健康

1日3個の卵で善玉コレステロールの性能がアップする可能性が!

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

1日に3個の卵を食べるとコレステロールの性能がアップするかもという雑学

皆さんは毎日、卵を食べているだろうか。卵はコレステロールを上げて心疾患の原因になるから、あまり食べていないという人もいるかもしれない。

しかし、そういった考えは一昔前のものとなり、逆に現代では卵によってコレステロールが改善するといわれている。いまや卵は健康食の一つとなっているのだ。

今回の雑学記事では、そんな卵を食べるメリットについて紹介しよう。

【人体雑学】1日に3個の卵を食べるとコレステロールの性能がアップするかも

科学者くん
ボクのお父さん、卵を食べすぎるとコレステロールが高くなるって言って、あんまり食べないんです。
ダヴィンチさん
その考えはもう古いよ。最近の研究では、『1日に3個の卵を食べるとコレステロールの性能がアップするかもしれない』というものがあるんだ。

【雑学解説】1日に3個の卵を食べるとコレステロールの粒子サイズが上がる

1日に3個の卵を食べるとコレステロールの粒子サイズが上がるというトリビア

アメリカのコネチカット大学の研究で、卵と健康について調べたものがある。この実験では、若くて健康な18歳~30歳の40名の男女を対象としたもので、実験期間は14週間で次のような形で行われた。

  1.  最初の2週間は、卵をまったく食べない生活をする
  2.  次の4週間は、卵を1日1個だけ食べる生活をする
  3.  さらに次の4週間は、卵を1日2個食べる生活をする
  4.  最後の4週間は、卵を1日3個食べる生活をする

そして、この実験では、特に運動も指示せずに卵以外については、普段の食事を続けてもらった。

その結果、卵を1日に3個食べる生活をした参加者は、コレステロールの粒子サイズが上がり、全体的にコレステロールの機能が改善したのである。

具体的には、大きいサイズのHDLコレステロール(善玉コレステロール)は6%~13%増加し、大きいサイズのLDLコレステロール(悪玉コレステロール)も21%~37%増加したのだ。

科学者くん
あれれ?悪玉コレステロールが増加したらダメじゃないですか?!

LDLコレステロールまで大きくなってしまったら、むしろ良くないのではと思われる人もいるだろう。しかし、LDLコレステロールは小さい方が悪さをするのである。

どういうことかというと、LDLコレステロールは小さい方が血管の壁につきやすく、大きい方が血管の壁につきにくいのである。つまり、大きい方が血管は詰まりにくいので、人体にとっては良いのだ。

そして、HDLコレステロールは大きいサイズが増えることで、動脈硬化のリスクとなる血管の壁にこびりついたプラークを取り除く能力が改善したのである。さらに、血中のルテインやゼアスタキサンチンといった抗酸化物質も20%~31%増えていた

卵を食べることで動脈硬化の原因物質まで取り除いてくれるとは…。血管周辺で良いことが起きまくっているようである。

もちろん、食べ過ぎると他の悪影響が出ると思われるので、卵は1日に3個までにすることをおすすめする。

科学者くん
でも、糖尿病とか病気にかかっている人は3個も食べるのはちょっと危険な気もしますけど…。
ダヴィンチさん
いい質問だね。それでは、次からは『糖尿病と卵の関係』を調べた研究を見ていこうか。

スポンサーリンク

【追加雑学】糖尿病の人も1日2個までなら卵を食べても大丈夫?

糖尿病の人も1日2個までなら卵を食べても大丈夫?というトリビア

オーストラリアのシドニー大学の研究で、糖尿病と卵について調べたものがある。

この実験は、糖尿病と診断された140名の男女を対象に実験期間を1年間として、2つのグループに分けて行われた。参加者のBMIは25以上で、ふくよかな方々が参加している。

  1.  朝食に1日2個の卵を食べるグループ
  2.  1週間に2個までの卵に制限するグループ

ここでの卵の調理方法は、ゆで卵かポーチドエッグをメインとしていて、普段の食事は地中海式ダイエットを心掛けてもらっている。

その結果、1年後の参加者のコレステロールや体内の炎症状態を調べたところ、特に変化が見られなかった

具体的には、HDLコレステロール・LDLコレステロールはともに1.と2.のグループで違いはなかった。また、体内の炎症・糖の代謝・体型の変化などにも違いはなかった。

つまり、実験によると糖尿病の人も1日2個までの卵であれば、食べても大きな問題はないということが考えられる。

ただし、今回の実験のポイントは2つあり、1つが卵の個数で、もう1つが普段の食事は地中海式ダイエットを心掛けてもらっている点だ。

科学者くん
地中海式ダイエットって何ですか?
地中海ダイエットとは

地中海式ダイエットについて、簡単に説明すると、

  1.  食事から摂取する脂肪は、バターやオリーブオイルをメインとする。
  2.  肉類は、脂身の少ない肉・鶏肉・魚をメインに食べる。加工肉は食べない。
  3.  アイスクリームを食べている人はそれをギリシャヨーグルトに変える。

みたいなことである。

ダヴィンチさん
地中海式ダイエットとは、その名前の通りイタリア・スペイン・ギリシャ・モロッコなど、地中海沿岸の国で行われている食事方法のことなんだ。

参加者には普段の食事でこれを心掛けてもらっていた。

つまり、正確に考えると、健康的な食事をしている人であれば、糖尿病をもっていても卵を1日に2個までは食べても構わない可能性があるのだ。

もちろん、糖尿病と診断された時点で、なんらかの食事の見直しをされている人も多いと思われるので、医師と相談しながらだが、もし良ければ地中海式ダイエットを試してみてはどうだろうか。

雑学まとめ

毎日食べて健康に!卵で善玉コレステロールの性能がアップする?という雑学まとめ

今回は、卵を食べるメリットについての雑学をご紹介した。

昔は1日1個までといわれていた卵が、今では1日3個食べた方が体に良いと考えられる時代になった。1日3個の卵を食べることで、コレステロールが改善し、血管内がきれいになり、動脈硬化も予防できる可能性がある。非常にありがたいことだ。

また、糖尿病の人健康的な食事を心掛けることで、1日に2個までの卵は摂取できる可能性があるので、普段の食事にお好きな卵料理を取り入れてみてもいいかもしれない。しかし、医師とのご相談はお忘れなく。

私もこの研究結果を知ってから、気兼ねなく1日3個の卵を食べている。健康面でも今のところなにも問題なく、体調は良好である。

科学者くん
さっそくお父さんに教えてあげなくっちゃ!本当はお父さん、ゆで卵が大好きなんです!
ダヴィンチさん
そうなんだね。これからはお父さんも気兼ねなくゆで卵を食べられるね。

おすすめ記事

卵かけご飯を食べているのは日本だけという雑学
生デ食ベルノカヨ!?卵かけご飯を食べているのは日本だけ!

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー