笑える 麺・カレー

カルボナーラの本来の意味がダサい…。本場イタリアの味はどう違う?

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

カルボナーラはイタリア語で?に関する雑学

カルボナーラは旨い。

筆者はイタリアンレストランでパスタを頼むとき、だいたいカルボナーラと決めている。なぜならば、旨いだけでなく語感もいいからだ。カルボナーラって響き、ちょっとオシャレじゃないか? 「カルボ」で一度濁音をもってきて、「ナーラ」と伸ばすところに心地よいリズムを感じる。

ところで、あなたはカルボナーラの意味をご存知だろうか? また、本場のカルボナーラと日本のカルボナーラは違うということもご存知だろうか? この雑学記事を読めば、イタリアンレストランでのデートの会話に困らない…かもしれない。

【食べ物雑学】カルボナーラのイタリア語の意味はダサい。

秀吉くん
『カルボナーラ』ってうまいっすよね!僕の時代にあったら週3回は食ってたっすよ!!
信長さん
本場イタリアでは、カルボナーラのことを『パスタ・アッラ・カルボナーラ(Pasta alla Carbonara)』と呼ぶらしいぞ。その意味は『炭焼き職人風パスタ』だそうだ。
秀吉くん
……日本語に訳すとオシャレ感ゼロっすね。

【雑学解説】カルボナーラは「炭焼き職人風パスタ」

パスタ・アッラ・カルボナーラ=炭焼き職人風パスタというトリビア

カルボナーラは、イタリア・ローマ発祥のパスタ料理である。日本では、「カルボナーラ」と呼ばれているが、イタリア本国では「パスタ・アッラ・カルボナーラ」と呼ばれている。

この「カルボナーラ」というイタリア語を辞書で引いてみると、「炭火職人」と書いてある。「アッラ」というのは「~風」という意味なので、「パスタ・アッラ・カルボナーラ」とは、和訳すると「炭焼き職人風パスタ」となるのだ。どうしてこのような名前を付けられたのだろうか?

実は、いくつかの説がある。

一番有力とされている説は、「うわぁ~このパスタの上にかかってる黒胡椒、なんだか炭っぽく見えね? なんか炭焼き職人が仕事中に料理してたら、うっかりパスタに炭落としちゃったって感じ?」ということで、パスタにかかっている黒胡椒の連想から、炭焼き職人風パスタと名付けられたというもの。

ちょっとイタリア人のネーミングセンスを疑う。

信長さん
黒胡椒が炭っぽい…食欲が減退する発想だな。

その他には、炭焼き職人がスタミナをつけるために、しばしば作っていたからだという説。炭焼き職人の秘密結社・カルボナリ党にちなんだという説。カリカリに火を通した豚肉が炭のように見えるからという説などがある。

個人的には、どの説が正解かよりも、炭焼き職人の秘密結社がどんなことをしていたのかの方が気になる。

秀吉くん
僕もそこが一番気になったっすわ。

スポンサーリンク

【追加雑学】イタリア人、日本のカルボナーラに怒る

イタリア人、日本のカルボナーラに怒るというトリビア

ところで、日本のカルボナーラはイタリアのものと若干違う。そんな和式カルボナーラに、一言物申したいという人物がいる。ミラノに住むイタリア人・マルコである。

マルコは、日本に住んだこともある親日家だ。しかし、一部の日本風のイタリア料理に不満があるようで、カルボナーラについても彼は怒りをあらわにする。

「なんで、日本人はカルボナーラに生クリーム使うんだよ!!」

本場ローマのカルボナーラは、パスタ・卵・チーズ・豚の塩漬け肉・塩・黒胡椒とシンプルな材料で作られる。しかし、日本のカルボナーラは生クリームを入れたタイプが主流である。

実は、マルコだけが日本のカルボナーラに怒っているわけではない。日本に旅行経験があるイタリア人たちは、口をそろえて「日本のアレ、ありゃカルボナーラじゃねぇよ!」と言っていた。

秀吉くん
日本人が『カルフォルニアロールは本当の寿司じゃない』って思うみたいな感じっすかね?

おすすめ記事

イタリアではパスタやピザにケチャップを使うのはご法度ということに関する雑学
キレられる。イタリアではパスタやピザにケチャップを使わない

続きを見る

ローマ人は他の地域のイタリア人が作るカルボナーラに怒る

そして、ローマ人は他の地域のイタリア人が作るカルボナーラに怒るというトリビア

しかし、「カルボナーラ問題は、日伊間だけのもんじゃないんだよね。」とマルコは続ける。

「ローマ人の中には『ローマの本場の味を知らねぇ余所もんイタリア人どもが、偽カルボナーラ作ってやがる!』って、他の地域のイタリア人が作るカルボナーラに文句言うヤツもいるんだよね。」

信長さん
さすが美食の国。食を巡って他の地域の者と対立するとは…。

実は、オリジナルのカルボナーラのレシピでは、使用するチーズや豚肉の部位まで指定されている。そのため、本来使用すべきペコリーノロマーノでなくパルミジャーノを使ったり、グアンチャーレでなくパンチェッタを使うなどの行為は、ローマ人からすると邪道なのである。

ちなみに、ペコリーノロマーノは、ローマがあるラツィオ州で作られる羊乳のチーズで、パルミジャーノはエミリア=ロマーニャ州で作られる牛乳のチーズのこと。グアンチャーレは豚の頬肉、パンチェッタは豚の三枚肉である。

この材料の細かい違いについて、ローマ人の前で「どっちでもええやん」なんて言ってしまうと、1時間くらい説教を喰らうかもしれないので、覚悟しておこう。

秀吉くん
まぁでもそのこだわり、分からなくもないっすよ。

カルボナーラの雑学まとめ

あれ…ダサい…カルボナーラを本場イタリア語にするとガッカリだったという雑学まとめ

カルボナーラについての雑学を紹介してきた。

日本でもおなじみのパスタ料理「カルボナーラ」のイタリアでの正式名称は、「パスタ・アッラ・カルボナーラ(炭焼き職人風パスタ)」である。この名前の由来は諸説あるが、パスタにかかっている黒胡椒が炭っぽいからだという説が有力視されている。

また、本場のカルボナーラには生クリームは入っていない。もしイタリア人にカルボナーラを振る舞うことがあれば、生クリームは絶対に入れてはいけない。国際問題に発展しかねないのだ!

秀吉くん
多くの日本人は、国内で偽物のカルボナーラを食ってたとは…なんか知りたくなかった事実っすわ…。
信長さん
国内でも本物のカルボナーラを提供するレストランもあるから、食べ比べてみるのも悪くないと思うぞ。両方それぞれの美味さがあるからな。

おすすめ記事

パスタを曲げると3つ以上に割れてしまう「分裂の連鎖」に関する雑学
パスタを折ると3つ以上に割れる理由とは?2つに折る方法はある?

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー