世界一

原産地じゃない!最古の宝石"トルコ石"はトルコでは採れない【ターコイズ】

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

トルコ石はトルコでは採れないという雑学

みなさんは、「トルコ石」をご存じだろうか? トルコ石は、夏の空のようで鮮やかな青色が特徴的な世界でも大変人気のある「宝石」である。そして「12月生まれの誕生石」ということはわりと知られた話だが…。

実はトルコ石が「トルコ」という名がついていながらも「トルコでは採れない石」だということは、あまり知られていない。

今回は、いったいどうしてトルコ石と呼ばれることになったのか、雑学としてご紹介する。そして、あの美しい青い石に秘められた意外なヒミツにも迫ってみたぞ!!

【世界雑学】トルコ石はトルコでは採れない

ロバート
トルコ石って、トルコで採れるから『トルコ石』なんだろ?
エイミー
違うのよロバート。トルコ石が採れるのは、アメリカ・イラン・中国でトルコじゃないの。

【雑学解説】トルコ石は「トルコ産」だと勘違いされてた

トルコ石は「トルコ産」だと勘違いされてたというトリビア

13世紀以前までのトルコ石は「カレース」と呼ばれていたこれは「美しい石」という意味をもつ言葉。とても素敵な名前である。

やがて13世紀ごろになると、トルコの商人たちがペルシャ(現在のイラン)一帯の産地を巡ってトルコ石を買い取り、トルコを「経由」してヨーロッパや地中海地方で売っていた

その後、石をトルコの商人から買い取っていたフランスの商人たちが、トルコで採れたものだと勘違いし「トルコ人の石」という意味で「トルコ石」と呼び出したのが、この名前が広まるきっかけになった。

産地はトルコではなかったのに、毎度トルコを経由するかたちで売られていたため、このようなことになってしまったというわけだ…! まさかの勘違いから始まった呼び名が現代にまで続くとは…。

ロバート
トルコの商人から買っていたから、『この石はトルコ産』ってヨーロッパの人たちが勝手に勘違いしてたんだな!

トルコ石にはさらにもうひとつ呼び名がある

カレース→トルコ石と名前が変化してきたトルコ石だが、実はもうひとつ有名な名前がある。それは、「ターコイズ」だ。ターコイズとトルコ石はまったく同じものである!

ちなみにターコイズは英語での名前。トルコ石は「アリゾナ(アメリカ)」も産地なので、そちらではターコイズの名前で通っていたのだろう。

実際のトルコ石はこちらの動画で見られる。色鮮やかな石だ…。

エイミー
キラキラ輝くような宝石じゃないけれど、本当に美しい色をした宝石よね…!

【追加雑学①】トルコ石は歴史上、最も古い宝石と呼ばれている

トルコ石の歴史はとても古く、メソポタミア(現在のイラクの一部)から約6000年前のトルコ石のビーズが見つかっている。こんなに大昔から宝石ってあったんだ…!

6000年前といえば、日本は縄文時代。縄文土器が生まれたことによって食料の煮炊きや加工などが出来るようになり、食生活が大幅に進化したころにあたる。

トルコ石はそんな大昔から、ブレスレットやネックレスなどの装飾品や日用品などに加工され、世界中の人々に愛されてきたのだ! 昔の人々もおしゃれには気を遣っていたんだな…

エイミー
いつの時代も、人間っていう生き物は美しいものに魅了されてきたのね。

スポンサーリンク

【追加雑学②】トルコ石の古い言い伝え

トルコ石には古い言い伝えがいくつも存在していて、これがまた興味深くおもしろいものだったのでいくつかご紹介しよう!

1.身につけた者を不幸や危険から守る

トルコ石を身につけた者を不幸や危険から守るというトリビア

トルコ石にまつわる話がいくつかある。

  • 持ち主に危険がせまると色の変化で知らせてくれる
  • 「人が神から授かった石」とされ、神に背くような悪いことをするとそれまで色鮮やかだったトルコ石が一瞬で色あせる
  • アメリカの先住民であるインディアンたちには「魔除けの石」としてお守りとして大切にされていた

…なんだか、映画にでも出てきそうな伝説だ。水分が抜けるなどの環境の変化で変色することのあるトルコ石は、昔の人々からしたら「魔法の石」のような、不思議な力があったと信じられていたのかもしれない

2.プレゼントすると、送った人も幸せになれる

トルコ石をプレゼントすると、送った人も幸せになれるというトリビア

なかにはこんな幸せな言い伝えも存在する。

  • 女性から男性にプレゼントをすると、送られた男性だけではなく送った女性自身にも幸せがおとずれる。

大昔、トルコ石は良くも悪くも、様々な効果があると言い伝えられていた。しかし自分で買ったものではなく「プレゼントされたもの」でないと効力がないとされ、結婚などのお祝いごとの贈り物として最も喜ばれるものであった。

昔のご祝儀のような存在だったんだろう。素敵な話である…。

エイミー
はい、ロバート。これあげるわ。
ロバート
トルコ石じゃないかエイミー!ありがとう、オレの幸せを願って…。
エイミー
アンタの幸せにはあんまり興味はないけど、送った女性も幸せになれるって聞いたからね!

雑学まとめ

トルコ石についての雑学、いかがだっただろうか。まさか、トルコ石が勘違いから名付けられたものだったとは意外だった。勘違いとはいえ今でも呼ばれ続けていることにも驚きだ!

日本の、お金を贈るだけのご祝儀もいいが、トルコ石のようなしあわせを願った贈り物でお祝いするのも素敵だな…!

ロバート
エイミーはいわゆる『ツンデレ』ってヤツだから、ホントはオレの幸せも願ってるってこと、オレは知ってるからな…。

エイミー
アタシはロバートにどう思われても別に平気なんけど、アタシのこと『ツンデレ』って呼ぶのは止めてよね?ホント気持ち悪いから。

おすすめ記事

「砂漠のバラ」と呼ばれる鉱物の結晶があるという雑学
その名はデザートローズ。"砂漠のバラ"と呼ばれる鉱物の結晶が美しい…

続きを見る

山梨県にはゴージャスな宝石の庭「信玄の里」があるという雑学
珍スポット"宝石庭園"とは?大理石の男根の像もあります…【動画】

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー