世界のびっくり

"箸食"や"ナイフ食"はマイナー?世界では"手食"のほうが多い

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

世界の40%は食事を手で食べるという雑学

私たち日本人は箸を使って食事をすることが多い。メニューによってはスプーンやフォークを使うこともあるが、なんでも器用に箸でつかむ。

考えてみれば、あんな細い棒二本で食事をするなんてだいぶ難易度が高いことをしている。他にもいい方法、あっただろうに…。箸を考えた人はマゾヒストなのかもしれない

とにかく道具を使ってものを食べるのが日本での「普通」でありマナーだ。目の前の人がいきなり手づかみで食事をしだしたら困惑してしまうだろう。

ところが世界に目を向けてみると、道具を使って食事をすることは必ずしも「常識」とはいえないのだ。今回は世界の食事法についての雑学をご紹介していくぞ!

【世界雑学】世界の40%は食事を手で食べる

ロバート
オレ、ときどきフォークとナイフを使って飯を食うことに疲れちゃうんだ…手を使ったほうが楽だろ?

エイミー
うーん…それは食事内容によると思うけど…。でも、世界中の約40%の人々が手を使って食事をしているらしいわよ。

【雑学解説】世界の三大食事法「手食」「箸食」「ナイフ食」

三大食事法「手食」「箸食」「ナイフ食」についてのトリビア

世界には大きく分けて3つの食事法がある。

日本・中国・台湾・ベトナム・朝鮮半島などで取り入れられている箸食、ヨーロッパ・ロシア・アメリカなどが主流のナイフ食、そして東南アジアやアフリカ、中近東で使われている「手食(てしょく)」

箸食は箸を主に使用する食事。日本人にとっては馴染み深い文化だ。ナイフ食は、ナイフやフォーク、スプーンを使う食事法だ。フレンチやイタリアン、洋食で私たちも日常的に使っている。そして手食は手を使って食べる。

私たちは、基本的に箸やナイフなど道具を使って食事をするので、すべて手で食べるのは馴染みがないが、実は世界的に見ると手食人口の方が多い

手食が約40%、箸食とナイフ食はそれぞれ約30%だ

ロバート
え!オレ、ナイフ食の人口が一番多いって思ってたぜ。

エイミー
箸食とナイフ食が同じくらいで、手食はもっと多いのね。

この違いは宗教・文化的な側面も強いが、食べている料理の性質にも出る。たとえば、パサパサしたタイ米などは手のほうが食べやすいし、粘り気の強い日本の米は箸でつまんだほうがきれいに食べられる。厚い肉はナイフで切りフォークで突き刺したほうが簡単だ。

このように、それぞれの食文化に合わせた食べ方を人々は選んできたのである。

ちなみに箸食が一般的な日本では、手で食べたらお行儀が悪いとされている。そのためか「手食」と聞くとワイルドなイメージだが、日本でも手食は身近に存在するのだ。たとえば寿司やハンバーガー、パンにおにぎり。手で食べるでしょ?

ロバート
いわれてみれば、オレ達もハンバーガーを手で食うよな!

そう考えると手食がそんなに奇天烈なものではないのがわかる。

スポンサーリンク

【追加雑学①】結構厳しい!世界の手食マナー

結構厳しい!手食のマナーについてのトリビア

一見ワイルドな手食だが、実はマナーが結構あるのだ。国によって様々なのでここではインドの手食について紹介しよう。

そもそもヒンドゥー教では、神から与えられた身体こそが最も清いものだという考えがある。そのため食器よりも手の方が綺麗だとされているのだ。

そしてその手も、右と左で意味が変わってくる。右手は清いのだが左手は不浄とされているのだ。そのためまず、左手は使わない。右手だけで食べる。さらに、使っていいのは人差し指・中指・親指だけ。それも第2関節までしか許されていないのだ。

詳しいカレーの食べ方はこの動画を見るとよくわかる。

ロバート
これを頭に入れつつカレーなんて食えねぇよ…。

エイミー
食事に集中できないわね。

やってみるとわかるのだが、意外とこれが難しい。手食も手食で習得するのは難しいのだ。

【追加雑学②】箸だけを使って食事をするのは世界で日本だけ!

アジア圏でしばしば用いられる箸食だが、箸食文化の国々にも違いはある。なんと、完全に"箸だけ"を使って食事をするのは日本だけなのだ。

私たちはなんの気なく、並べられた夕飯の前に箸置きひとつと箸1膳だけを用意する。ごはんもおかずも汁物も、全部箸を使って平らげてしまうが、他の箸食文化の国はそうではないのだ。

中国では汁物にはレンゲを使うし、韓国ではごはんものに匙を使う。そういえば、中華料理店も韓国料理店も、箸1膳だけでは済まない。

ロバート
手食も大変そうだけど、日本の箸食も難しそうだな…。

エイミー
寿司レストランなんかで箸がおいてたりするけど、あんな2本の細い棒でものをつかむなんて大変よね。

指先のこまやかな感覚が要求される箸。生真面目で几帳面な日本人の性質と合ったのか。箸の発祥は中国といわれるが、いちばん愛されているのは日本なのかもしれない。

おすすめ記事

和食の食べ方・マナー全解説!
和食の食べ方・マナーを全解説!これで会席料理も怖くない【動画あり】

続きを見る

雑学まとめ

"箸食"や"ナイフ食"はマイナー?世界では"手食"のほうが多いという雑学まとめ

今回は世界の食事法についての雑学を紹介した。

「ナイフ食」が世界的に多いと思っていたので「手食」の多さには驚いた

ナイフを使う民族も、箸を使う民族も、もともとはみんな手食だったのだから、いまだに一番なのはある意味もっともなのかもしれない。

シンプルなようで奥深い手食の世界、ぜひ体験してみるのもいいだろう。

エイミー
たしかに、最初アタシたち人間は道具なんか使わないでものを食べていたんだから、いまだにそういう風習が世界で多く残っていても不思議じゃあないわよね。
ロバート
そうだよな。でもオレ、これからはわがまま言わずにおとなしくナイフとフォークを使って飯を食うよ。手食は難しすぎるぜ!

おすすめ記事

世界三大料理は、中華・フレンチ・トルコ料理という雑学
世界三大料理は中華・フレンチと…?各料理の特徴とマナーをご紹介!

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2021 雑学カンパニー