肉・魚

見た目も味も違うけど…?ブリとハマチは同じ魚【出世魚】

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

ブリとハマチは同じ魚という雑学

ほどよい脂としっかりした歯ごたえ…筆者の大好物は「ブリの刺身」。先日居酒屋で友人と刺身を注文した際、ブリかハマチかで論争になってしまった。どっちも似たようなもんだろ! という話で落ち着いたのだが、実際のところ、見た目や味はかなり違う

そして実は、「似たようなもん」どころではなく、ブリとハマチは「まったく同じ魚」である。どこを境界線に呼び方が変わるのか、あなたは知っているだろうか?

今回はそんなブリとハマチについての雑学を紹介しよう!

【食べ物雑学】違いは知ってる?ブリとハマチは同じ魚

ぷよぷよくん
ブリって、成長度合いによって呼び方が変わる『出世魚』だよね。ハマチはどの段階での呼び名なんだっけ?
ガリガリさん
80cmを超す大きさに成長したのが『ブリ』。『ハマチ』はもともと地域限定の呼び名だったけど、最近では養殖のブリのことを指すんだ。

【雑学解説】暗記が苦手な人はたいへん?名前が次々変わるブリ

暗記が苦手な人はたいへん?名前が次々変わるブリについてのトリビア

魚の中には成長するにつれて呼び名の変わる「出世魚」というものがある。ブリはその代表で、体長によって次々と名前が変わる。聞いたことがない名称もあるかもしれない。

稚魚は「モジャコ」・20cmまでが「ワカシ」・40cmまでが「イナダ」・60cmまでが「ワラサ」。そして最終的に、80cmを超す大物を「ブリ」と呼ぶ。

ぷよぷよくん
あれ?『ハマチ』がないよ?

実は、ハマチは地域限定の呼び方なのだ。

ハマチとは主に関西圏で使われる、40cmまでの個体に対する呼び方。もともとはブリほど大きくない、ほとんどの個体をハマチと呼んでいたようだ。

しかし、今ではハマチという呼び方が全国的に使われるようになっていて、回転ずしや居酒屋のメニューでもよく目にする。実は近年になるにつれ、ハマチは「養殖のブリ」を指す言葉として定着していったのだ。

飲食店のメニューでハマチと書いてあれば養殖ブリと書いてあれば天然ものと思っていいだろう。

ちなみに、「カンパチ」はブリとよく似ているが、まったく違う魚だ。ややこしいが覚えておくとトリビアになる。

ガリガリさん
それぞれ違う魚だけど、カンパチもブリ同様スズキ目アジ科の出世魚なんだぜ。

スポンサーリンク

【追加雑学①】ブリとハマチを比べてみるとどう違うの?

ブリとハマチを比べてみるとどう違うの?についてのトリビア

同じ魚でありながら、ブリとハマチは見た目も味もけっこう差がある。素人が見てもわかるほどなので、スーパーの魚売り場などで見比べる機会があれば、チェックしてみるといいだろう。

まず見た目だが、ブリの方が明らかに身の色が濃く赤いハマチ白っぽくてキラキラ光っている。これは身の脂肪分の差である。外海で大きく育ったブリは脂肪分が少なく、養殖でエサが豊富だったハマチは脂がのっているのだ。

ちなみにハマチだけを見ていると白身魚に見えてしまうが、どちらもれっきとした赤身魚である。

【追加雑学②】養殖か天然かでかなり味の差がでる

次に味の差だが、単純にどちらがおいしい…という分け方はできない。養殖ならではの脂がのった味わいが好きな人ならハマチ、天然の脂肪が少なくて歯ごたえのある身が好きならブリがおすすめである。

昔は天然ブリの方が味がいいとされていたようだが、最近は養殖技術の向上にともなって、ハマチも引けを取らなくなった。

ちなみに「ブリといえば照り焼き」なのは、コッテリした濃い味付けなので脂肪分の少ないブリの方が合うからだ。同様にブリ大根も、ハマチ大根にしてしまうと、ちょっと脂っこすぎるのかもしれない。

ぷよぷよくん
脂こってりのハマチ大根…ボク、それも好きかも…こってりバンザイ…えへへへ…
ガリガリさん
お前、とにかく脂もの好きだよな。

雑学まとめ

見た目も味も違うけど…?ブリとハマチは同じ魚【出世魚】についてのトリビアまとめ

今回はブリとハマチについての雑学を紹介してきた。脂ののったハマチの刺身は、口あたりも柔らかく、とろけるような味を楽しめる。対するブリの刺身は、コリコリとした歯ごたえが魅力。う~ん、どちらも捨てがたい…!

外食する場合、刺身などの定番メニューには、安定した出荷量が確保できるハマチが使われていることが多いようだ。加熱調理にはブリが多いので、それぞれの料理で一度に両方を楽しむのもいい…(筆者は食いしん坊である)。

もし港町などでブリの刺身があったら、そこで水揚げされた天然ものと思っていいだろう。新鮮なブリ刺しを食べるチャンスは見逃さないようにしたい!

ガリガリさん
天然ものの丸々太ったブリの刺身は上品な脂の旨みがあるんだよな。
ぷよぷよくん
上品な脂の旨み…そのフレーズを聞くだけで興奮が止まらないよ…えへへへ…

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2021 雑学カンパニー