言葉・語源

"Number"なのに!ナンバー1が"No.1"と表記される理由は?

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

ナンバー1が「No.1」と表記されるのはなぜ?という雑学

「ナンバー1」

うん、いい響きだ。スポーツだけでなく、どんな業界でも一番になるのはとても素晴らしいことだと思う。ところで、この「ナンバー1」は「No.1」と表記することもあるが、不思議に思ったことはないだろうか?

「ナンバー」を英語で表記するなら「Number」のはずなのに、「No.」となっている。おいおい、「o」なんてどこにも入ってないぞ? 「Nu.」じゃないのか?

今回の雑学は、もしかしたら気付いていない人も多いかもしれない「No.1」の不思議に関して説明しよう。

【生活雑学】ナンバー1が「No.1」と表記されるのはなぜ?

おばあちゃん
1番とか1位のことを「No.1」って書くけど、なんで「No」なのかわかるかい?
孫ちゃん
え~?それは英語の「Number」…あれっ!?「o」なんてどこにも入ってないじゃん!
おばあちゃん
この「No.1」はもともとラテン語でね、ラテン語の「数において」って意味の単語を省略してるんだよ。

【雑学解説】ラテン語の「Numero1」を省略して「No.1」

ラテン語の「Numero1」を省略して「No.1」というトリビア

「No.1」は英語ではなくラテン語を省略している。なるほど、「No.1」は英語なんて思い込みだったんだな。前提から間違っていた。

孫ちゃん
私も間違ってた~!

ラテン語の「数」を意味する単語は「Numerus」だそうだが、この単語の変化形で「数において」という意味の「Numero」の最初と最後のアルファベットをとって「No.」となるそうだ。

孫ちゃん
なんで最初と最後のアルファベットなんだろ?省略するなら最初の2文字とかでもいいと思うけど。
おばあちゃん
ラテン語の変化形は語尾がかなり変わるから、その変化がわかりやすいように最初と最後のアルファベットをとるってことが結構あるみたいだよ。

知っている人も多いと思うが、「.(ピリオド)」は英語でも省略を意味する記号として使われている。たとえば「Street」を省略して「St.」だったり、「Mister」を省略して「Mr.」となる。

もしかしたら「Number one」を省略して「No.」と思っていた人もいるかもしれないが、それでは「No.1」は「Number one 1」と、1が2つも入っている意味がわからない言葉になってしまう。

スポンサーリンク

【追加雑学】「No.1」「NO.1」「No1」どれが正しい?

ところでナンバー1にも書き方がいろいろあるみたいだ。この記事ではずっと「No.1」で統一してきたが、調べてみると「NO.1」と大文字であったり、海外の記事を見てみると「No1」とピリオド自体がないものもある。

「これが正解」という決まりはないようだが、どうやら「Numero1」を省略した「No.1」が一般的なようで、広辞苑にも「No.1」の表記で掲載されている。

もちろん大文字でも意味は通じるようだし、イギリス英語では略語を意味するピリオド自体を省略することもあるそうなので、「No1」でも間違っていない。略語を意味する記号を省略するってなんかすごい発想だな。

おばあちゃん
省略の記号を省略…。どんどん言葉が短くなりそうだね。
孫ちゃん
まぁ日本語もいろいろ省略されてるし。どこの国もおんなじだね。

ちょっと変わった書き方では「#1」や「N°1」(oが右上にきている)でも意味は通じるらしい。

孫ちゃん
なんかもう、なんでもアリって感じ。

雑学まとめ

"Number"なのに!ナンバー1が"No.1"と表記される理由は?についての雑学まとめ

おそらく気にならない人は、まったく気にならない「ナンバー1」の略語に関しての雑学だったが、ラテン語からきているというのはほとんどの人が知らないのではないだろうか?

おばあちゃん
でも書くのはラテン語の省略形なのに読みは英語っていうのがまた不思議だねぇ。
孫ちゃん
あ、そうだね!ラテン語から英語に訳すと「Number」になるからってことだよね。書き方だけそのまま残ったってことか~。

日常生活では役に立たない知識かもしれないが、「ナンバー1」に限らず、「語源はラテン語」ということを知っているだけで、ちょっと頭が良く見えてくるから不思議なものだ。

ぜひお酒のつまみのネタとして使ってみてほしい。

おすすめ記事

1番じゃなきゃダメ?世の中の2番目にあえて注目してみた!という雑学
世界一より魅力的!?世界と日本のいろんな"第2位"に注目してみた。

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー