肉食・巨大動物 驚き

サイは視力が悪くてド近眼。動くものにとりあえず突進する。【動画】

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

サイは視力が悪くてド近眼という雑学

サイってどんな動物? と聞かれたら、多くの人は大きくて鎧のような体に、凶器にも見える大きなツノを思い浮かべるだろう。

では、サイがどんな目をしているかと聞かれたらどうか。おそらくツノばかりが目立って覚えていない人が大半だ。筆者も動物園でサイを見たことがあるが、目はまったく記憶に残っていなかった。

…で、どんな目をしているかというと、サイは大きな体のわりに、とっても小さくてつぶらな目をしている。そしてなんとド近眼だという。敵に向かって果敢に突進していくイメージがあるが、その際も相手があまり見えていないようなのだ。

というわけで今回は、サイの目についての雑学をご紹介しよう!

【面白い雑学】サイは視力が悪くてド近眼…

信長さん
サイは図体のわりに目が小さく、しかも非常に視力が悪いそうだ。だから、奴らは相手がよく見えないまま突進していくらしいぞ。
秀吉くん
よく見えてないのに突進って…一番怖いパターンのヤツじゃないっすか?!

【雑学解説】サイは30m先までしか見えていないド近眼である

サイは、体重が3トンにもなる大きな体をもっているが、目標に向かって突進するときは、時速50kmものスピードがでるという。普通に道路を走る自動車並みである。

しかし、実はサイは視力が非常に弱く30m離れると動かないものを判別することができない。30mというのは、だいたい10階建てのマンションの高さくらいだ。

つまりサイは突進する相手が見えていないことも多く、それでも時速50kmで突進するのだ。

秀吉くん
サイ、かなりヤバいっすね…。時速50kmで襲ってくる巨体…。

いったいどうやって方向を決めているのかというと、サイははっきりと見えていないにも関わらず、目標の位置がわかるほど嗅覚が優れており、また耳をいろんな方向へ動かして音の出どころを探れるのだ。

しかしこの性質のせいで、木の葉が風でガサガサと動く音で、敵が現れたと思い込み、木のほうに向かって突進したり、何もないところに向かって全力で走ったりなど、無駄足も多いそうだ。

気でも狂ったのか? と、思ってしまいそうだが、サイはいたって正気である。何に向かっているのかは本人も分かっていないとは気の毒だな…。

信長さん
人間社会でもそういう輩はいるけどな…。

スポンサーリンク

【追加雑学①】サイはなぜ視力が悪いのか?

野生動物は、生存競争が激しいはず。そんなに視力が悪くても大丈夫なのか? と心配になるが、サイにとってはどうってことないようだ。

実はサイには人間以外に天敵がいない。凶暴な肉食動物に襲われるのでは? とも思わされるが、誰もあの鎧のような巨体を襲って食べようとはしないのだ。敵がいないのだから、敵を見つけるための視力は必要ないのである。

また、あの大きなツノが視界をさえぎってジャマになり、視力が発達しなかったという説もあるそうだ。たしかにあんなに大きなものが常に目の前にあれば、見にくくて仕方ないのはわかるが…。

秀吉くん
厳しい自然界で天敵がいないってスゴいっすねえ。
信長さん
俺たちの時代は敵だらけだったからな。

【追加雑学②】サイは、動くものは敵とみなし突進する

先にも述べたが、サイは発達した嗅覚と聴覚を使って、敵の方向を定める。しかし視力が弱いといっても、何かが動いているという認識はあるのだ。

そのため動かないものには反応しないが、動くものは敵とみなして、とりあえず突進する。なんだか切ないが、これがサイのサガだ。

以下はサイが突進する瞬間をとらえた衝撃映像である!

秀吉くん
怖ッ!戦国時代にサイに乗って戦仕掛けてくるヤツがいなくって良かったっすよ…!

車が動くのを見て、だと判断したのだろう。勢いよく突っ込んで来た鎧のような体は、戦車さながらである。動物園では見ることのできない、サイの突進。怖すぎる…。

ぶつかって負けることはないだろうから、目が見えていないとか、そんなことはなんの問題もなさそうだ…。サイの目はたしかにつぶらだが、ギロリとにらまれているようでぞっとする…。

「サイの目」の雑学まとめ

サイは、30m先までしか判別できないほどのド近眼だった。突進する姿は、確実に目標を定めていると思わせる迫力だが、実はあまり見えていないとは意外だ。

旅先でサイに偶然出くわすことも、まあ…ないとは限らないだろう。気づかれそうになったときの一番の安全策は、動かないこと! 動いたところをサイに気づかれたら、すごい勢いで突進されてしまうぞ。

視力が弱いことなど問題にもならないほど、サイは強いのである。

秀吉くん
アレっすよね、信長さんも動くヤツすべて敵とみなして突進するところあるっすよね。
信長さん
そうだな。特に目の前をちょこまかと動くチビハゲネズミとかな…。

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー