人体の不思議

疲れにくい体の秘訣は"セルフコントロール"。空腹やストレスが軽減される可能性!

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

疲れにくい体になるにはセルフコントロール能力が大切という雑学

最近、疲れやすくなってきた。あるいは、疲れが抜けにくくなってきたと感じている人はいないだろうか。スケジュールに追われて忙しい日々が続くと、疲れを癒す時間もなかなか取れないことがある。

そんなときはどうしたら良いのだろうか。そうか! そもそも疲れにくい体を手に入れれば良いのだ。

そこで今回は、疲れにくい体を手に入れる方法についての雑学をご紹介しよう。ぜひ皆さんも疲れにくい体を手に入れて、快適な日々を過ごしてほしい。

【人体雑学】疲れにくい体になるにはセルフコントロール能力が大切

科学者くん
ダヴィンチさんって、お年寄りのわりにすぐ疲れたりしないですよね?何かヒミツがあるんですか?
ダヴィンチさん
お年寄りのわりに…?!…まあいいか…。私はセルフコントロール能力…自分を制する力が高いから疲れにくいんだよ。
科学者くん
自分を制する力…ですか?

【雑学解説】セルフコントロール能力が高い人は疲労感と空腹感を感じにくい

セルフコントロール能力が高い人は疲労感と空腹感を感じにくいというトリビア

アメリカのテキサスA&M大学の研究で、セルフコントロール能力について調べたものがある。この研究では、5,500名の学生を対象にして、全員のセルフコントロール能力を調べたうえで、全員の睡眠時間・食習慣・最後に風邪を引いたときなどを調査した。

その結果、セルフコントロール能力が高い人ほど、肉体的な衝動を感じないことがわかった。

肉体的な衝動というと分かりにくいかもしれないが、空腹やストレスなどを指す。つまり、自分を抑制(セルフコントロール)できる人ほど、他の人よりも空腹・ストレス・風邪を体験しない傾向があったそうだ。

また、セルフコントロール能力が高いと、他人より疲労感を感じにくい傾向も出ていた。

科学者くん
自分自身をコントロールできれば疲れづらくなるなんてすごいや!

うらやましい。素晴らしいではないか。セルフコントロール能力、欲しくなってきた。

研究者は、「今回の結果は、セルフコントロール能力が高い人ほど、人生にネガティブな結果をもたらす行為を避け、生活に決まった形(良い習慣など)をもつことを示している」といっている。

また、「調査のどの時点においても、セルフコントロール能力の低い人は高い人に比べて、睡眠が20分ほど短い傾向があった。1週間のスパンで見れば、この差は約2時間の睡眠不足になる。この睡眠負債が、健康や行動に深刻な違いをもたらすのだ」ともいっている。

つまり、セルフコントロール能力の違いが、少しずつ人生に差をつけていくということか。その結果、他人よりも疲労感を感じにくくなったり、空腹感を感じにくくなったりするのだろう。

う~ん、食欲に負けてしまう私は、セルフコントロール能力が低いかもしれない。今すぐ、セルフコントロール能力を鍛えなければ。

科学者くん
ダヴィンチさん、このセルフコントロール能力って鍛えることができるんですか?
ダヴィンチさん
もちろんだとも。その方法も紹介するよ。

スポンサーリンク

【追加雑学】週1回の運動が、セルフコントロール能力を高めるのに効果的

週1回の運動が、セルフコントロール能力を高めるのに効果的についてのトリビア

オーストラリアのマッコーリー大学の研究で、運動と意志力について調べたものがある。この実験では、運動不足の男女24名を対象として、週1回のジム通いを2か月間続けてもらった。

そして、実験期間中の2か月間は、全員にストレスレベル・アルコールの摂取量・約束を守った回数などを記録してもらい、セルフコントロール能力の変化について測定したのだ。

その結果、参加者は誘惑に勝つ力がアップし、忍耐力もアップしたのである。また、物事を先延ばしすることも減り、感情のコントロールも利くようになっていた。

科学者くん
つまり、運動をするとセルフコントロール能力が鍛えられるんですね!

食事面ではアルコール・タバコ・カフェインの量が減少した。また、ジャンクフードを食べる量が減少し、野菜を食べる量が増加している。

その他の面でも、衝動買いが減少し、貯金が増加テレビを見る時間が減少し、勉強する時間が増加した。そして、遅刻も減少したのである。

たった2か月で驚くべき変化である。定期的に運動をすることで、あらゆる場面でのセルフコントロール能力が上がっているようだ。

この研究の素晴らしいところはなんといっても、週1回の運動で良いところと運動の種類は何でも良いところだろう。

一番大切なのは定期的に運動することなので、筋トレでも有酸素運動でも、好きな運動でセルフコントロール能力を高めていこう。

ダヴィンチさん
私は激しい運動はしないけど、毎日軽い筋トレとウォーキングを続けているよ。

おすすめ記事

1日10分の軽い運動をするだけでも鬱になりにくいという雑学
習慣化で予防!1日10分の軽い運動で鬱になりにくいって本当?

続きを見る

雑学まとめ

疲れにくい体の秘訣は"セルフコントロール"。空腹やストレスが軽減される可能性!についての雑学まとめ

今回は、疲れにくい体を手に入れる方法についての雑学をご紹介した。

ポイントは、セルフコントロール能力である。セルフコントロール能力を高められれば、おのずと疲れにくい体を手に入れられるだろう。

そのためには、週に1回で良いので、定期的な運動を継続することだ。運動の種類は好きなもので構わないので、悩んだり考えたりする前に体を動かしてしまおう。

ちなみに、セルフコントロール能力は自覚しないうちに上がっていくものなので、セルフコントロール能力が高まることを信じて、運動を続けていくと良いだろう。

ダヴィンチさん
セルフコントコール能力は生まれ持った才能なんかではなく、自分自身で鍛え上げることができる能力なんだよ。科学者くんもがんばって身につけてね。
科学者くん
ハイ、ボクがんばります!

おすすめ記事

ランニングを楽にしてくれるテクニックがあるという雑学
もう挫折しない!ランニングを楽にするテクニックがある

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2021 雑学カンパニー