雑学まとめ

空・太陽の雑学まとめ8選!トリビア&豆知識を一覧にしました

空・太陽の雑学まとめ

太陽の日差しが降りそそぐ晴れの日は、洗濯日和で気持ちがいい。曇りの日は少し気分が落ち込むが、日差しの厳しい夏にはそんな日も過ごしやすかったりする。

空と太陽はその日の行動や気分にも影響を与えるほど、身近で重要なものだ。だが、あなたは空と太陽のことをどれだけ知っているだろう? 普段踏み込まないその領域には、まだまだ未知の世界が広がっている!

今回は紫外線などの身近な話題から、壮大な宇宙に関するものまで、空と太陽に関する雑学記事を紹介していくぞ!

空・太陽の雑学まとめ8選!トリビア&豆知識を一覧にしました

空と太陽について書かれた雑学記事をチェックだ!

空と宇宙の境界線に関する雑学

空と宇宙の境界線は?に関する雑学
空と宇宙の境界線はどう決められてる?大気圏とは?

続きを見る

空に浮かぶ雲と太陽。雲は空にあり、太陽は宇宙にある。地上からどこまでが空で、どこからが宇宙なのか…。そもそもちゃんと境界線があることを知らなかった…。

空と宇宙の境界線には、オシャレでかっこいい名前もつけられているぞ!

雲ができる仕組みに関する雑学

雲は何でできてる?なんで白い?…答えられる?

続きを見る

フワフワの雲をベッドにしてお昼寝をしてみたい…。

そんなメルヘンな夢を卒業し、現実と向き合うときがきたようだ。雲がなにからどのように作られ、実際に雲に乗ることはできるのか? そんな雲の正体にせまったのが、この記事である。

地震の前に見られるという、「地震雲」の信憑性はいかに?

太陽の温度に関する雑学

太陽の温度はどのくらい?に関する雑学
余裕で溶けます。太陽の温度は6000度〜1500万度くらい。

続きを見る

太陽の温度は何度? 理科の授業で習った気がするのに、ものすごく熱いとしか思い出せない…。

ん? めっちゃ熱いはずの太陽に、常温説が存在するだと? 太陽が常温だとしたら宇宙に関する常識もまた、いろいろとくつがえってきそうだが…。

スポンサーリンク

曇りの日の紫外線に関する雑学

紫外線は快晴の日よりも曇りの日のほうが危険という雑学
太陽光に注意!紫外線は快晴よりも曇りのほうが危険

続きを見る

晴れた日は日焼け止めを入念に塗ってから外出するけど、曇りの日は大丈夫かなと思い手を抜いていた…。そんな人って意外と多いのでは?

実はこの油断こそが肌を危険にさらしていた…!

曇りの日の紫外線だけでなく、冬のスキー場での日焼けも危険なようだ! 日焼け対策はばっちりだと思っている人も、今一度確認してみては?

空が青い理由に関する雑学

光の性質だった!空が青い理由とは?

続きを見る

「どうして空は青いの?」と子どもに質問されても、もうごまかす必要はない。空が青いのはアレと関係があるとわかったのだから!

昼間は空が青いのに、夕焼けの空が赤い理由も科学的に解明されている。空の色に関する雑学はこれでバッチリである!

恒星の寿命に関する雑学

恒星にも寿命があるという雑学
太陽もいずれ死ぬ…。恒星には寿命があるが惑星にはない

続きを見る

大昔から当たり前のように存在する太陽が、ある日突然なくなったら…? 太陽にも寿命があり、命が尽きる日は刻一刻と近づいている。

そして太陽に寿命があるのなら、私たちの住む地球にも寿命があるのでは?

その疑問の答えは、この記事の中で垣間見られる。

宇宙のチリと太陽の誕生の関係性に関する雑学

太陽が生まれたのは約50億年前という雑学
太陽が生まれたのは約50億年前。どうやって誕生した?

続きを見る

太陽はどのようにして誕生したのだろう? いきなり、ドーン! と大きな太陽が誕生するわけはない…。太陽の誕生は謎だらけだ。実に興味深いトリビアである。

太陽の絵を描くとき、あなたは何色で塗るだろうか。赤色? それとも黄色? 宇宙空間で見る太陽は、そのどちらでもないというぞ!

太陽の熱と光の正体に関する雑学

太陽は燃えているわけではなく爆発しているという雑学
核融合!太陽は燃えているわけではなく"爆発"している

続きを見る

太陽はほんとは燃えてなんかなかった…。燃えるよりもはるかに凄まじい現象が、そこには繰り広げられている! 地球まで届く光と熱の正体は、絶えず生み出され続ける莫大なエネルギーそのものである。

もう壮大過ぎて想像が追い付きません…。

いま読まれている記事

© 2020 雑学カンパニー