犬・猫

全然見えてない…。犬の目は"青"と"黄色"のみ認識することできる

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

犬の目は青と黄色を認知することができるという雑学

動物の見える世界は、私たち人間が見る世界とは違う。それは、人間の友達である犬もそうだ。犬も、私たちが見えているようなカラフルな世界が見えているとは限らない

それでは、犬はどのような色の世界が見えているのだろうか? 今回は、知っているようで知らない、犬の色の世界に関する雑学を紹介しよう。

【動物雑学】犬の目は青と黄色だけしか認識することができない

ライオンくん
犬の目は青と黄色が認知できるって聞いたけど、じゃあほかの色はどうなんだ?
ウサギちゃん
ほかの色はね、青や黄色の中間色に見えたりグレーに見えたりしているんだよ。

【雑学解説】とっても少ない!犬が識別できる色

犬の目で見える世界は、私たちが見えている世界とだいぶ違う映り方をしている。視力大体0.3ほどで、ぼやけて見えているようだ。そして、視力だけではなく色の識別人間とは全然違う

カリフォルニア大学の研究によると、犬が識別できる色は、大きく分けると2種類! 黄色のみだ。その他の色も「色」として認識はできるのだが、「黄色っぽい色」「青っぽい色」といった具合に、青や黄色に似たような色と認識している。

ライオンくん
思ったよりも犬は色を識別できないもんなんだな~。

例外なのは赤色だ。赤色は、犬にとってはグレーに見える。しかも暗いグレーだ。色の組み合わせによっては、特に識別しにくい色である。

そういえば私の犬も、赤色のおもちゃで遊んでいる時に、よくおもちゃを見失うことがあった。「近くにあるのになんで分からないんだろう?」と不思議に思っていたのだが、あれは赤色が認識できなくて見つけられなかったのかもしれない。

そう思うと、ちょっと悪いことしてしまったかなと反省する。

犬のおもちゃを選ぶときは色に注意したいものだ。私たちが「この色可愛い!」と思っても、犬にとってその色が見えにくいこともある。できるだけ青や黄色といった、犬にとって分かりやすい色の方が、遊びやすいだろう

ウサギちゃん
エサのお皿も、青や黄色の方が飼い犬は認識しやすいかもね!

スポンサーリンク

【追加雑学①】なんで犬は認識できる色が少ないの?

犬が人間と違って、認識できる色が極端に少ないのは、眼の構造にある。

私たちが色を識別できるのは、眼の中にある錐状体(すいじょうたい)という細胞が関係している。人間の場合は、青・緑・オレンジの3種類に反応することができ、この反応が合わさることで、私たちは様々な色を認識することができるのだ。

では、犬はどうだろうか? 犬の場合は、人間のような錐状体ほとんどない。あるにはあるのだが、2種類にしか反応できず、その色が青と黄色なのだ。

ライオンくん
青と黄色にしか反応できないっていうけど、盲導犬は赤信号で止まっていないか?
ウサギちゃん
あれには『秘密』があるんだよ…。

おすすめ記事

盲導犬には信号の色が見えている?に関する雑学
盲導犬のスゴさ。飼い主との連携プレーで信号を渡る【動画あり】

続きを見る

【追加雑学②】色は識別できなくても犬の動体視力は優れている

識別できる色が極端に少ない犬。視力もぼやけているし、目がとても悪い印象をもってしまう。しかし、犬の目は悪いところばかりではない。犬の目の凄いところは、動体視力が優れているところだ。

特に牧羊犬や狩猟犬として活躍していた犬種は、動体視力がとても良い。見ている対象が動いていれば、動いていないときよりも認識しやすいことも分かっている。

視力が悪いのに、フリスビーやボールをキャッチすることができるのは、動体視力が優れているおかげなのだ。こういった点も、私たちとは違う見え方をしていることが分かるトリビアである。

ウサギちゃん
犬の動体視力は人間の4倍といわれているんだ。

雑学まとめ

今回は、犬が見ている「色」についての雑学を紹介してきた。犬の目は、青と黄色を認識することができる。その他の色は「青っぽい色」「黄色っぽい色」といった具合にしか認識できず、中でも赤は暗いグレーに見えてしまっているようだ。

私は昔、「犬の見える世界はモノクロの世界」と聞いたことがあった。しかし最近の研究で、少しとはいえ色が認識できていることが分かって、「あぁ、見え方は違うけど、犬の世界にも色があるんだ」と安心したものだ。

ライオンくん
猫の視力だって0.1~0.2っていわれているし、視力なんて生活していくうえでそんなに重要じゃないと思うぜ?
ウサギちゃん
うーん…猫も動体視力がいいからなぁ…。人間は動体視力が低い分、他の動物よりも多くの色を認識できるのかもしれないね。

おすすめ記事

古代日本には、色が4色しかなかったという雑学
不便…?古代日本には赤・青・白・黒の4色しかなかった。

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー