歴史雑学

あだ名の多い音楽家!シューベルトのニックネームは"キノコちゃん"|歴史雑学

シューベルトのニックネームは「キノコちゃん」?に関する雑学

音楽室に飾られている肖像画の中で、「眼鏡をかけている作曲家は?」と聞かれると、「シューベルト!」と、ほとんどの人が答えるだろう。

そのぐらい有名であり、シューベルトの曲は知らなくても彼の肖像画は、一度は見たことがあると思う。眼鏡がよく似合う端正な顔立ち。「歌曲の王」と呼ばれていて、ベートーヴェンからも「彼の音楽にはまさに神々しいほどのひらめきが宿っている」と賞賛されたほどの天才作曲家である。

だが、その当時のニックネームは、なんとも可愛らしい「キノコちゃん」だったというのだ。

このニックネームを聞いただけで、かなり親近感が湧くのは筆者だけではないだろう。早速、シューベルトのニックネームについて、掘り下げてみよう!

【歴史雑学】シューベルトのニックネームは「キノコちゃん」?

シューベルトは160cmにも満たない低身長なのに、頭が非常に大きい。その外見から、いつのまにか周りの友だちから「キノコちゃん」と呼ばれるようになったという。

【雑学解説】正確には「マッシュルームちゃん」

シューベルトのことを調べていくと、音楽室にある肖像画と、実際のシューベルトとは少しイメージが違ってくる。太くて短い首に、小さな手足。額が広く丸く突き出ていている。

書いていると悲しくなってくるほど、外見はマイナス面が多い。つまりは、“ずんぐりむっくり”なのだ。

キノコといっても、種類は様々ある。しめじにエリンギ・エノキにまいたけ。彼のニックネームになったキノコの種類は、マッシュルーム。

なので、正確にいえば「マッシュルームちゃん」なのだ。

【追加トリビア①】他にも様々なニックネームが!

その他にも、様々なニックネームがあったようである。

彼の外見から、「マッシュルーム」や「太っちょ」と呼ばれることが多かったようだが、その他には「スポンジ」や「ブヨブヨのパン生地のかたまり」などといわれていたようだ。

これは、彼の髪の毛が茶色でくせ毛だったことと、何日もお風呂に入らなくても平気だったので、いつも身なりが汚らしかったことからつけられたようだ。

それにしても酷いいわれようである。

これが現代の日本社会なら、「いじめに繋がるニックネームを天才作曲家に付けたのは誰か!」という見出しで、大問題になっていたかもしれない。

スポンサーリンク

【追加トリビア②】それでも人気があった理由

様々なニックネームがつけられたシューベルトだが、当の本人は、別段気にしていなかったようだ。それは、そのニックネームに「いじめ」ではなく「愛」を感じていたからであろう。

実際に、彼を応援する友だちは大勢いた。天才的な音楽の才能に魅了されていたのはもちろんだが、とても楽観的で陽気、そして優しくて親切なところも人気を集めた理由であろう。

特に付き合いが深い友だちは、彼に部屋を貸したり、食事を用意したり、コンサートやオペラのチケットをタダであげたりするなど、まるで彼のパトロン(経済的な援助をする人や後ろ盾になる人のこと)のような役割をしていたようである。

彼らは、天才的なこの芸術家のかなり変わった外見や性格、私生活も含めて気に入っていたのであろう。

トリビアまとめ

少し笑ってしまうような可愛らしいニックネームから、シューベルトの奥深くて人なつこい性格がかいまみれる。

シューベルトのことを「マッシュルームちゃん」と呼んでいる友だちは、彼が新しく作った曲を聴くたびに、身動きひとつせずに聴き入っていたのだ。

この才能あふれるシューベルトのことを、ニックネームで呼ぶことで、それほど仲が良いことを自負していたのではないだろうか。

さらには、あまりにも才能が秀でていて雲の上のような存在のシューベルトを、ニックネームで呼ぶことで、親近感を湧かせ、安心していたようにも思える。

今も昔も、ニックネームがたくさんあるほうが、愛らしく人気者が多いということであろう。

こちらの記事もおすすめ!

Copyright© 雑学カンパニー , 2019 All Rights Reserved.