ルール雑学

ちゃんとあります。相手の同意がなくても離婚できる方法|ルール雑学

更新日:

 

相手の同意がなくても離婚できる方法に関する雑学

わたしは結婚もしていないので気持ちは分からないが、毎年多くの夫婦が離婚しているようだ。わたしは今20代後半であり、友達の結婚ラッシュの真っただ中だが、こうした友達の夫婦たちもいずれは離婚してしまうのか…? と、考えてしまう。

まあ夫婦2人で決めることだから致し方ないだろう。と考えていたら、相手の同意がなくても離婚できる方法があるらしい。そんなことできるのか。気になったのでその方法について調べてみた。

【ルール雑学】相手の同意がなくても離婚できる方法は?

民法で離婚要因となる事項が定められており、それに該当すれば相手の同意がなくても離婚できるのだ!

【雑学解説】法律で定められた離婚要因があれば離婚できる

前提として、まずは2人の話合いだ。パートナーに離婚したい旨を伝える。しかし話し合いがこじれ、どうしても話が前に進まないとなったら、弁護士に依頼して裁判となるのだが、民法で定められた離婚要因があれば、相手の合意がなくても裁判で離婚が認められるという流れ。

そして、民法770条1項で決められている離婚原因とは以下の5つだ。

  • 配偶者に不貞行為があったとき
  • 配偶者から悪意で遺棄されたとき
  • 配偶者の生死が3年以上明らかでないとき
  • 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき
  • その他婚姻を継続しがたい重大な理由が存在するとき

「不貞行為」とは配偶者以外の人と性的な関係をもつことだ。簡単にいえば、不倫のことだ。芸能人の不倫が連日のようにマスコミをにぎわせているが、不倫をしてしまうと離婚を切り出されても応じるしかないのだ。

ちなみに異性に限らず、同性とのあいだでも不倫は成立する。実際に不倫をされたら、相手が異性の場合と同性の場合では、どちらがショックを受けるのだろう…。一概にはいい切れないところだと思う。

「悪意の遺棄」とは、夫婦の同居義務・協力義務・婚姻費用分担義務のいずれかを満たさないことだ。知らない人も多いかと思うが、夫婦になるとこれらの義務が発生するのだ。つまり別居状態では、夫婦の同居義務を果たしていないので、合意していなくとも離婚が認められやすいのだ。

「その他婚姻を継続しがたい重大な理由」には、暴力や暴言・モラハラなどさまざまな事情が考えられる。

【追加トリビア①】離婚原因で一番多いのが「性格の不一致」

厚生労働省の調べでは、近年では日本の夫婦の3割(25万組)が離婚するといわれているが、離婚する原因で一番多いのは「性格の不一致」である。

最高裁判所が開示している、平成27年度の司法統計調査を参考に出されたアンケート結果によると、男女両方とも離婚の要因で、性格の不一致が第一位になっている。

離婚の申し立てが67,779件のなか、夫が11,277件、妻が21,446件、性格の不一致を離婚原因に挙げている。

性格のことなんて結婚する前に分かるだろう、と思ってしまうところだが、そう思っているのは未婚の人たちだけらしい。

実際に結婚して一緒に住んでみたら、今まで発見できなかった短所が発見されたり、今まで見過ごしていた短所も見過ごせなくなってしまうのだろう。

【追加トリビア②】卒アル写真で笑顔でない人は離婚率が5倍

アメリカの心理学者ハーテンステインさんが執筆した「卒アル写真で将来は分かる予知の心理学」によると、卒アル写真で満面の笑みを浮かべていた人に比べて、さほど笑っていなかった人の離婚率は5倍にあがるとのこと。

これはさまざまな年代の男女、650人以上の卒アル写真を集め、口角の上がり具合などから笑顔の度合いを点数化して、結婚生活がどうなっているのか調べたものだ。

一見信じられないが、結婚生活においては笑顔が重要だということだろう。

トリビアまとめ

いかがだったあろうか。説明してきたように、一定の事項に該当すれば相手が同意していなくても離婚が可能だ。だけども、一度は愛し合った夫婦だ。裁判で離婚を争うようにはなりたくないものだ。

出来ることなら話し合いで、というか離婚しない方向でもっていきたいと思うが、そこは理想論。気持ちが離れてしまうのはどうしようもないのだろう。わたしも離婚しないよう、結婚相手選びは慎重にしようと思った。

こちらの記事もおすすめ!

Copyright© 雑学カンパニー , 2019 All Rights Reserved.