麺・カレー

ラーメンどんぶりの模様の意味は?渦巻き・鳳凰・龍は縁起を担いでいた

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

ラーメンの丼に描かれている渦巻きは、もともと雷という雑学

今や日本の国民食となった「ラーメン」だが、皆さんはそのどんぶりに注目したことがあるだろうか? 最近のラーメン屋では個性的な模様が描かれたどんぶりでラーメンを提供する店も多い。

しかし、昔ながらの店をはじめ、ラーメンのどんぶりといえば、ふちの部分に渦巻き模様が描かれたどんぶりがまだまだ主流だろう。

あの渦巻き模様はなぜ描かれているのだろう? いつ頃から使われていたのだろうか? 今回の雑学記事では、その疑問について解説していこう!

【食べ物雑学】ラーメンどんぶりの渦巻きの意味とは?

ぷよぷよくん
ラーメンどんぶりっていったら『渦巻き』だよねぇ。ボク、渦巻き模様を見るだけでラーメンが食べたくなっちゃうもん。
ガリガリさん
あれは『雷紋(らいもん)』っていって、雷を模したものなんだぜ。

【雑学解説】ラーメンどんぶりの「雷紋」は、中国では特別な模様

「雷紋」は中国では特別な模様についてのトリビア

渦巻き模様の由来である「雷紋」(雷文と書くこともある)。古くは紀元前700年~1,600年頃の中国(当時は周や殷)から存在したようだ。位の高い人々の土器や陶器などにあしらわれており、そこから日本に広まっていったのである。

なお、日本で最も古く使われていたのは弥生時代の土器で、雷紋の痕跡が発見されている。随分昔から使われていたようだ。

雷紋は、文字通り雷を表現しており、中国では雷光や雷鳴は天の意志を表しているといわれていた。そのため畏怖の念を感じる模様であったようだ。このことから魔除けとしても使われていたらしい。

ぷよぷよくん
…そんな魔除けの模様がどうしてラーメンのどんぶりに…?

ラーメンのどんぶりに雷紋が使われている理由

では、なぜ高貴な人々の間で使われていた模様が、どちらかというと庶民の食べ物であるラーメンのどんぶりに描かれるようになったのか? その真相は定かではなく、いつ、誰が描き始めるようになったのかは不明である。

明治時代の開国後、しばらくしてからラーメンの原形が庶民の間で食べられ始めたといわれている。

ガリガリさん
明治時代に横浜や神戸に中華街ができて、そこで『南京そば』という料理が提供されたのがラーメンの始まりといわれてるぜ。

これは勝手な推測だが、この頃にラーメン=中国といったイメージから雷紋の模様を入れ、それが流行って徐々に一般化していったのものではないだろうか。

スポンサーリンク

【追加雑学①】他にも!ラーメンのどんぶりに描かれる模様の意味

渦巻き模様の他にも、ラーメンのどんぶりには様々な模様が入っている。

鳳凰(ほうおう)の模様

【ラーメン】どんぶりの鳳凰(ほうおう)についてのトリビア

鳳凰は、中国では非常に高貴で幸運を招くといわれる空想上の生き物である。日本でも京都の平等院鳳凰堂などで使われているように、とてもありがたい生き物なのである。

因みに、鳳凰の「鳳」の字は雄どり皇帝の紋章を表し、「凰」は雌どり皇后の紋章を表すようだ。

龍の模様

【ラーメン】どんぶりの龍についてのトリビア

日本でも大人気の龍は、その昔中国で皇帝の紋章として使われており、かつては皇帝しか使うことが許されなかった、とても由緒正しい模様だ。

このため、庶民が龍の模様を使う場合はツメの数を3本とし、皇帝が使う場合の5本のツメの龍と差別化を図っていた。

ぷよぷよくん
ラーメン屋さんのどんぶりの龍の爪って何本なんだろう…今度数えてみようっと。

双喜文(そうきもん)の模様

【ラーメン】どんぶりの双喜文(そうきもん)についてのトリビア

「喜」という字を横に2つ並べた模様で、縁起が良い模様として結婚式などで使われる。

「喜」という字が2つも並んでいるのだから、おめでたくないわけがない。日本でも中華料理屋の装飾などでよく見かけるあの模様だ。

ガリガリさん
中華料理屋の皿には、こんなにたくさんの縁起物があったんだな。

【追加雑学②】「なると」の模様の意味は?

ラーメンの具のひとつである「なると」の「の」の字だが、これは鳴門海峡のうず潮を示している、という説が一般的である。

「の」の字は、古くから縁起がいいものとして親しまれており、お正月のおせち料理やお雑煮に入っている理由もこのためである。

ぷよぷよくん
ラーメンってどんぶりだけじゃなくて、具材にも縁起がいいものが入ってたんだね。たくさん食べて、幸運を呼び込もうっと。
ガリガリさん
お前、2日に1回くらいラーメン食ってるじゃないか…もう十分だろ?

おすすめ記事

伊達巻は右巻きのほうが縁起がいいという雑学
右巻き?左巻き?伊達巻はどっち巻きが縁起がいい?【おせち】

続きを見る

おせち料理の具材の意味に関する雑学
どうめでたい?おせち料理の具材の意味、説明できたらオトナ!

続きを見る

「ラーメンどんぶりの模様」の雑学まとめ

ラーメン丼のフチの渦巻きはなに?ほかの模様も調べてみましたという雑学まとめ

日本で独自の進化を続けている国民食・ラーメンについての雑学を紹介してきた。「雷紋」を始め、そのどんぶりに使われている模様は全て中国が由来であることがわかった。

しかし、なぜ日本のラーメンのどんぶりに使われているのかという理由や、具体的にいつ頃から使われ始めたのかは、はっきりとしたことがわかってない。

今後も、ラーメンは国民食としての進化が止まらないだろうが、その過程でどんぶりに使う模様に変化が訪れるかもしれない。事実、すでに個性的などんぶりでラーメンを提供している店も多く存在する。

ラーメンそのものはもちろん、そのどんぶりの進化にも注目だ。

ぷよぷよくん
ラーメンか…ラーメンねぇ…ラーメン食べたいなぁ…ラーメン・チャーハン・ギョウザ・唐揚げは神の組み合わせだよね…じゅるり…
ガリガリさん
炭水化物と油もののオンパレードじゃねぇか…お前の胃袋怖いわ…

おすすめ記事

名古屋の「台湾ラーメン」は台湾で「名古屋ラーメン」として販売されているという雑学
名古屋名物"台湾ラーメン"は日本生まれだった【味仙】

続きを見る

味噌ラーメンは札幌の食堂生まれだったという雑学
味噌ラーメンの発祥と歴史とは?札幌の元祖をご紹介!【動画】

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー