盛り上がる 野菜

え…?食べるの…?東北地方では菊の花は普通の食材!【食用菊】|面白い雑学

東北地方では菊の花は普通の食材であるという雑学

食用菊

「主食はお花です」。…どこかのアイドルなら許されるセリフだろうか。筆者は東北出身で、秋になるとガチで主食が花になることがある。野菜ならともかく、花は普通飾るもの。積極的に花を食べたいという人はいないだろう。

ところが筆者の出身地方では、菊の花を食用として食べるのが当たりまえだ。フツーに、ほんとうにフツーに食べる。家庭菜園でとれすぎた菊のおひたしだけで主食になる勢いなのだ。

全国的でないと知ったときは驚いたが、いったい食用菊はどこで食べられているのか、今回の雑学ではこれについて調べてみた。

【食べ物雑学】東北地方では菊の花は普通の食材である

菊の花は、東北などではおひたしでよく食べる「野菜あつかい」。また、刺身に添えられた小さな菊は品種が違う。

【雑学解説】菊の花むしりは東北の家庭では定番の下ごしらえ

菊の花むしりは東北の家庭では定番の下ごしらえというトリビア

菊の花を食べるというと、刺身のツマにそえられた小さな菊を思い浮かべる人もいるだろう。通称「刺身のタンポポ」などと呼ばれるが、あれもれっきとした食用菊である。ただし、刺身のツマは「小菊」で、通常の食用菊はもっと大輪だ。

菊は中国などで漢方薬に使われるが、日本国内で野菜として食べるのは主に東北地方。山形県、青森県、新潟の中越・下越地方に多い。

もっとも代表的なのが黄色い「安房宮(あぼうきゅう)」とよばれる品種だろう。大きくて香りの強い大輪菊で、名前の由来は「美女が大勢住んでいた秦の始皇帝の後宮」なのだとか。

もうひとつ有名なのが、薄紫色の「延命楽(えんめいらく)」。安房宮よりやや小ぶりで下向きに咲き、シャキシャキとした歯触りが特徴の品種だ。

食用菊はゆでて食べるのが基本なので、根本にある「がく」の部分から花びらをむしりとるのが下ごしらえ。新聞紙をしいた上は花びらの洪水になる。東北の台所ではよくある光景だ。

【追加トリビア①】名前に負けない栄養素

そもそも漢方薬として使われ、旧暦9月9日の重用の節句では不老長寿を願って愛でられる菊。解毒作用があり、各種ビタミンも豊富! 「延命楽」という名前に負けない高い効能を誇っている。

菊は食べることで解毒物質「グルタチオン」の体内生産を高めることが発見されており、そのほか発ガンの抑制・コレステロール低下・中性脂肪値の低下といった研究成果も発表されている。

色素が豊富なのでβカロテンや、ビタミンC・E、葉酸などのビタミンB群も多く含んでいる。香りがよく芳香成分が多いのも見逃せない。アンチエイジング・デトックス・リラックスといいことづくめなのだ。

スポンサーリンク

【追加トリビア②】おすすめはおひたしや天ぷら

おすすめはおひたしや天ぷらについてのトリビア

もしスーパーに菊の花が売っていたら、普段料理なんてまったくしない人でも簡単におひたしを作ることができる。お湯さえ沸かせば幼稚園児が作ることもできるだろう(ヤケドには注意)。

花びらをむしり取り、少量の酢をいれた熱湯でサッと数秒ゆでるだけだ。流水でさまして水気をよく絞り、しょう油やポン酢でいただく。食べ慣れないと菊の花の香りが鼻につくかもしれないが、なれるとクセになる香りである。

天ぷらも色がきれいなのでおすすめだ。おひたしのシャキシャキした歯ごたえと違い、揚げるとサクサクの衣にしっとりした花びらの食感を楽しめる。

青森すごい!おいしくて見た目もあざやかな菊料理の数々

青森県は食用菊の大生産地! ということで、菊料理がとても豊富だ。おひたしや天ぷらのほか、巻きずし・煮もの・鍋・酢のものと色鮮やかでビックリである。

トリビアまとめ

今回の雑学はいかがだっただろうか。菊は繁殖力が強く、畑に植えるとものすごい大量に収穫できる。あたりまえのように食べたりおすそわけしていたが、食べ慣れない地域からすると不思議な光景かもしれない。

あまりに多くて食べ飽きると(ほんとうに花が主食の時期がある)冷凍できるのが嬉しい。ゆでて小分けにしておくと、お弁当の彩りに最適なのだ。

ビタミンもとれて彩りがとてもきれいなので、お弁当を作る人にはぜひ菊のおひたしの冷凍を試してみてほしい。

こちらの記事もおすすめ!

Copyright© 雑学カンパニー , 2019 All Rights Reserved.