻の穴はなぜ2つあるのか

鼻の穴が2つあるのは、ずばりそのほうが臭いに敏感になれるからである。呼吸を片方の穴にまかせることで、もう一方で臭いを感じることに集中できるのだ。なるほど、いわれてみるとたしかにそうかもしれない。

空気を取り入れると同時に臭いを感じているのだと今まで思っていたが、それは違っていた。鼻は穴同士で役割分担をして、その機能を果たしていたのだ。これはいわれてみないと分からない人体の神秘である。

科学者くん
鼻の穴ってすごいんですね!

鼻の穴が2つあるのは、そのほうが見た目が可愛いからという理由ではないのだ!

おすすめ記事

魚には鼻の穴が4つあるという雑学
超合理的!魚には鼻の穴が4つある。嗅覚は犬並み!【動画あり】

続きを見る

スポンサーリンク

【追加雑学①】それぞれの鼻の穴で空気の流れる速さを変えている

それぞれの鼻の穴で空気の流れる速さを変えているというトリビア

鼻の機能はそれだけでない、それぞれの穴で空気の流れる速さも変えているのである。こうすることで、たくさんの種類の臭いをかぎ分けられるようになるのだ!

この仕組みを説明する。まず、臭いを感じるというのは空気中の浮遊物質を嗅ぎ分けるということである。鼻の中に受容体があり、浮遊物質と一時的に結合するのだが、結合することで脳に匂っているという感覚が届く。

浮遊物質の中には、受容体にくっつきやすいものもある。そうした物質の場合、吸い込む空気の流れが速くないとかぎ分けにくいのだ。鼻の入り口ですべて受容体にくっついてしまい、奥まで届かなくなってしまう。

一方、「くっつきにくい物質」もあり、それはゆっくりした空気の流れでも奥まで届く。

ダヴィンチさん
吸い込む空気の流れの速さを変えることで、複雑な臭いをかぎ分けられるようになっているのである。

鼻には空気をあたためる能力がある

鼻にはそれ以外にも、外の冷たい空気をあたたかくして、肺に温かい空気を送り込む役割もある。いわば、空気の橋渡し役である。

【追加雑学②】鼻スゴイ!恐怖をにおいで感じ取ることもできる

鼻スゴイ!恐怖をにおいで感じ取ることもできるというトリビアまとめ

人間は、恐怖で臭いを感じ取ることが出来るらしい。オランダで行われた実験では、ホラー映画を鑑賞した男性のわきの汗のにおいを、何の関係もない女性にかがせてみたところ、彼女たちの表情はにわかに曇り、恐怖に憶する表情に変わった。

多くの動物は、自らの発する臭いで仲間たちに危険を知らせることがあるらしいが、人間にもこの能力が備わっているのである。

科学者くん
そんなこともできるんですね!

雑学まとめ

今回の雑学を読んで、いかがだったろうか。鼻の穴が片方しか稼働していないとは驚きだった。今こうしているあいだにも、鼻は片方しか活動していないのである。これは非効率かと思いきや、複雑な臭いをかぎ分けるために、こうなっているというのだから奥が深い。

あなたの鼻は今どちらが稼働しているか、お分かりだろうか。わたしは指先で感じ取ろうとしたが、分からなかった…。

科学者くん
僕にもやっぱり分かりません!
ダヴィンチさん
君もか!これぞ人体の神秘なのだ。

おすすめ記事

鼻水は、元気なときでも平均1リットル出ているという雑学
鼻水は1日にどのくらい出てる?色で風邪のレベルが分かるぞッ!

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー