生活雑学

包装だけじゃない!ダンボールは帽子の汗をとる素材だった|生活雑学

ダンボールは帽子専用のものだったに関する雑学

引っ越しのときに重宝するダンボール。分別が面倒だから「とりあえずまとめてダンボールに入れておけばいいや」と何でも入れられる箱として使っている方も多いだろう。

しかし、もともとダンボールは帽子専用のものだったらしい。あんな便利なものを帽子専用に使うのは勿体ないと思ってしまう…。検証してみたので、ご覧いただきたい。

【生活雑学】ダンボールは帽子専用のものだった

帽子を入れるためにダンボールを使っていたのではなく、もとは帽子の中に入れて汗をとる素材として、19世紀に発明されたものだった。

【雑学解説】もともとは帽子の素材の一部だった

その語感から日本の印象の強いダンボールだが、実は発明されたのはイギリス。

1856年、エドワード・チャールズ・ヒーレイとエドワード・エリス・アレンが発明した。

当時の段ボールは箱として加工されることはなく、主に「シルクハット」の内側の素材として用いられた。

マジシャンが鳩を出すイメージが強いシルクハットだが、縦に長く空気がこもりやすい構造になっているので、長く被っていると汗がたまり蒸れてしまうという弱点があった。

ダンボールはシルクハットのデメリット対策を目的に発明された。波々の形状にした紙をシルクハットの内側に貼り付けたのだ。

わざわざ波々にしたのは湿気を吸いやすくするため。つまり、この時点ではダンボールはただの紙切れだった。その後アメリカで、包装材として用途が変更されるようになった。

しかし、包装するにはただの紙では頼りないので、うらに平たい紙を貼り付けて強度をもたせた。そうして今よく使われている「ダンボール箱」が作られたのだ。

なるほど、段ボールは当初は湿気を吸い取る目的で開発されたのか。しかし、ここで気になるのはなぜダンボールという名称になったのか、ということだ。ダンボールの由来についても説明していこう。

スポンサーリンク

【追加トリビア①】ダンボールの名前の由来は?

何か隠された意味があるのか? と勘ぐっていたが調べてみるとそのままの意味のようだ。

ダンボールは、漢字を使うと「段ボール」と書くが、この「段」とは紙を重ね合わせて作ったものという意味。たしかにご紹介したとおり、ダンボールは平たい紙と波々の紙を組み合わせて作られたものだ。

そして「ボール」は「ボール紙」のこと。ボール紙は厚手の紙のことを指す。ダンボールを触っていただければお分かりの通り、通常の紙よりも厚い。

まとめると、ダンボールは厚手の紙を組み合わせて作ったものという意味になる。

そして漢字の「段」が使われていることからも想像がつくように、「段ボール」と名付けたのは日本人である。1909年、井上貞治郎という方がボール紙を重ね合わせた「段ボール」を発明したのだ。

【追加トリビア②】引っ越し屋さんのダンボールが白い理由

ダンボールをよく使っている人といえば引っ越し業者が思い浮かぶ。さらに、彼らがダンボールを運んでいる光景を思い浮べると、彼らが運んでいるダンボールはいつも白いダンボールだ。これはなぜだろう?

実は、人は色から重さを感じ取っているようで、白は人が軽く感じる色らしいのだ。つまり、引っ越し屋さんのダンボールが白い理由は「軽く感じさせるため」。だから、従業員が運びやすいようにとの配慮から、白いダンボールを利用していることになる。

意外と引っ越し業者は、ホワイト企業である。

トリビアまとめ

いかがだっただろうか。ダンボールはもともとは帽子の一部だった。シルクハットの中に貼り付けられ、湿気を吸い取っていたのである。だから当初は今のような包装の用途としては、全く使われていなかったのだ!

また、引っ越し屋のダンボールが白いのは、そのほうが軽く感じるから。色の心理作用を使っているそうだ…。

こちらの記事もおすすめ!

Copyright© 雑学カンパニー , 2019 All Rights Reserved.