五輪のスゴい人

文武極めました。ノーベル賞を受賞したメダリストがいる

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

ノーベル賞を受賞したメダリストがいるという雑学

フィリップ・ノエル=ベーカー

文武両道を目標やスローガンに掲げる人は少なくない。教育目標として文武両道を貼り出している学校も多いことだろう。「文」勉強と「武」武道やスポーツ、この両方の才をどちらも極めるというのはそれほど難しくかっこいいことなのだ。

勉強ができる人はスポーツが苦手で、スポーツが得意な人は勉強が苦手…たしかにそんなイメージをもたれやすい。努力のベクトルを両方向に向けるって簡単なことではないからだ。

それでも、文武両道を地でいく人だって世の中にはいる。

かつて、「文」の頂点であるノーベル賞「武」の頂点であるオリンピックどちらでもメダルを獲得した人がいたのだ。今回は、その人物についての雑学をご紹介していこう!

【オリンピック雑学】ノーベル賞を受賞したメダリストがいる

新人ちゃん
ノーベル賞を受賞したメダリスト…そんな漫画のキャラクターみたいな超人なんて実在するんっすか?
マッチョ課長
実在するぞ!その人物の名はフィリップ・ノエル=ベーカー!アントワープオリンピック男子1,500メートルの銀メダリストであるとともに、ノーベル平和賞受賞者なんだ。

【雑学解説】陸上のメダリストがノーベル平和賞!

陸上のメダリストがノーベル平和賞!についてのトリビア

1920年アントワープ五輪のフィリップ・ノエル=ベーカー

イギリスで生まれたフィリップ・ノエル=ベーカーは、数々の大学で学ぶ傍らで陸上中距離の選手として活躍していた。

そして1912年のストックホルムオリンピックイギリス代表として選出。1920年のアントワープオリンピックではなんと選手兼監督として出場し、1,500メートルで銀メダルを獲得した。

マッチョ課長
ちなみに、この後の1924年のパリオリンピックでも選手権監督として出場しているんだ。

その後イギリスの中道左派政党である労働党の党員となり国際連盟の創設に尽力。国際連盟の事務局員や大学教授などを経て、1929年にイギリスの議会のひとつである庶民員の議員に当選した。

様々な大臣の座につきながら36年国会議員として活躍したノエル=ベーカー。終始平和軍縮運動に携わり、核廃絶を目指して広島にも何度も訪問をしている。1959年にその功績を称してノーベル平和賞を受賞したのである。

スポーツの祭典オリンピックと人類の叡智の集約であるノーベル賞。この2つの栄誉を得てメダルを手にしたのは、後にも先にもノエル=ベーカーただひとりだ。

新人ちゃん
これほど名誉なことってそうそうないっすよ…!

ノエル=ベーカーはオリンピックについて「核時代における国際理解のための最善のメディア」と述べている。オリンピックはスポーツを通して人類の平和と幸福を実現する、まさしく「平和の祭典」だ。

オリンピック選手がノーベル平和賞を得るとはなんとも粋な話である。

スポンサーリンク

【追加雑学①】二足のわらじ!世界にはメダリストのレーサーもいた!

二足のわらじ!世界にはメダリストのレーサーもいた!というトリビア

2012年ロンドン五輪。一番右側がナサール・アルアティヤ選手

二足のわらじメダリストは他にもいる。2012年ロンドンオリンピックの男子射撃で銅メダルを獲得したカタール代表のナサール・アルアティヤ選手

彼はクレー射撃の選手として活躍し、カタール代表としてオリンピックに6大会連続出場するほどの実力の持ち主。

一方で一流レーサーとしての顔ももち、公道でタイムを競うラリーの選手としても活躍している。2006年の世界ラリー大会ではチャンピオンに輝き、その後も様々なタイトルを取得し活躍を続ける超一流レーサーだ。

どちらも長く第一線で戦い続ける彼は、まさに二足のわらじ選手。それにしても、射撃と車の二刀流なんて、「男のロマン」の塊のような人物だ。ぜひ、映画にしてもらいたい。

マッチョ課長
実は、日本の大物政治家でも元オリンピック選手がいるんだぞ。

おすすめ記事

麻生太郎はオリンピックに出場したことがあるという雑学
クレー射撃の天才!?麻生太郎はモントリオールオリンピックに出場した

続きを見る

【追加雑学②】夏季と冬季、どちらでも金メダルを獲った二刀流選手!

違う分野でも活躍を残したメダリストを紹介したが、オリンピックのなかで二足のわらじを履いた選手もいる。

アメリカ代表のメダリスト、エディー・イーガン(1897〜1967)はなんと夏季オリンピックと冬季オリンピックの両方で頂点に立った。異なる競技で夏季・冬季の二冠を達成した選手は長い歴史の中で彼ひとりである。

1920年のアントワープ大会ではボクシング男子ライトヘビー級で金メダル、1932年のレークプラシッド大会では男子ボブスレー4人乗りで金メダル!

ボクシングとボブスレー。全く気色の違う競技で世界一になるなんて、すごすぎる…。

新人ちゃん
ボクシングとボブスレー…『ボ』つながりっすね!
マッチョ課長
新人ちゃん、そのつながりはけっこう薄いと思うな…。

そしてなんと、二冠を達成したあとに彼は弁護士になったというからさらに驚きだ。彼もまさしく文武両道。なんて器用なんだ…。

おすすめ記事

オリンピックの夏季大会と冬季大会では名前と数え方が違うという雑学
正式名称は?オリンピックの夏季と冬季では"名前と数え方"が違う

続きを見る

雑学まとめ

文武極めました。ノーベル賞を受賞したメダリストがいる。という雑学まとめ

フィリップ・ノエル=ベーカー

今回の雑学ではノーベル賞とオリンピックのメダリストフィリップ・ノエル=ベーカーについて紹介した。

オリンピック選手としても国会議員としても優秀だったノエル=ベーカー。「文」でも「武」でも頂点に立てるなんて、信じられない。素晴らしい人物だ。

世界の舞台で活躍するアスリートには、他の分野でも一流な多才な人物もいるものだ。二刀流・三刀流で輝く人を見ていると、ほれぼれするとともに力がもらえる気がする。

マッチョ課長
ところで新人ちゃん、どうしてノーベル賞ができたか知ってるか?
新人ちゃん
あんまり知らないっすね。
マッチョ課長
それは知っておいた方がいいと思うぞ。悲しい経緯があったんだ…。

おすすめ記事

ノーベルが「ダイナマイト」を作った理由と経緯に関する雑学
ノーベルがダイナマイトを作った理由と経緯がつらい…。ノーベル賞へつながる想いとは…?

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー