歴史雑学 面白い雑学

自殺を防げ!江戸時代は"おならを身代わり"する職業があった【屁負比丘尼】|面白い雑学

江戸時代にはおならをした人の身代わりになる人が設けられていたという雑学

「人前でおならをすることなんて、恥ずかしくもなんともない!」などという女性はそうそういないだろう。うっかり出てしまったなら可愛らしいものだが、そこまで堂々とされるとちょっとびっくりしてしまう。

そう、いつの時代でもおならが恥ずかしいのは変わらないものだ。なんでも江戸時代には、おならをした人の身代わりになる職業まであったという…。何もそこまでしなくても、おならぐらいで誰もとがめたりしないのに…。

噂を辿ってみるとそこには、あらゆることが商売になり得た、江戸時代独特の文化があった!

【歴史雑学】江戸時代にはおならをした人の身代わりになる人が設けられていた

身分の高い女性にとっておならは死活問題。付き人が身代わりになることで、自殺や引きこもりを防いでいた!

【雑学解説】身分の高い女性に付き人として同行する「屁負比丘尼(へおいびくに)」という職業があった

身分の高い女性に付き人として同行する「屁負比丘尼(へおいびくに)」という職業があったというトリビア

江戸時代、大名の家柄などで身分の高い女性にとって、おならはまさに死活問題になっていた。なんでも見合いの席でおならなんかしてしまおうものなら、恥ずかしくて自殺してしまう女性もいたそうだ。

…おならをしたことよりも、おならが理由で自殺するほうがよっぽど恥ずかしいと思うのだが…。そうでなくても、「もう人前には出られない!」と引きこもってしまう女性が後を絶たなかったのだとか。うーむ…なんともデリケートな人たちである。

そんな社会問題ともいえるような状況において、誕生した職業が「屁負比丘尼(へおいびくに)」だ! 「比丘尼」というのは女性僧侶…つまり付き人のこと。そして「屁負」とは読んで字のごとく、「おならの身代わりしまっせ!」ということである。

屁負比丘尼は見合いなど、仕えた女性が人と顔を合わせる機会には、必ず同行する。そして万が一、その女性がおならをしてしまうことがあれば「今の私です!」と名乗りを上げるのだ。まるでバカ殿様にでも出てきそうな展開だが、れっきとした実話である。

スポンサーリンク

【追加トリビア①】江戸時代の絵巻物にもおならを題材にしたものが存在する

江戸時代に、おならがとんでもない恥だとされていたのかと思ったが、それは身分の高い女性においてだけの話らしい。その証拠に、おならを題材にした江戸時代の絵巻物が、早稲田大学の図書館に所蔵されている。その名も『放屁合戦』だ。

絵のタイトルから察しても、もうすでにおならを恥じる気持ちなんて、これっぽっちもない。案の定、絵の内容はいろんな人々がおならをこき合っている。しかもお尻を丸出しにして…。

防壁を突き破ったり、人間の何倍も体重がある馬を吹き飛ばしたりと、人知を超えたおならの威力…。おならを袋に集めて放つ、いわゆる「にぎりっぺバズーカ」のようなものまで出てくる。女性も男性もお構いなしだ。なんともお下劣極まりない…。

江戸時代の庶民たちは、こういった絵を眺めて談笑していたのだろう。実際におならをしたとしても、きっと笑い話のネタになっていたはずだ。身分の高い女性たちも、それぐらいの気構えでいられたら楽だったろうに…。

【追加トリビア②】江戸時代にはびっくりするような職業がたくさん

この他にも江戸時代には今では職業になり得ないような仕事がたくさんある。殿様がトイレに行きたくなったときに尿瓶を差し出す仕事や、レンタルふんどし屋なんてものもあったらしい。

トイレに行きたいといって尿瓶など差し出されたら、恥ずかしくて逆に迷惑だ。レンタルふんどし屋は今でいう貸衣装屋のような感じなのだろうが…さすがに現代でパンツを借りることはないだろう…。

それほど江戸時代の庶民たちは、あらゆることを仕事に結びつけてお金を稼ぐ必要があったのだ。

トリビアまとめ

自殺を防げ!江戸時代は"おならを身代わり"する職業があった【屁負比丘尼】というトリビアまとめ

江戸時代、身分の高い女性にとっておならはこの上なく恥ずかしい行為だった。その女性たちだって、同じ人間なのだから、おならぐらいするだろう…と思ってしまう。しかしそのように捉えられていたら、屁負比丘尼は生計を立てられなかった。

おならの身代わりをするだけで、給料が出るのだ。おならを巡る社会問題は、庶民にとってはありがたいものだったのかもしれない。なんにせよ、江戸時代の庶民たちの商売人根性には、恐れ入るものがある。

こちらの記事もおすすめ!

Copyright© 雑学カンパニー , 2019 All Rights Reserved.