料理

固まった砂糖をサラサラに戻す方法とは?塩にも使えます【動画】

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

固まった砂糖をサラサラに戻す方法に関する雑学

台所の砂糖がカチカチにかたまっていた経験はないだろうか? まるで石のようにかたく、スプーンで砕こうとしてもなかなかほぐれない。一気にテンションだだ下がりである。

実は、固まった砂糖を簡単にサラサラにする方法があるのだ。しかも、その方法は1つではない! 時間がかからず、お金も力もいらない。まるで魔法のような方法についての雑学を紹介していくぞ。

【食べ物雑学】固まった砂糖をサラサラに戻す方法とは?

ぷよぷよくん
あーあ…お砂糖が固まりになってる…細かくするの面倒だし、もうこのまんまミルクティーに入れちゃおうっと。
ガリガリさん
ちょっと待て、いくらなんでもその固まりはデカすぎだろ。砂糖は簡単な方法でサラサラになるから、それを試してみろよ。

【雑学解説】固まった砂糖をサラサラに戻す方法5つ

今すぐにできる5つの方法をピックアップについてのトリビア

砂糖が固まる主な原因は、「乾燥」である。

砂糖をサラサラに戻すためには、乾燥で失われた水分の補充が必要となる。これをふまえたうえで、5つの方法を見ていこう。

霧吹きで水をかける

砂糖全体に霧吹きで水をシュッとかけ、密封しておく。たったこれだけで砂糖はサラサラに戻る! 簡単すぎて拍子抜けしてしまいそうだ。

ただし、水のかけすぎには注意しなければいけない。いくら砂糖が乾燥しているからといって、何度も水を吹きかけると、ベタベタになってしまうからだ。少量で十分である。

ぷよぷよくん
ボク、不器用だからうっかりお砂糖ベタベタにしちゃいそうだよ。

キャベツの葉を入れる

霧吹きがないときは、キャベツの葉を1枚ちぎって、砂糖の容器に入れておくと同じような効果が期待できる。キャベツに含まれる水分が、砂糖のほうに移動してくれるからだ。

ただし、霧吹きと比較すると水分調整が難しく、失敗するリスクがあるので注意しよう。

ぷよぷよくん
お砂糖がついたキャベツはどうしたらいいの…甘くて食べれないよ。でも捨てるのもったいないし…
ガリガリさん
軽く水で洗って使えよ。

食パンをちぎって入れる

食パンを細かくちぎり、砂糖の容器に入れて5~6時間ほど放置しておく。食パンに含まれる水分が砂糖に吸収されて、サラサラになるのだ。砂糖1kgにつき食パン1枚が目安となる。

こちらは、具体的なやり方をまとめた動画だ。

ぷよぷよくん
今のところこの方法が一番いいなぁ。お砂糖が付いた食パン美味しいし。

食パンは、もう少し細かくちぎるものだと思いこんでいた。細かくしすぎると取り出しにくくなるので、動画くらいの大きさがちょうどいいのかもしれない。

冷凍庫→常温

砂糖を容器ごと冷凍庫に入れて2時間ほど待つ。冷凍庫から取り出し、フタを開けて常温のまま30分間放置する。

すると特に手を加えたわけでもないのに、スプーンですくうとサラサラの砂糖に戻っている! これは感動ものだ。

電子レンジで加熱する

今すぐに砂糖を使いたい場合は電子レンジを活用しよう! 砂糖を耐熱皿に移して1分ほど加熱する。砂糖同士をくっつけていた微量の水分が蒸発することで、砂糖がサラサラの状態に戻ってくれるのだ。

ガリガリさん
ワット数によって加熱時間は変わってくるから、様子を見つつ加熱することをおすすめするぜ。

スポンサーリンク

【追加雑学①】固まった塩をサラサラにする方法は?

同じ方法で塩もサラサラになる?というトリビア

塩も砂糖と同じようにカチカチになる。ただし、砂糖と同じ方法ではサラサラになりにくい。これはなぜなのだろうか…?

実は、砂糖と塩ではカチカチになる原因が異なるのだ。砂糖の最大の敵が「乾燥」であるのに対し、塩の最大の敵は「湿気」なのである。

つまり、塩をサラサラにするためには、湿気をとり除く必要がある。塩をサラサラにするおすすめの方法は、以下のとおりだ。

  • 電子レンジで1分間加熱する
  • フライパンで軽く炒る
  • 容器に米粒を入れておく
  • 容器に乾燥パスタを入れておく

電子レンジは砂糖と塩、どちらにも使える方法ということになる。覚えておくと役立ちそうだ。

砂糖も塩、どちらも同じ方法で解決できると思い込んでいる人が多そうだ。実は自分もその1人である。危ない、塩にも霧吹きで水をかけるところだった…。

ぷよぷよくん
ボク混乱しそうだから、いろいろ覚えないで電子レンジで加熱する方法だけ頭に入れておいたほうがいいかも…

【追加雑学②】砂糖が固まってしまう理由とは?

そもそもなぜ砂糖は固まるのかというトリビア

最初に解説したように、砂糖が固まる主な原因は「乾燥」である。では、砂糖が固まるメカニズムをもう少し詳しく見ていこう。

砂糖は元々くっつきやすい性質なのだが、仕上げに糖蜜を吹きかけることでくっつきにくくしている。ところが、乾燥によって糖蜜の水分が失われると再結晶化してしまうのだ。

ガリガリさん
砂糖はくっつきづらいように加工をしてたんだな。

少しでもかたまりにくくなるように、製造過程でひと手間くわえてくれていたなんて…。砂糖がカチカチになるたびに、「これどうにかならないの」と文句を言っていた自分が恥ずかしい!

固まった砂糖をサラサラに戻す方法|雑学まとめ

今回の雑学では、固まった砂糖をサラサラに戻す方法を紹介してきた。どの方法も簡単すぎて拍子抜けしてしまった。今までスプーンでガリガリやっていたのはなんだったのだろう…。

ちなみに、砂糖は密閉性の高い容器に入れておけば、カチカチになりにくい。夏場は冷蔵庫で保存するのもおすすめだ。これらの防止対策もぜひ試してみよう。

ぷよぷよくん
ボク、ときどき砂糖と塩を間違えちゃうんだよねぇ。しょっぱいミルクティーを飲んだ時の絶望感…
ガリガリさん
それぞれ色の違う容器にしっかり名前書いておけよ。お前んちの砂糖と塩の容器全く同じもんじゃねぇか。

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー