野球

30時間5分!?野球の最長試合時間はどのくらいなのか?

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

野球の最長試合時間は30時間5分だった!?に関する雑学野球の最長試合は一体どのくらい長いのかご存知か?

野球の最長記録は30時間5分!? 嘘だろ…野球で徹夜させられるとは、もはや何をしているのかわからなくなりそうだ。

サッカーやラクビーのように前半・後半で行われる時間制限がないため、想像をはるかに超えた激闘(体力的に)が繰り広げられてそうだ。

にわかには信じがたい! そこで今回の雑学ではプロ野球・大リーグ・甲子園での試合最長記録について紹介するぞ!

【スポーツ雑学】野球の最長試合時間は30時間5分だった!?

野球の最長試合時間は8時間25分という雑学

マッチョ課長
新人ちゃん、野球の試合の最長時間はどれぐらいか知っているかな?

新人ちゃん
え~、12時間ぐらいですか?
マッチョ課長
そこまで長くはないな…最長記録は8時間25分だぁ!

【雑学解説】最長記録は延長33回の壮絶な試合だった!

野球の最長記録は延長33回という雑学メジャーリーグ・マイナーリーグは基本的に回数・時間ともに無制限となっており、自然と試合時間は長くなる。

大リーグでの最長試合記録は、1981年のマイナーリーグで行われた、ポータケット・レッドソックス(ボストン・レッドソックス傘下)VSロチェスター・レッドウイングス(ボルティモア・オリオールズ傘下)の延長33回で、試合時間は8時間25分である。

新人ちゃん
延長33回って、大変そう~!

野球に詳しい人ならわかるかもしれないが、大体2時間30分~3時間ぐらいが平均である。この試合は平均の約3試合分に相当する長さである。

マッチョ課長
観戦している方も辛いよな~。

筆者はなにを隠そう高校球児だったので、延長33回というのがいかに長いか想像を絶する。プレーする選手にとって途方もなく長く感じるだろう。これはあまりにも長すぎる…

ではメジャーリーグ(MLB)はどうだったのか?

MLBでの最長記録は1920年5月1日ブルックリン・ドジャースVSアトランタ・ブレーブスで記録した延長26回で、試合時間は3時間50分であった。

新人ちゃん
そんなに長くないような…
マッチョ課長
照明設備がない時代だったからね。でも「延長26回」は凄い!

つまり、最長試合時間の30時間5分!? というのは、この試合の3時間50分が誤って広まり都市伝説となった可能性が高い。

スポンサーリンク

【追加雑学①】日本のプロ野球や甲子園の最長試合は?

日本のプロ野球や甲子園の最長試合に関する雑学それではプロ野球はどうだろう? プロ野球は2000年までは延長15回までとなっていたが、今では延長は12回までとなっている。

日本プロ野球の試合最長記録は1992年9月11日。阪神VSヤクルトの6時間26分で、その頃の阪神は毎年Bクラス。最下位争いをしていてとても弱かった。(高校野球のPL学園より弱いとバカにされるぐらい弱かった。)

マッチョ課長
うぉぉぉ~。我が阪神の暗黒時代のときだぁ!(泣)
新人ちゃん
(そこまで号泣しなくても…)

だが、この年はヤクルトと壮絶な優勝争いをしていて、阪神の八木が放ったホームランが2塁打にくつがえるという判定をめぐり、抗議で37分中断。その後、判定を下した審判が引退するという、記録にも記憶にも残る試合になった。

「阪神八木 幻のサヨナラ弾とプロ野球最長試合 」の動画はこちら。

この動画で見る限り、ホームランではないような・・・。

マッチョ課長
いやホームランだろ!ホームラン!!
新人ちゃん
課長、落ち着いてください!

甲子園においては、近年まで延長制限がなく、最長試合記録は昭和8年の中京商業VS明石中学で延長25回。試合時間は4時間55分が最長記録となっている。試合も劇的で、中京商業が1-0サヨナラで勝利した。

その後、甲子園では延長18回までと規定され、さらに現在では延長15回になった。決着がつかなかった場合は引分け再試合となっている。

延長15回までになったきっかけは、1998年の夏の甲子園。横浜VSPL学園の対戦で、松坂大輔が猛暑の中、延長17回250球を一人で投げきったことにより、15回までに短縮され、球数制限などの議論のさきがけとなった。

【追加雑学②】スポーツ史上最長の試合とは?

スポーツ史上最長の試合に関する雑学各種スポーツの中で史上最長の試合はどのスポーツかもご紹介したい。

それはテニス4大大会のウィンブルドン男子シングルス1回戦で、アメリカのジョン・アイズナーVSフランスのニコラ・マユ選手の試合。試合時間は11時間5分だった。

新人ちゃん
えぇぇ~。ほぼ半日じゃないですか!
マッチョ課長
テニス史上に残る伝説の試合だ。

これはテニス史上最長どころか、スポーツ史上最長の試合となり、なんと2回のサスペンデッド(後日再開)で合計3日間試合が行われ、まさに歴史的な試合となった。

雑学まとめ

野球の最長試合時間についての雑学まとめ今回は野球の最長試合時間についての雑学をご紹介した。まさか延長33回まで行われた試合があったとは全然知らなかった…。

最長時間が30時間5分ではなかったが、それでも8時間25分も試合をしたくはない。当時の選手は、いつまで試合が続くのかと途方に暮れたのではないだろうか。

新人ちゃん
さすがに帰る人も多かったのかもしれませんねぇ~。
マッチョ課長
うぉぉぉ~!!我が阪神の暗黒時代の記憶が…(泣)
新人ちゃん
(そっとしておこう…)

こんな選手を酷使する試合がないように、アスリートファーストの目線で選手のケガがないような運営を期待したい。

おすすめ記事

野球には暗黙のルールが非常に多いことについてのトリビア
ルールブックにはない!野球の"暗黙のルール"とは?

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2021 雑学カンパニー