球技

乱闘の結果…37人が退場になったサッカーの試合【動画あり】

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

アルゼンチンでは、37人が退場になったサッカーの試合があるという雑学

サッカーといえば、1チーム11人で行うスポーツだというのは誰もが知っているだろう。

もちろん、危険なプレーや侮辱的な行為で審判にレッドカードを提示されると、その選手は退場となりチームの人数は減ってしまう。しかし1試合中にレッドカードで退場になるのは多くても2人程度で、実際に目にしたことがある人は少ないだろう。

しかし、なんとアルゼンチンでは37人が退場になるという試合があったのだ! 37人ってもはやフィールド上の選手の人数超えてるし! どういうこと!?

まさに前代未聞の異常事態。そこで今回の雑学では、アルゼンチンで起こった珍事件について紹介していきたいと思う。

【スポーツ雑学】アルゼンチンでは、37人が退場になったサッカーの試合がある

新人ちゃん
どんだけ~。でも、サッカーは11人でプレイするスポーツじゃないんですか?
マッチョ課長
もちろん。37人というのはベンチにいる選手も含めての人数なんだ。
新人ちゃん
それで37人もの選手が退場になったのですね!

【雑学解説】驚きのサッカー試合!ベンチの選手も合わせて36人が退場に!

この珍事件が起こったのは2011年2月26日、アルゼンチン5部リーグのクライポーレvsビクトリアーノ・アリナスの試合だ。まずは気になる試合映像を見ていただこう。

新人ちゃん
もう無茶苦茶ですねぇ…
マッチョ課長
あってはならないことだ!ところで、動画に登場するオレンジのTシャツを着た人物は一体、何者だろう…

日本だと想像できない乱闘騒ぎだ…。この乱闘の引き金になったのは、アウェーのビクトリアーノ・アリナスが試合中に2名の退場者を出してしまい、試合にも敗れてしまったことだ。

フラストレーションがたまっていたビクトリアーノ・アリナスの選手は、試合終了後にクレイポーレの選手に詰め寄り、そこから小競り合いが勃発。よっぽどイライラしてたようだ。

さらには、フィールド上の選手だけでなく、ベンチの選手もこの小競り合いに参加すると、一気に乱闘に発展。両チーム合わせて36人の選手が退場したのだ。審判もいちいちレッドカード出すの疲れそう…。

スポンサーリンク

実は用具係も1人退場していた!

ん? 36人にレッドカードが出された? タイトルではたしか37人って…。

そう。じつは、両チームの選手だけでなく、用具係にもレッドカードが提示されていたのだ! スタッフにもレッドカードって出せるんだ…。

新人ちゃん
なんで用具係の人まで!?

【追加雑学】レッドカードが乱発されたのは、審判が混乱していたから?

まさかの37枚のレッドカードが提示されたこの試合。じつは、試合後にクレイポーレの監督は「主審が混乱していた」と述べており、審判のミスもあると指摘している。

新人ちゃん
審判もよくレッドカードを37枚出したと記憶していたなぁ…そっちの方に感心しちゃいます!
マッチョ課長
違う違う!論点がズレているぞー!

たしかに映像を見る限り、全員が乱闘に参加しているわけではないような…。ただ、試合後にこんな乱闘起きたら審判が混乱しても仕方ない気もするが。審判にも同情…。

雑学まとめ

アルゼンチンで起きた珍事件についての雑学を紹介してきた。37人もの選手が退場となったサッカーの試合、その原因は乱闘だった。そして37人もの選手にレッドカードを提示した審判は、なんと混乱していたという…。

新人ちゃん
審判の方もそれは混乱するでしょうね。
マッチョ課長
そうだな…南米ではサッカーは特に盛んなスポーツだからな!

37人も退場したら、両チームは次の試合どうしたんだろうか? 選手足りなくて、ベンチが空っぽになったりしているのかな?

おすすめ記事

サッカーが原因で戦争になったことがあるという雑学
サッカーから戦争に…。ホンジュラスとエルサルバドルのサッカー戦争

続きを見る

選手生活で1枚もイエローカードをもらわなかったゲーリー・リネカーに関する雑学
サッカー選手"ゲーリー・リネカー"の偉大すぎる記録とは?【動画】

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー