スイーツ・お菓子

シュークリームの名前の由来は?巨大シュー3選!【動画】

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

シュークリームのシューはキャベツという雑学

甘いものが食べたいときにコンビニに行くとつい買ってしまうのが、シュークリームだ。手ごろな価格なのにクリームがたっぷりと入った本格的な味わいで、満足度が高い魅惑のスイーツである。

今回の雑学テーマは、このシュークリームについて。

シュークリームのクリームは、生クリームやカスタードクリームのことだと思われるが、シューってなんだ? 調べると、キャベツだと判明した。えっ、シュークリームって野菜なの?

【食べ物雑学】シュークリームの「シュー」とは?

ガリガリさん
シュークリームの『シュー』はフランス語の『chou』からきてて、これは『キャベツ』っていう意味なんだぜ。
ぷよぷよくん
つまり、シュークリームは野菜…無限に食べてもいいヘルシースイーツなんだね?
ガリガリさん
………。

【雑学解説】フランス語でキャベツを意味する「シュー」が由来

フランス語でキャベツを意味する「シュー」が由来についてのトリビア

シュークリームはケーキ屋さんやコンビニで販売している、スイーツだ。

しかし、名前の由来について調べてみたところ、スイーツではない、あるものが登場した。シュークリームの名前の意味を、分解して解説しよう。

  • シュー:フランス語でキャベツを意味する「chou(シュー)」
  • クリーム:英語で生クリームやホイップクリームを示す「cream(クリーム)」

フランス語と英語が混ざっているし、キャベツ…? 実は、シュークリームという名称は日本独自のものだ。シュークリームはフランス語では「シュー・ア・ラ・クレーム」、英語では「クリーム・パフ」という名である。

ガリガリさん
もちろん海外で『シュークリーム』って言葉は通じないからな。『靴(shoe)のクリーム』って勘違いされるぞ。

日本とは名前に違いがあるものの、フランス式の名称で「シュー」が使われている。

なぜ、フランス人はキャベツを意味するシューを、お菓子の名前に使ったんだ? 私が知らないだけで、すりおろしたキャベツが材料として使われているとか?

キャベツの謎は、シュークリームの形と関係があった。シュークリームの丸く膨らんだ形が、カットしていない1玉のキャベツと似ているからだ。いわれてみれば、似ているような…。

あくまでも形が名前の由来のため、シュークリームは野菜ではない。材料として、キャベツが使われているわけでもない。

野菜だったらカロリーを気にせず、いっぱい食べられると思ったのに…。世の中は、シュークリームのように甘くはなかった。

ぷよぷよくん
なぁんだ…残念だよ…

スポンサーリンク

【追加雑学】超巨大シュークリーム3選!

1人で食べきれる?超巨大シュークリームについてのトリビア

一般的なシュークリームは、手のひらにおさまるくらいのサイズだ。シュークリーム1個だと、ちょっと物足りないと感じる日もある。お腹いっぱい、シュークリームが食べたい!

そんな欲張りさんのために、巨大シュークリームを紹介したいと思う。どのお店のシュークリームも、サイズが大きいだけでなく味もバツグン! きっと、あなたの欲望を満たしてくれるはずだ。

蜂の家「軍艦シュークリーム」

東京都と長崎県に店を構える蜂の家(はちのや)」では、「軍艦シュークリーム」という名前の巨大シュークリームを食べることができる。実際に食べている動画を発見したので、大きさを確認してみよう。

ぷよぷよくん
まさにボクが夢見ていたビッグ・シュークリーム!!食べたい…食べたいよ…じゅる…

…これ、1人で食べる量じゃないよな? 動画の中盤でシュークリームの断面を確認できるが、中にはクリームと一緒にフルーツが入っている。ソースをかけて味を変えることもでき、食べ飽きないように工夫がされているのだろう。

軍艦シュークリームの重さは約2キロ。ダンベルの代わりに、筋トレに使えそうな重さだ。

私だと4分の1すら食べきれるかどうか…。自分のひ弱な胃腸がうらめしい。

東京の蜂の家での軍艦シュークリームの購入には、1週間以上前から予約が必要だ。長崎の店舗でも売り切れる可能性があるため、予約しておくと確実だぞ!

白土屋菓子店「超特大ジャンボシュー」

福島県いわき市にある「白土屋菓子店(しらどやかしてん)」の名物は、「超特大ジャンボシュー」だ。名前からして、すごく大きいに違いない。超特大ジャンボシューを撮影したのが、こちらの動画である。

ガリガリさん
見るだけで胃もたれしてきた…

大きすぎる…! 一般的なシュークリームが、ミニサイズに見えてきた。

中にはびっしりとクリームがつまっていて、おいしそう。シンプルなシュークリームの、超特大サイズといった印象だ。

白土屋菓子店では複数のサイズのシュークリームを製造している。小さいサイズから攻めて、超特大まで制覇したい…!

ちなみに、超特大ジャンボシューの重さは約1.2キロとのこと。…全サイズ1人で制覇するのは、やっぱり無理かも。

和洋菓子司 さかじり「でっかいシュークリーム」

最後に紹介するのは、富山県氷見市(ひみし)にある和洋菓子司 さかじり「でっかいシュークリーム」だ。どんなシュークリームなのかは、こちらの動画で確認できるぞ。

ぷよぷよくん
上の2つと比べると小ぶりだけど…普通のシュークリームじゃないね!

先に紹介した2つのシュークリームに比べると小ぶりだが、一般的なシュークリームと比べると、でっかい。直径が約15cmあるらしく、1人でお腹いっぱいシュークリームを食べたいという願望を叶えるなら、このくらいのサイズがちょうどいいと思う。

さかじりのでっかいシュークリームは、中身が特徴的だ。中にはクリームのほかに、スポンジとイチゴも入っているのである。

クリーム・スポンジ・イチゴときたら、お気づきの人もいるだろう。そう、中身がショートケーキなのだ!

シュークリームとショートケーキを同時に味わえるなんて、最高じゃないか…! 近所にさかじりがあったら、通うのに…。氷見市に引っ越したい!

ガリガリさん
お前、今わりと真剣に氷見市に引っ越し考えてるだろ?
ぷよぷよくん
だってシュークリームとショートケーキっていうスイーツ2大巨頭の神コラボだよ?

シュークリームの雑学まとめ

シュークリームの"シュー"は日本語でキャベツ。名前の由来についての雑学まとめ

食べ物の雑学として、シュークリームのシューはキャベツということを解説した。キャベツを意味することも驚きだが、シュークリームが他の国では呼び方が違うことにも驚いた。

ニンジンケーキのように、野菜を使ったスイーツがこの世には存在する。もしかしたら、キャベツを使ったシュークリームも、どこかのお店で販売されているのかもしれない。見つけた人は、ぜひ食べてみてくれ!

ぷよぷよくん
シュークリームにキャベツが入ってなくても、軽いスイーツだからたくさん食べても問題ないよね…えへへ…
ガリガリさん
シュークリームが軽いってどんな感覚だよ…

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー