食べ物の由来

貴族の名前から!サンドウィッチの名前の由来とは?|食べ物雑学

サンドウィッチはイギリスの貴族の名前が由来という雑学

みんな大好きサンドウィッチ。好きなものを挟むことができるし、手軽に食べられることから、外での食事にもってこいである。

しかし、疑問に思ったことはないだろうか、そのネーミングに。たしかに食べ物をパンで「サンド」しているが、「ウィッチ」とは何なのか…魔法使い?

そんなサンドウィッチの由来についてご紹介するぞ。

【食べ物雑学】サンドウィッチはイギリスの貴族の名前が由来

サンドウィッチとは、イギリスの貴族の名前から名づけられたものである。

【雑学解説】サンドウィッチはサンドウィッチ伯爵が生みの親

サンドウィッチの語源には諸説あるようなのだが、最も有力な説は1700年代のイギリス貴族・サンドウィッチ伯爵に由来するというものである。

ピエール=ジャン・グロスレによる『A Tour to London』にある次の記載をみてほしい。

“国務大臣は公衆の賭博台で24時間を過ごし、収支ゲームに夢中になっていたので、2枚の焼いたパンにはさんだ少しの牛肉を食べる他に生きてはおられず、ゲームを続けながらこれを食べる。この新しい食べものは、私のロンドン滞在中に大流行した。発明した大臣の名前で呼ばれた。”

とのことである。簡単に言うとサンドウィッチ伯爵がゲーム中に食べていたものがサンドウィッチになったようである。

しかし、すでに17世紀にはパンに食材を挟んだ食べ物は存在しており、「パンと肉」というなんのひねりもない呼び方で呼ばれていたようだ。つまり、サンドウィッチ伯爵は発明者ではないものの、そのネーミングが彼から来たのは間違いないと思われる。

なるほど~と思ったが、24時間ゲームって大臣なにやってんの! しかも、それが24時間と書いてるということはピエールさんも24時間近くにいたんかい!

【追加トリビア】サンドウイッチの日がある

実はサンドウイッチの日というのがある。その日は11月3日だ。

なぜ11月3日なのか? その日はサンドウイッチ伯爵の誕生日で、そこからサンドウィッチチェーン店の神戸サンド屋が制定した。「いい(11)サン(3)ド」の語呂合わせでもあるようだ。

うーん、無理矢理感あるかな…。

さらに、3月13日はサンドイッチデーというそうだ。「サン(3)でイッチ(1)を挟む」日だからサンドイッチデーだ。

個人的には、みんな語呂合わせ好きだなぁと思った。

ちなみに、サンドイッチデーだからといって何かイベントがあるわけでもなさそう。誰が何のために作ったんだ…。

 トリビアまとめ

サンドウィッチは18世に実在した貴族の名前であり、彼がゲーム中に「パンに具材を挟んだ食べ物」を食べたため、そのように名付けられたそうだ。

決して食べ物を「サンド」しているから「サンドウィッチ」というわけではないのだ。

それにしても「サンドウィッチ」って名前おもしろいな…。そんな人めったにいない気がするのだが。

Copyright© 雑学カンパニー , 2020 All Rights Reserved.