スポーツ全般

まさかの場所。ガッツポーズはガッツ石松が生み出したのではなく…

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

ガッツポーズが広まったきっかけは?に関する雑学

こぶしを突き上げて、勝利の雄たけびをあげる姿はスポーツでお馴染みのシーンだ。このポーズは、誰もが「ガッツポーズ」と呼んでいる。

今の若者には馴染みが薄いかもしれないが、40歳を超える人々であれば、ガッツポーズはプロボクサーのガッツ石松が由来だと答える人が多いのではなかろうか。

しかし実際のガッツポーズは、ガッツ石松から始まったとする説よりも有力な説がある。今回の雑学ではそんなガッツポーズにまつわる雑学を紹介していこう!

【スポーツ雑学】ガッツポーズが広まったきっかけは?

マッチョ課長
ガッツポーズは、ボウリング場で生まれ、その後にガッツ石松がボクシングの世界チャンピオンになったときに広まったとされるのだ!
新人ちゃん
えぇっ~!もとはボウリング場で生まれたポーズだったの!?
マッチョ課長
その通り!ガッツポーズが生まれたのは、ボウリングの最大の醍醐味といえるあのプレイに関係しているんだ。

【雑学解説】ガッツポーズが全国的に広まったのはガッツ石松によるが、その起源はボーリング場である

ガッツポーズが全国的に広まったのはガッツ石松によるが、その起源はボーリング場であるというトリビア

1974年4月11日に、ガッツ石松が世界チャンピオンになったときの喜びのポーズをガッツポーズの起源、とする説もあるが、もともとガッツ石松のリングネームは「鈴木石松」だった。

新人ちゃん
「鈴木石松」では、誰だか分かりませんね…

世界タイトル戦を前に「ガッツのある選手になってほしい」という思いを込めてつけたということだから、その前に「ガッツ=気合・根性」という意味合いを、ボクシングジム側が知っていたということになる。

ではガッツポーズはいつ生まれたかというと、1972年12月に遡る。

日本のボウリング場「ガッツボウル」でストライクを出したときの喜びのポーズを、ガッツポーズと命名したことに由来しているようだ。

新人ちゃん
へぇ~最初はボウリング場で生まれたんだ。
マッチョ課長
「気合・根性」…ガッツポーズっていいなぁ~!
新人ちゃん
聞いてませんから…

ちなみに「ガッツポーズ」が広まったのは、ガッツ石松が世界チャンピオンになった翌日の新聞で、スポーツ報知の柏英樹記者が、ガッツ石松の喜びのポーズを「ガッツポーズ」と表現したから、といわれている。つまり本人が言ったわけではないらしい…。

おすすめ記事

江戸時代の長崎にはボウリング場があったという雑学
江戸時代!日本初のボウリング場は長崎の出島に作られた

続きを見る

【追加雑学①】アメリカでガッツポーズというとおなかを抱えだす人が多い

「ガッツポーズ」は典型的な和製英語で、アメリカでガッツポーズといっても通じない。

動画を見てもらうとわかるが、英語でガッツ(guts)は内臓を意味するので、「ガッツポーズをして」とアメリカ人に伝えると、困りながらおなかが痛くなるような動きをしだす人が多い。

マッチョ課長
がははは…キャッツポーズをしている人もいたな~。
新人ちゃん
まったく通じないんだなぁ~。

ちなみに腕を突き上げるガッツポーズをパキスタンですると喧嘩を売ることになるので注意が必要だ。

スポンサーリンク

【追加雑学②】「OK牧場」は映画撮影で産まれた

ガッツ石松の決め台詞といえば「OK牧場」。これはガッツ石松が監督を務めた映画「カムバック」の制作現場で生まれた。

ガッツ石松は、映画「テラミー牧場」を子供時代に見ており、作品の大ファンだった。その「テラミー牧場」に出演していた俳優のロバート・フラーが、「カムバック」に出演してくれることになったのだ。

映画での掛け声「OK」と「テラミー牧場」が混ざって、「OK牧場」が生まれたのである。

【追加雑学③】4月11日はガッツポーズの日

4月11日はガッツポーズの日についてのトリビア

1974年4月11日に低い下馬評を覆して、ガッツ石松がWBCライト級の世界チャンピオンになり、勝利の雄たけびをあげたのを記念して、4月11日はガッツポーズの日とされている。

新人ちゃん
そんな記念日が!

いろいろ調べてみたのだが、どこの誰がガッツポーズの日を制定したかはわからず…。4月11日に何かイベントをすることもないという…。

雑学まとめ

今回はガッツポーズについての雑学を紹介してきた。ガッツポーズといえばガッツ石松、と思っていたらどうやら違うらしい。

ボーリング場でのエピソードはパンチが弱いので(ボクサーなだけに)、「ガッツ石松が考えた説」が広まったとも考えられる。

マッチョ課長
悔しいっ!言おうと思ってたのに~。

別にどっちでもいいといえばどっちでもいいのだが、ガッツポーズが和製英語だということだけ覚えてもらえばOK牧場だろう。

新人ちゃん
上手い!課長よりセンスありますね。
マッチョ課長
……

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー