ためになる

CDの最大録音時間が74分42秒の理由は?ベートーベンが由来でした

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

CDの最大録音時間の74分42秒は、ベートーベン「第九」を全て収録するためという雑学

電子記録媒体の技術の発達から、見かけることが少なくなったCD(コンパクト・ディスク)。しかし、電子化が進む現代でも、音楽の新譜はCDで販売されることも多い。

そんなCDの最大録音時間をご存じだろうか。そう、74分42秒だ。なぜ、こんな中途半端な時間になったかというと、これにはかの有名な作曲家、ベートーベンの交響曲「第九」が関係している。

今回は知っていると少しかっこいい(かもしれない)、知的な雑学をご紹介しよう。

【生活雑学】CDの最大録音時間の74分42秒である理由

孫ちゃん
アーティストのアルバムとかクラシックとか、CDって何分くらい録音できるの?
おばあちゃん
CDは74分だね。正確にはたしか74分42秒だったような…。
孫ちゃん
74分42秒?なんでまたそんな中途半端な長さなんだろ。
おばあちゃん
ドイツのフルトヴェングラーって指揮者が指揮をとったベートーベンの「第九」の演奏時間が74分32秒で、それが全部入るようにってことらしいねぇ。

【雑学解説】フィリップスVSソニー。CDの録音時間が決まるまで

CDはドイツの家電メーカー・フィリップス日本のオーディオメーカー・ソニーとの共同開発によって作られたが、ここで、CDの最大録音時間戦争が勃発する。

開発当時、フィリップスはこれから来るであろう、カーオーディオの未来を見込んで、当時カセット式であったカーオーディオの規格に合わせ、カセットテープの対角線の長さである11.5cmサイズでCDの作成を考えたが、これにソニーが対抗する。

11.5cmサイズでは録音できる時間は60分。これではクラシックの演奏時間を下回り、全ての演奏を1枚のCDに録音することができないため、もっと大きくするべきだと主張した。

実はこの「クラシック音楽を全編録音できるようにせよ」というのは、当時のソニーCEO大賀典雄氏の友人であり、世界的なクラシック指揮者であるヘルベルト・フォン・カラヤンからの助言であるといわれている。

この助言にのっとり、世界中の音楽の演奏時間を調べたところ最長だったのが、ドイツの巨匠、フルトヴェングラーが指揮をとったベートーベンの「交響曲第9番ニ長調」で74分32秒。さらに、録音時間が75分あれば、95%のクラシック音楽が全編録音できることがわかった。

世界的指揮者カラヤンの名前を出されたフィリップスはこれを認め、CDは12cm・収録時間74分42秒を規格として開発されることとなったのである。

おばあちゃん
カラヤンといえば、クラシックに詳しくなくても名前くらいは聞いたことがあるような指揮者だからねぇ。

ちなみに、カラヤンの演奏するベートーベン「第九」は66分だったらしい。これでは60分以上の録音時間を望むのも無理はない。

おすすめ記事

ベートーヴェンの"第九"の正式名称は100字以上に関する雑学
長い…!ベートーベンの"第九"の正式名称は100字以上…

続きを見る

スポンサーリンク

【追加雑学①】CDの構造

CDの構造について理解している人はどのくらいいるだろうか。CDは直径12cmのポリカーボネートで作られた円盤に細かい“くぼみ”をつけ、音声やデータを記録している。

CDプレイヤーはこの“くぼみ”に赤外線レーザーをあて、反射した光の明暗でデジタル信号を読み取り、アナログ信号に変換して音声を出力している。

その昔、レコードプレイヤーではレコードの溝に針を落として音声を出力していたが、それが電子化されたようなものだ。

音声を記録するものをCD-DAデータを記録するものをCD-ROMなど、実は細かい分類があるのだが、現代ではフラッシュメモリーなどの存在によりCD-ROMなどの活躍の場は減ってきているため、現代で見かけるCDのほとんどはCD-DAと思っていいだろう。

当初、日本では音楽CDとして8cmサイズのシングルCDも多く出回っていたが、近年ではコスト面や防犯面の不安から8cmサイズは撤廃され、12cmサイズのマキシシングルCDが多く出回っている。

おばあちゃん
あぁ、そういや最近小さいCDを見かけないなと思ってたんだよ。もうなくなってたんだねぇ。

雑学まとめ

今回は、CDの最大録音時間についての雑学をご紹介した。

当初ベートーベンの「第九」を基準に設定された74分は、現代の技術の発展により、サイズを変えず、80分まで録音できるまでに至っている。

孫ちゃん
へぇ~。技術が進めば、録音時間も長くできるんだね。
おばあちゃん
もし今の技術が昔もあれば、フィリップ社の推してた11.5cmになってたかもしれないねぇ。

ベートーベンの世界的楽曲は、我々にも馴染みの深いCDの録音時間にも影響を与えていたのだ。

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー