球技

4番から?バスケ選手の背番号に1~3番がないのはなぜ?

バスケ選手の背番号に関する雑学

バスケットボールの試合を見たことがあるだろうか。ドリブルでそのまま突き進むのかと思えば急に止まったり、1対1で勝負したり、味方を見ずにパスを出したり。

漫画の中だけではない。実際の試合でのプレーは、攻守が目まぐるしく変わり、息をするのも忘れてしまうほどのスピード感だ。

ところがだ。なぜか選手の背番号がおかしい。1・2・3がない。なぜだ、なぜなんだ。今回の雑学ではこの謎に迫っていく!

【スポーツ雑学】バスケットボール選手の背番号に1~3番がない理由

バスケットボール選手の背番号の秘密は、どうやら審判の合図と関係があるらしい。

【雑学解説】よく見る審判のサイン

バスケットボールの試合で審判が、指を1本立てて上にあげたり、1本の指で選手を指したりするしぐさを見たことがあるのではないだろうか。同じように2本、3本の指を出してサインをしているのも見かける。

バスケットボールの得点の種類は3つだ。普通のシュートは2点。ちょっと遠い半円形の3ポイントラインの外からのシュートは3点。フリースローは1点。

得点が入ったときに、点数を示すために1・2・3本の指を立てて合図をするし、相手チームのファウルによりフリースローをする場合に、フリースローを何回やるかを指を立てて合図している。もちろん口でもいうけどね。

バスケットボールの審判は、プレーをしている選手とTO(ティーオー、テーブルオフィシャルズの略でスコアをつけたり・試合時間・ファウルのカウントや掲示をすることで試合を進める補助をする人たち)に分かるように手でいろいろなサインをする。

もっとややこしいのが3秒ルールのサインだ。ゴール近くのペイントエリアに、攻めているチームが3秒以上いてはいけないというルールのことだが、3秒ルールに違反すると審判は違反した選手に指を3本立てサインするので、背番号3番の選手のファウルかと間違えやすい。

他にも両手を糸を巻くかのようにぐるぐる回すサインや、左右の手を上下させて歩くしぐさをするサインがおなじみだ。これは、ボールを持ったまま3歩以上歩くファウルのトラベリングと、一度やめたドリブルをもう一度開始するダブルドリブルのサインだ。

その他に、ファウルした選手の背番号を指を使ってサインしている。

そうなのだ。ここまで読めば、勘のよい方はもう分かってしまったと思うが、1・2・3は試合の中でとっても多く使われるサインなのだ。

もし1~3番の背番号の選手がいると、審判のサインが選手の背番号なのか、はたまた得点なのか、フリースローの回数なのか紛らわしくてやってられん!! という超・現実的な理由で、1~3の背番号はルールで認められていないのだ。ということで、バスケットボールの試合では、背番号は4番からということになっている。

スポンサーリンク

【追加トリビア①】ポジションと背番号

それでは、1~3番以外の番号なら何でもOKなのだろうか?野球ではふつう1番がピッチャーで、2番がキャッチャー、3番が・・・と続き最後は9番。ベンチ入りできる人数はもっと多いが一応の目安がある。

バスケットボールにもポジションとそれを表す番号があるのだろうか?知りたい!

調べてみたぞ。なんと、バスケットボールにもポジションと番号はあるのだ。うんうんそうだろうとも。バスケットボールには、背番号とは別に「ポジション番号」という番号があって、これで役割を分担している。

  • 1番 ポイントガード:ボール運びのキーとなるポジション
  • 2番 シューティングガード:アウトからのシュート担当
  • 3番 スモールフォワード:とにかく点数を取る担当
  • 4番 パワーフォワード:センターと同じくらいのディフェンス力とリバウンド力が必要
  • 5番 センター:攻守のかなめでゴール下担当

4番から始まる背番号では、それぞれの背番号はこんな割り振りになっていることが多い。

  • 4番 キャプテン
  • 5番 副キャプテン
  • 6番 シューティングガード
  • 7番 スモールフォワード
  • 8番 パワーフォワード  

9番以降は控えの選手の番号ということになるわけだ。

ついでに1トリビア。

インもアウトも自在なプレーでポイントゲットに活躍するスモールフォワードのポジション番号と、4番の背番号を組み合わせた背番号7はチームのエース!レブロンジェームス(レイカーズ)やラリー・バード(ボストンセルティックス)、ジュリアスアービング(フィラデルフィア)などの有名選手がいるのだ。

【追加トリビア②】背番号1~3もOK?ルール改定

NBAやBリーグといったプロバスケは独自のルールが決められているので、ここでは、FIBA(国際バスケット連盟)と高校生以下の大会のルールについて説明したい。FIBAのルールでは、1961年から使える背番号は4番以降と決まっていたが、2015年にルールが変わり、0~99までの番号ならOKとなった。高校生の大会でも2017年から背番号が自由になった。というわけで、今までは1~3番の背番号はいなかったが、今後は見かけるかもしれない。ただ、大会の規則もあるので何とも言えないが。

せっかくなので、背番号1~3番の有名選手を紹介しておこう。

1 川村卓也(横浜ビー・コルセアーズ)、デリックローズ(シカゴ出身)

2 富樫勇樹(千葉ジェッツふなばし)、カワイレナード(ロサンゼルス出身)

3 アレンアイバーソン(シクサーズ)

トリビアまとめ

バスケットボールの背番号についての雑学を紹介してきた。

バスケットボールの背番号には1~3番はないが、最近変わりつつある。背番号は、狭いコートで激しく攻守が入れ替わるバスケットボールの特徴とルールから、審判のサインと紛らわしい1~3の背番号が禁止されてきた。最近変わりつつあるようだが、今でも4番スタートが一般的なユニフォームだ。

最後の1秒を切っても試合がひっくり返ってしまうことがあるバスケットボールの魅力は、秒刻みのルールが一役買っていそうだ。

関連雑学

バスケのゴールのバックボードは何のためにある?に関する雑学
必要…?バスケのゴールのバックボードは何のためにある?【動画あり】

続きを見る

スラムダンクのスラムとは?に関する雑学
スラムダンクの"スラム"とは?山王工業のモデルは?【バスケット】

続きを見る

こちらの記事もおすすめ!

Copyright© 雑学カンパニー , 2020 All Rights Reserved.