犬・猫

全く別物!ドッグフードとキャットフードの違いって?

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

ドッグフードとキャットフードはどう違う?に関する雑学

犬、そして猫は、いわずもがなペットの王者とも呼べる存在である。その愛くるしい姿に人間たちはいつも骨抜きにされている。筆者もその一人だ。

ところで、ペットを飼ううえで必要不可欠なもののひとつにごはんがある。ペットフードだ。ペットフードは動物の種類によって分類されており、それぞれ専門のフードが売られている

そのなかでも、隣同士に並んでいることの多いドッグフードとキャットフード。似たような見た目だけど、中身にどんな違いがあるのか疑問に感じたことはないだろうか。

ワンちゃんやネコちゃんには向いてないだろうけれど、おたがいのごはんをこっそり入れ替えても気がつかない気がする…。今回はそんな、ドッグフードとキャットフードの違いに関する雑学をご紹介しよう!

【動物雑学】ドッグフードとキャットフードの違いは?

ライオンくん
どっちもクソまずそうだけどな。
ウサギちゃん
ライオンくんは動物の肉しか食べないからそう思うかもしれないけど、けっこう美味しいみたいだよ。話を戻すと…犬と猫は必要とする栄養素が違うから、ドッグフードとキャットフードも全く別のものなんだよ。

【雑学解説】ドッグフードとキャットフード、違いは材料にあり!

ドッグフードとキャットフード、違いは材料にあり!というトリビア

基本的に犬は「雑食」、猫は「肉食」だ

犬が積極的に狩りをする場面に出くわすことはないが、猫がネズミや小鳥を狩っている姿を目にしたことのある人もいるのではないだろうか。

おすすめ記事

ネコの好物は世界各地で違う!"魚好き"は日本だけ…?【動画】

続きを見る

筆者の飼い猫はときどき肉食獣の本能を発揮し戦利品のネズミをプレゼントしてくれる。…ありがた迷惑ではあるが…。

食事の趣向が異なる犬と猫はもちろん、体にとって必要な栄養素が変わってくる。たとえば、脂肪・たんぱく質・炭水化物からなる「三大栄養素」の必要量の割合が少しずつ違うのだ。猫の方が犬よりもたんぱく質を多く必要としているのである

犬は「雑食」なので植物由来の栄養も上手に吸収することができるが、猫は「肉食」なのでそうはいかない。また、犬に比べて猫は自らの体で生成できる栄養素が少ない。よって、猫の方が食べ物から摂取すべき栄養が多くなる

このように犬と猫が必要とする栄養素には多くの違いがある。ペットフードは当然、それぞれの種に適した材料を使っているので、ドッグフードよりもキャットフードの方がよりたくさんの栄養を含んでいる

つまり、猫にドッグフードを与えると「栄養不足」に、犬にキャットフードを与えると「栄養過多」になってしまうのである。

ウサギちゃん
ちなみに、ボクたちうさぎはご存じの通り基本は草食なんだけど、なかには肉食のウサギもいるんだよ。

【追加雑学①】犬や猫に毎日同じペットフードを与えても飽きないの?

ところで、ペットを飼っている人からすると、ペットに毎日同じペットフードを与えることに疑問を感じることもあるのではなかろうか。人間からしたら、毎日同じおかずを食べたら飽きるし、他のものを食べたくなるものだが犬や猫はどうなのだろう。

結論からいうと、犬も猫も、同じものを食べて飽きることはない

私たちが何かを食べて「おいしい」と感じるのは舌の上にある味細胞によるものだ。もちろん人間だけでなく、犬や猫にも味覚を感じる器官は備わっているが、人間と比べて数が少ない。犬は人間の5分の1、猫は人間の10分の1程度しか味を感じることができないのである

ライオンくん
むしろ新しい味に対する恐怖の方が強いから、食べ慣れたものを口にしていたいよな。

おすすめ記事

「味」は温度によっておいしさが変わるという雑学
"味"は温度によっておいしさが変わる!知っておきたい味覚の仕組み。

続きを見る

辛味と渋味は味覚ではない、という雑学
感覚?"辛味"と"渋味"は味覚の中には含まれない?

続きを見る

そのため、犬や猫にとっての食事は私たちのように味を楽しむものでなく、あくまで生きていく中での必要な栄養補給であり、味覚も安全を判断するためのものでしかないのだ。

スポンサーリンク

【追加雑学②】人間がペットフードを食べるのは問題ナシ?

人間がペットフードを食べるのは問題ないのか?というトリビア

犬と猫で全く異なるペットフードを食べていることはわかったが、それでは人間がペットフードを食べるのはどうなのだろうか

人は同じ「雑食」なので犬と必要な栄養素の割合が似ている。なので栄養面からいって、ドッグフードを食べることはそこまで問題ないようだ。とはいえ、人間と犬も必要な栄養に偏りはあるので、継続的に食べることが良いとはいえない

逆にキャットフードは、犬がキャットフードを食べることと同じ理由でNGだ。

どちらも味見程度で食べる分には問題はないが、日常的に食べると体に悪い影響をおよぼしかねない。

また、ペットフードは食品添加物が含まれていることから考えても、人間にとって危険性がある。それぞれ管轄の法律が異なるため、人間の食べる食材には使ってはいけないとされる添加物がペットフードには含まれている可能性があるのだ。

これは人間のみならずペットにとっても問題となる場合があるので、ペットに与える食事も信頼できるメーカーを選びたい。

ライオンくん
オレみたいに動物の肉をダイレクトに食うのが一番だと思うぜ?!
ウサギちゃん
うーん…それは一概にそうとはいえないかも…。人間が開発したペットフードには、その動物が必要な栄養素がバランスよく入っているからね。飼い主さんだって新鮮な肉を用意するのは大変だし。

雑学まとめ

全く別物!ドッグフードとキャットフードの違いについての雑学まとめ

今回の雑学で、ドッグフードとキャットフードは、それぞれ入っている栄養に違いがあることがわかった。犬には犬の、猫には猫の、それぞれに合わせて作られたペットフードを食べることが大切だ

必要な栄養がしっかり入っているペットフードは、彼らにとっての「スーパーフード」。油断すると栄養が偏りがちな人間にとっては栄養バランスが完璧なペットフードは少し羨ましい気もする。

ライオンくん
ところで、ライオンがキャットフード食べても問題ないのか?
ウサギちゃん
人間がライオンやトラにキャットフードを与えてみたっていうケースもあるみたいだから問題はないと思うけど、味見程度がいいと思うな。食べ慣れたものを食べるのが一番だと思うよ。

おすすめ記事

アボガドは犬と猫に与えてはいけないという雑学
ペットに有害!犬・猫にアボカドを与えてはいけない理由とは?

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー