ためになる

納得…。瓶入りの薬にビニール袋が入っている理由とは?

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

サプリメントの瓶にビニール袋が入っている理由に関する雑学

私は日々の食事だけでは不足しがちな栄養素を補うために、マルチビタミンといういろいろなビタミンが含まれているサプリメントを愛用している。

このサプリメントをはじめて購入したとき、家に帰って包装をやぶき、フタをパカッと開くと少し驚いた。なぜなら、開けたら出てきたのはサプリではなく透明のビニール袋だったからだ。

なぜサプリメントの瓶にはビニール袋が入っているのだろう? 今回は、この疑問の答えについての雑学をご紹介しよう!

【生活雑学】サプリメントや薬の瓶にビニール袋が入っている理由

サプリメントや薬の瓶にビニール袋が入っている理由は、輸送時に錠剤の破損を防ぐためだ。

【雑学解説】輸送時にサプリや薬が割れないためのクッション材だった

輸送時にサプリが割れないようクッションの役割を果たしているというトリビア

サプリの瓶を開けてまっ先にすることは、このビニール袋を取り出すこと。ビニール袋だけ取り出すつもりが、サプリメントもひっかかって床にこぼれ落ちるという事態がよく起こるので、個人的には「ない方がいいのにな」と考えていたこのビニール、実は重要な役割を示していた。

それは輸送時にサプリメントが割れないよう、クッションの役割を果たしていたのだ。サプリメントは国内ならトラック、国外のものなら飛行機などを使って運ばれてくる。

この輸送の道中において、なんらかのはずみで他の荷物とぶつかったり、地面に激しく打ち付けられるなどして衝撃がかかれば、サプリメントが破損しかねない。

それを防止するために、備え付けられたのがビニール袋。なんと大切なサプリを守る役割を果たしていたのだ。邪見に扱ってしまい、申しわけない…。

ちなみに私は開封後すぐビニール袋は捨てていたが、人によってはサプリを取り出すたびに瓶に戻している人もいるようだ。

どっちが正しいかというと、これは私に軍配があがる。外気に触れたものをまた瓶の中に戻すのは、衛生上の観点からよろしくないからだ。

ちなみに、瓶にビニール袋を戻す人になぜ戻すのか問うてみたら「入っていたから戻したほうがいいのかと思って…」と、なんともお粗末な回答が返ってきた。

しかし、私もあまりよく考えずにビニール袋を捨てていたので、捨てない派のことをバカにはできまい…。

そして、瓶の中に説明書が同封されていることもある。あの小さく折りたたまれた、しっかり読まない人も多いあの説明書だ。

実はあの説明書のなかには、ビニール袋はすぐ捨てるよう記載されていることが多いのだ。だからあの説明書をきちんと読んでいれば誤った使用法はしないのだが、とかく説明書というのは読むのが面倒でおざなりに扱われてしまうのである。

スポンサーリンク

【追加雑学】サプリメントに限らず錠剤はちょっと大きい

【サプリメント】錠剤はちょっと大きいというトリビア

さて、サプリに限らず錠剤を飲むときはそのサイズにちょっと戸惑うことが多い。飲むときにのどに引っかかることもあり、扁桃腺が大きい人は大変だろう。

この錠剤の大きさだが、なんとわざと大きく作られているのだ! 薬は有効成分が決まっていれば、その量の何倍以上も大きくなるよう錠剤は作られている。

この理由だがもちろん、嫌がらせしているわけではない。

錠剤の作り方だが、錠剤は、有効成分以外にも体に害のない添加物も混ぜて作られている。有効成分のみで錠剤を作ると、一粒があまりにも小さすぎてしまうためだ。

錠剤が小さいと瓶から取り出しにくいし、落としたらどこに行ったかわからなくなってしまう。

このため、ほとんどの錠剤は大きくなるよう作られているのだ。大きくて不便だと考えていたが、考えてみれば小さいとさらに不便であるから、大きく作られるのは当然のことだ。

【追加雑学②】湿気や雑菌の混入しないPTP包装シート

瓶詰めに対して、湿気や雑菌の混入を防ぐのに優れているPTP包装というものがある。

PTP包装とは、ほとんどの方が一度は目にしたことがあると思う。一錠ずつアルミシートに包まれた形式のものだ。服用する時だけ錠剤を指で押し出すこのタイプは、湿気や雑菌に侵食されにくいメリットがある。

デメリットとしてはPTP包装の誤飲がある。特に高齢者がアルミシートごと誤飲する確率が高いとされており、そのような危険性がある方は注意しておく必要があるかもしれない。

【追加雑学③】硬く閉まった瓶のフタを楽に開ける方法

いざ飲もうと思うとフタがめちゃくちゃ硬い…。びくともしないそんな時は、この動画のようにさまざまな方法を利用すればさすがに開くだろう。

また100均ショップに固くなったフタを楽に開ける「ビンオープナー」というものも売っていたりする。キッチンにひとつ置いておくと安心だ。

雑学まとめ

サプリメントの瓶に入っているビニール袋の理由についての雑学まとめ

今回の雑学はいかがだっただろうか? サプリや薬の瓶に入っているビニール袋は、錠剤が輸送時に破損することを防ぐために入れられていた。

そしてこのビニール袋、正しい処理の仕方は開封後すぐ捨てること。今までサプリを取り出すたびに戻していた方は、そのやり方は衛生的に良くなく誤った使用法になるので、今後はすぐ捨てるようにしよう。

おすすめ記事

カニ缶に入ってる紙の役割とは?に関する雑学
カニ缶に入ってる紙の役割とは?カニ缶の種類ってたくさんある!

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー