健康

習慣化で予防!1日10分の軽い運動で鬱になりにくいって本当?

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

1日10分の軽い運動をするだけでも鬱になりにくいという雑学

皆さんも運動をすると、気分がスッキリするといった感覚を味わうことがあるだろう。私も落ち込んだときや悩みごとがあるときには、体を動かすとメンタルが回復することがある。長いときには、1時間以上運動することも多い。

では、一体どのくらいの運動をしたら、メンタルに対して良い効果が得られるのだろうか。実は、非常に手軽な運動でメンタルを守れることがわかった。

今回は、メンタルの悪化を予防できる運動の量についての雑学を紹介しよう。運動好きの人以外に、運動が苦手な人や無駄な運動をしたくない人にも、ぜひ目を通してほしい。運動も薬も用法用量を守って、正しく試していこう。

【人体雑学】1日10分の軽い運動をするだけでも鬱になりにくい

ダヴィンチさん
1週間にたった60分の軽い運動をするだけでも、メンタルの悪化を防げるんだ。
科学者くん
1週間に60分っていうことは…1日10分の運動でもいいってことですか?
ダヴィンチさん
そうだよ。それで鬱になりづらいメンタルになれるんだから、とってもお手軽と思わないかい?

【雑学解説】1週間に60分軽い運動が鬱を防ぐ可能性

1週間に60分軽い運動をするとメンタルの悪化を予防できるというトリビア

オーストラリアの非営利研究機関であるBDIの研究で運動とメンタルについて調べたものがある。この調査では、ノルウェイ人の男女33,908名のデータを用いて、エクササイズと鬱・不安症状を11年追いかけたものとなっている。

科学者くん
11年間も?!すごい研究ですね~!

規模も大きく期間も長い、かなりガッツのいる研究である。

この研究で調査したエクササイズは、強度によって3パターンに分けられ、メンタルへの影響を調べた。

  1.  ウォーキング程度の息が上がらないレベルの運動
  2.  ランニング程度の息が上がるレベルの運動
  3.  完全にバテてしまうレベルのキツイ運動

その結果、1週間に軽い運動を60分するだけでも、メンタルが悪化するリスクが12%下がることがわかった。また、運動によるメンタルの改善効果は、性別や年齢に関係なく効果があったのだ。

つまり、1日10分ほど軽い運動をすれば、メンタルを守ることができるのである。これは非常に手軽にできて良いのではないだろうか。

ダヴィンチさん
私も日々軽い運動をしているから、孤独な研究生活に耐えられているんだよ…。

ちなみに、ここでいう軽い運動とは、1.の息が上がらないレベルの運動のことを指している。具体的には、時速6キロ程度の早歩きレベルの運動である。

研究者は、「比較的少ない量のエクササイズでも、メンタルを守る効果が得られるのは非常に素晴らしい。また、データによれば運動の強度は重要ではないらしい。最も大切なことは、シンプルに毎日の活動量を増やすことだ。それはウォーキングでもサイクリングでも構わない。」という。

なるほど、毎日続けることが一番大切ということか。1日10分やることは簡単でも、それを毎日続けることの方が難しい。習慣化するまでは、簡単なことでも意識して取り組む方が良いだろう。

おすすめ記事

疲れにくい体になるにはセルフコントロール能力が大切という雑学
疲れにくい体の秘訣は"セルフコントロール"。空腹やストレスが軽減される可能性!

続きを見る

スポンサーリンク

【追加雑学】1日10分の軽い運動は脳の実行機能があがる

1日10分の軽い運動は脳の実行機能があがるというトリビア

また、運動が脳に与える影響について調べた研究もある。この研究では、6歳~35歳の男女を対象に過去に行われた19の研究をメタ分析したものになる。

その結果、1日10分の軽い運動だけでも脳の実行機能があがることがわかった。具体的には、運動直後から脳の実行機能が改善し、その効果はしばらく続いたそうだ。

科学者くん
じっこうきのう…?
ダヴィンチさん
実行機能というのは、脳がいろいろな判断を下したり、目標や計画を立ててやり遂げる力のことだよ。

つまり、1日10分の軽い運動を続けると、習慣を継続する力も養えることになるかもしれない。これは一石二鳥の効果が期待できそうだ。10分の軽い運動、お買い得である。

雑学まとめ

今回は、メンタルの悪化を予防できる運動量についての雑学をご紹介した。

1週間に60分1日にするとわずか10分足らずの軽い運動でも、鬱になりにくいことがわかった。一番大切なことは、この軽い運動を毎日続けることなので、毎日の行動の中でできるようにする方が良いかもしれない。

これぐらいの量であれば、わざわざ運動する時間を設けなくても、通勤や買い物の移動を早歩きに切り替えるだけで達成できそうだ。私の場合、平日は通勤のときに、休日は買い物のときに早歩きを実践している。

皆さんも毎日の歩行を早歩きに変えてみてはどうだろうか。街中の人が早歩きになったら、それはそれで気持ち悪いが……。

科学者くん
こんなちょっとしたことで心の健康が保たれるなんて…!ダヴィンチさんもこうやって、だましだましメンタルを守って生きているんですね!
ダヴィンチさん
だましだまし…?!科学者くんもなかなか言うじゃないか…。

おすすめ記事

ストレスに強くなる食事法に関する雑学
ストレスに強くなる食事法"SMILES"!強靭なメンタルを作れッ!

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー