料理

全然違うよ!賞味期限と消費期限の違いとは?|食べ物雑学

賞味期限と消費期限はどう違う?という雑学

食べ物には賞味期限と消費期限という2つの期限がある。この違いを知っているだろうか?

意外と知らない人もいるだろうし、きちんと理解していない人もいると思う。これを機に賞味期限と消費期限の違いを知ってほしい。

ということで今回は、賞味期限と消費期限がどう違うのか解説するぞ。

【食べ物雑学】賞味期限と消費期限はどう違う?

賞味期限は美味しく食べられるか。消費期限は安全に食べられるかの違い。

【雑学解説】賞味期限と消費期限の違い

賞味期限と消費期限は似たような言葉に見えるが、それぞれ違う意味をもっている。それぞれ分けて説明しよう。

賞味期限

賞味期限はその食べ物を品質が変わらず、おいしく食べられる期限のこと。この日付までならおいしく食べられるよという期限である。

賞味期限を過ぎたからといって、安全じゃなくなるわけではない。品質や味が落ちるというだけ。なので、賞味期限を過ぎた食べ物を食べても問題ないが、本来の味を楽しめない可能性はある。

賞味期限はカップ麺やお菓子などの加工品などに多い。

消費期限

消費期限はその食べ物を安全に食べられる期限のこと。消費期限を過ぎた食べ物は安全が保障されていないということになる。

そのため、消費期限を過ぎた食べ物は食べないほうがいいだろう。

消費期限は牛乳や弁当・惣菜などの生鮮食品や痛みやすいものなどに多い。

両者の違いは、美味しく食べられるか・安全に食べられるかだ。しかし、開封前の期限を記載してるので、開けてしまったものはなるべく早く食べてしまったほうが良い。

【追加トリビア】アイスには賞味期限がない

普通、食品にはいつまでなら食べられるという記載がある。しかし、アイスクリームには賞味期限の記載がないのだ。

なぜなのか? それは冷凍保存が基本で、温度管理ちゃんとしていれば長期間保存することができる。そのため記載を省略することが出来るのだ。

記載を省略してもいい食べ物もあることが意外だった。

トリビアまとめ

今回は、消費期限と賞味期限の違いをまとめてみた。消費期限を過ぎた食べ物は食べないほうがいい。これだけは押さえておいたほうが良さそうだ。

名前が近いし、誰かが説明してくれるわけでもないので、どっちも同じかなと思っていたが、ぜんぜん違う。

今度からは余計な心配はせずに賞味期限切れの食べ物を食べれるぞー!! そもそも切らすなよって話だが…。

Copyright© 雑学カンパニー , 2020 All Rights Reserved.