食べ物の由来

"久兵衛"生まれ!軍艦巻きが生まれた理由はイクラがきっかけ

軍艦巻きが生まれた理由に関する雑学

みなさんはお寿司が好きだろうか? 私は好きだ。回転寿司に家族でときどき行ったりする。

マグロ・イカ・はまち・赤貝・たまご・イクラ…。小さなサイズながら見た目にも鮮やかでいろいろな味が楽しめるお寿司。

日本が誇る食事の一つであろう。そんなお寿司の中には握り寿司をはじめ、巻物や軍艦巻きといったものがある。

この軍艦巻きが登場した理由を今回の雑学ではご紹介しよう。

【食べ物雑学】軍艦巻きが生まれた理由は?

軍艦巻きは「イクラの寿司が食べたい」というお客の要望から生まれた。

【雑学解説】軍艦巻きは「イクラの寿司が食べたい」というお客の要望によって生まれた

軍艦巻きは「イクラの寿司が食べたい」というお客の要望によって生まれたというトリビア

お寿司の歴史を紐解いてみると、実はかなり昔から存在していたことがわかる。現在は日本食の代表ともいうべき食事だが、発祥は紀元前4世紀ごろだ。

東南アジアの山地民族の中で生まれた。もともとは川魚の保存方法として登場したもので、コメなどの穀類と魚を一緒に漬けて保存したといわれている。

日本に伝わったといわれるのは718年のころ。今の形に近い握り寿司の形になってきたのは1829年の江戸前寿司と呼ばれるものだ。

1897年ごろからは製氷技術の発達により生魚を利用することが多くなる。江戸時代にポピュラーだった大きなサイズのお寿司から今のサイズに近いものに変わってきたのだ。

そして少しずつお寿司が全国に広まってきた1941年のこと、東京の銀座にある寿司店「久兵衛」の常連でもあった一人の客の言葉から軍艦巻きが登場することになる。

「イクラの寿司が食べたい」

その客は「イクラの寿司が食べたい」と注文を付けたそう。しかし当時は握り寿司が主流。

横にこぼれてしまうようなイクラやうにを使ったお寿司は存在しなかった。久兵衛の店主である今田寿治さんがその客の要望に応えるべく考案したのが軍艦巻きだ。

横にこぼれるのを防ぐため、のりを巻いてその上にイクラやうにを乗せる、今では当たり前のように見るお寿司だ。

関連雑学

天然イクラと人工イクラの見分け方に関する雑学
天然イクラと人工イクラを簡単に見分ける方法とは?ダマされてない…?

続きを見る

当時はゲテモノ扱いだった

当時はゲテモノ扱いだったというトリビア

しかし当時はかなり批評されたそうだ。NHKのラジオ番組でも「ゲテモノ」と言われるほど。

どの時代も新しい発明や想像を超えたものにはなかなか手厳しいものだ。

はじめこそ嫌煙された軍艦巻きだが、徐々に受け入れられるようになり、少しずつバリエーションが増えていくことになる。

ちなみにこの「軍艦巻き」の名前の由来は、そのままの通り「軍艦」に見た目が似ているというところからだ。

現在の回転寿司などはメニューの3分の1くらいが軍艦巻きだったりするところもあるだろう。私も大好きだ。特にかにかまやツナサラダなど。

当時の寿司職人に見せたら気絶モノの組み合わせだろうなと思う。

関連雑学

知りたくなかった…回転寿司の玉子には黄身が使われていない?

続きを見る

スポンサーリンク

【追加雑学】イクラの軍艦巻きにキュウリが付いている理由

イクラの軍艦巻きにキュウリが付いている理由についてのトリビア

ところでこのイクラやうにの軍艦巻き、よくキュウリが一緒に添えられているのはご存じだろう。

このキュウリ、いったい何のためにあるのだろうか。色合い? 量増し? いやいや、実はもっと実用的な理由があったのだ。

みなさん、寿司を食べるときの仕草をしてみてもらいたい。通常の握りなら問題はないが、イクラなどの軍艦巻きは醤油をつけようとななめにするとネタが零れ落ちてきてしまう。かといってシャリの方に醤油をつけたのであってはしょっぱくなりすぎてしまう。

この問題を解決するのが、このキュウリなのだ。

キュウリの先の部分に醤油をつけるとキュウリをつたって、いい具合に醤油がイクラの方に流れてくる。キュウリはそんな粋なはからいでイクラやうにと一緒に乗せられていたのだ。

寿司くいねぇ…!

雑学まとめ

いかがだっただろうか。今回は軍艦巻きについての雑学をご紹介した。

寿司寿司と何度も書いていたので、無性にお寿司が食べたくなった。明日の夜は回転寿司に行こう。そして粋にキュウリに醤油をつけて軍艦巻きを堪能してこようと思う。

みなさんも美味しいお寿司を味わってみてほしい。手先の器用さに自信がある方はぜひ動画を参考に自分で作ってみるのもいいかもしれない。

いま読まれている記事

© 2020 雑学カンパニー