水中の動物

貝から貝へ…。ヤドカリの引っ越しの様子が面白い。【動画】

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

ヤドカリの引っ越しについての雑学

ヤドカリのお引っ越し。まるで絵本の題材にでもなりそうな話で、その言葉の響きを聞いただけで、可愛らしくてワクワクする。

ヤドカリの名前の由来は、空になった巻貝の殻に住みついて生活していることから、「宿を借りている」という意味で、ヤドカリと付けられたそうだ。そのまんまな名前なのだが、貝殻を宿とたとえるところになかなかのセンスを感じる。

このヤドカリ、じつは貝殻から貝殻へと引っ越しをするというのだ。自分で家を作ることはなく、空き家を探しては引っ越すらしい。

今回は、ヤドカリのお引っ越しの様子をのぞいてみよう。

【動物雑学】ヤドカリの引っ越しについて解説!

ライオンくん
ヤドカリって『引っ越し』するのか?
ウサギちゃん
そうだよ。ヤドカリは巻貝の貝殻を家にして生活していて、その成長とともに住処を変えるんだ。

【雑学解説】ヤドカリは成長して窮屈になると、より大きな貝殻を探して引っ越す

ヤドカリは成長して窮屈になると、より大きな貝殻を探して引っ越すというトリビア

そもそもヤドカリはカニやエビの仲間だ。

卵から孵化したばかりの赤ちゃんヤドカリは水中を漂い、何度も脱皮をして成長する。そして、空き家になった巻貝の殻を見つけて、自分の家として拝借するのだ。

「なぜ殻を背負って生活するのだろう?」と疑問に思う人も多いだろう。ヤドカリ類は、お腹の部分が非常に柔らかいため、体を防御するために貝殻を借りてガードしている。

自分に合った空き家が運よく見つかればラッキーだが、なかなか見つからず水中を漂っているうちに、魚などの他の生き物のエサになってしまうことも多いようだ。

殻を背負うようになっても、ヤドカリは脱皮をしながら成長を続ける。とうぜん殻は窮屈になり、大きくなった体に合う新居を探して、引っ越しをするというわけだ。

適当な大きさの貝殻を見つけると、まず自分のハサミ入り口の大きさをチェック。これは自分がこれから引っ越すために、玄関の大きさを測るようなものである。

ライオンくん
ハサミが物差しの代わりになるなんてな~!

次に貝殻を転がしたり、中にハサミを入れたりして、貝殻の中の砂などをかき出す。中をきれいに掃除をして準備が整ったら、自分が背負っている貝殻から新しい貝殻へと移動し、引っ越し完了

大きさをはかり、中を掃除する。ヤドカリって、こんなに慎重だったのか…。またしばらく生活する新居だものね。

ウサギちゃん
貝殻から貝殻に移るスピードが思いのほか速くてびっくりしたよ!

こんな映像、初めて見た! 引っ越す瞬間は、けっこう素早い動きをする…。

見つけた新居が気に入ったようで、すっぽりおさまる姿が、なんとも可愛らしくて笑ってしまった。

スポンサーリンク

【追加雑学①】ヤドカリの引っ越しは命がけ

先にも述べたが、ヤドカリのお腹の部分非常に柔らかい

殻から出ているときには、ほかの魚などの絶好のえじきになってしまう。また、もたもたしていると、せっかく見つけた新居をほかのヤドカリにとられてしまうことも。「宿無し」になってしまっては大変だ。

ヤドカリは殻を背負っていないと生きていけない…。新居を見つけたら素早く引っ越す! ヤドカリの引っ越しは命がけなのだ。

なるほど…。ふだん殻を背負って生活しているヤドカリにとって引っ越しとは、新居を見つけたわくわく感よりも、不安のほうが大きいのかもしれない。

ライオンくん
たしかにヤドカリが引っ越す瞬間は、けっこう焦ってるようにも見えたぜ…。

【追加雑学②】ヤドカリは、お古の巻貝の争奪戦をすることもある

お古の巻貝の争奪戦をすることもあるというトリビア

新しい貝殻が見つかったヤドカリがいれば、とうぜんお古の貝殻空き家になる。

ヤドカリは、自分の体が大きくなれば引っ越さなければならない。ちょうどいいサイズの貝殻が見つかれば、なんとしてもゲットしたいわけだ。そこへ、同じサイズのヤドカリが現れる…。

じつは、このように空き家を待っているヤドカリたちが、争奪戦をすることもあるという。見つけた殻が空き家の場合、その殻を取り合うのだ。ゲットできなかったヤドカリは、また空き家を探すしかない。

また、ヤドカリ界の中でも荒手のヤツがいるようで…。

すでにヤドカリが住んでいるのに、「その家よこせ!」と言わんばかりに、自分が背負っている殻をぶつけるなどして、追い出し横取りするものもいるんだとか。

どこの世界にも、どうしようもないヤンチャ者がいるものだ…。追い出されたほうのヤドカリが心配になる。すぐに家が見つかればいいのだが…。

ライオンくん
自分の体に合う新しい貝殻が見つからなかったら、こうするしかないのかもな…。

雑学まとめ

初めて知ったヤドカリのお引っ越し。ずっと同じ殻を背負っていると思っていたが、じつは成長した体のサイズに合わせて、殻のサイズも大きくしていたのだ。

また、殻の争奪戦まで繰り広げられているとは…小さなヤドカリの世界でも、家をゲットするために必死。

わたしたち人間も家族が増えて、大きな家に引っ越すことがある。自分に見合った家を見つけたら、まずは大きさを慎重に確認し、中をしっかり掃除して…いざ引っ越す時は素早く! これ覚えておこうっと。

ウサギちゃん
一般的にヤドカリは巻貝に住んでいるのだけど、中にはツノガイや二枚貝の殻を背負う種類もいるんだよ。
ライオンくん
へぇ~、なんかちょっと想像しづらいぜ!

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2021 雑学カンパニー