犬・猫

ダルメシアンは消防署のマスコット犬!その由来とは?

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

ダルメシアンはアメリカなどでは消防署のマスコット犬という雑学

白い体に黒いブチ模様が特徴的な大型犬・ダルメシアン。ディズニー映画の「101匹わんちゃん」で知った人は多いのではないだろうか? 家族に対しては陽気な性格だが、知らない人に対しては人見知りをするというギャップがある。

このダルメシアンだが、実は消防署と深い関わりがあることを知っているだろうか? 実は、アメリカでは消防署が描かれる際に、ダルメシアンがセットで描かれることがある。

なぜ「消防署とダルメシアン」なのか?

今回は、そんな雑学を紹介しよう。

【動物雑学】ダルメシアンはアメリカでは消防署のマスコット犬になっている

ライオンくん
どうしてダルメシアンは、アメリカとかの消防署ではマスコットになってるんだ?
ウサギちゃん
それはね、馬車があった時代にダルメシアンの存在が必要だったことが由来となっているんだよ。

【雑学解説】ダルメシアンは消防馬車の大事なパートナー!

消防馬車の大事なパートナー!というトリビア

これが消防馬車だ…!

今の時代の感覚では、消防署とダルメシアンの関連性にピンと来ないかもしれない。ダルメシアンが消防署の相棒になったのは、今から100年以上前、まだ馬車が現役だったころの時代だ。

もともとダルメシアンは馬と相性が良く、馬車と並走して野良犬などから馬を守ったり、馬泥棒から守ったりしていた。

ウサギちゃん
ダルメシアンの運動能力の高さやその見た目の優雅さから、貴族の馬車の伴走犬として活躍していたみたいだよ。

そして、馬車消防署の交通手段として使われるようになると、ダルメシアン消防署で働くようになったのだ。

火事が起きていざ出動! ダルメシアンは消防隊員とともに、馬車の横を走り、その鳴き声で行きかう人々に消防馬車の存在を知らせていた。このように、ダルメシアンは消防署の大事なパートナーだったのだ。

今となっては、消防署の乗り物となってしまった。つまり、時代の流れとともに、ダルメシアンの役目は終わったのだ。

しかし、それでも馬車時代にダルメシアンを使っていた国(アメリカ・カナダ・イギリスなど)の消防署では、ダルメシアンをマスコットとして仲間にしているところもある。

犬が働く場面は、牧場や狩り場など多岐にわたるが、まさか消防関係でも働いていたとは…。まさに犬は人間のパートナーである。

炎燃え盛る現場に同行し、そこで馬車を守っていたダルメシアン…。とてもかっこよくて、頼もしいパートナーだっただろう。

ライオンくん
ダルメシアンは見た目もりりしくてかっこいいしな~!

おすすめ記事

どんな犬種でも警察犬になれる!厳しい試験をクリアできれば…【動画あり】

続きを見る

スポンサーリンク

【追加雑学】ダルメシアンは生まれたときは真っ白

ダルメシアンつながりで、もう1つトリビアを紹介しよう。ダルメシアンといえば、あの黒いブチ模様が特徴的だ。しかし、このブチ模様は最初から付いているわけではない

実はダルメシアンは、生まれたばかりのころは真っ白なのだ! そこから月日が経つにつれて、徐々にブチが出てくるようになる。動画でその様子を見てみよう。

ライオンくん
本当だ!生まれた時は真っ白じゃないか!
ウサギちゃん
耳に少し黒い模様が入っているくらいだね。

ディズニーの「101匹わんちゃん」の実写映画「101」でも、そのことが分かるワンシーンがある。

ダルメシアンの毛皮でコートを作ろうと企む悪役・クルエラが、部下であるアニータが飼うダルメシアンに子犬が産まれたことを聞きつけ、アニータの家に訪れる。そこで子犬を見るのだが、クルエラはびっくり仰天!

なんと、子犬にはブチがなく、ただの白い犬にしか見えなかったのだ! クルエラはあまりのショックに「こんなのネズミじゃない!」と憤慨。そのあと、アニータがクルエラに「次第にブチが出てくる」とフォローをするシーンもある。

私は、犬の柄は生まれたときからあるものだと思っていた。それは、ダルメシアンでもそうだと思うほどだ。しかし、初めてダルメシアンの子犬を見たとき、私も驚いた。「ダルメシアンは生まれたときは白いんだ!」と。

もしも気になったら、「101」をぜひ見てみよう。一瞬だが、真っ白でブチのないダルメシアンの子犬を見ることができる。

ウサギちゃん
ダルメシアンは生後数週間経ってから、徐々に模様が出てくるんだよ。

雑学まとめ

ダルメシアンは消防署のマスコット犬!その由来についての雑学まとめ

ダルメシアンについての雑学、いかがだっただろうか。

ダルメシアンは、アメリカなどでは消防署のマスコット犬として親しまれている。その背景には、馬車が現役だったころ、馬車を守るパートナーとして消防隊員たちに同行していたというものがあった。

本来の役目は、車の時代になったことでなくなってしまったが、それでもマスコット犬として愛されている。馬車の守りとして活躍していたダルメシアンは、今では隊員たちの癒しとして活躍しているのだろう。

ライオンくん
犬と人間との関係って本当に深いよな~。
ウサギちゃん
そうだね。ペットはもちろん、警察犬や盲導犬、そして消防署のマスコット犬…人間の生活に欠かせない存在だよね!

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー