映画・テレビ

ハーマイオニーが…!"ハリー・ポッター"でエマ・ワトソンは降板を考えていた

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

「ハリー・ポッター」でハーマイオニー役のエマ・ワトソンは降板を考えていたことがあったに関する雑学

「ハリー・ポッター」シリーズで、ハリーの友人の1人として活躍するハーマイオニー。彼女を演じるエマ・ワトソンは、ハーマイオニーにピッタリの知的で素晴らしい女優である。

しかし、そんな彼女も「ハリー・ポッター」シリーズを続けていくにあたって、ある悩みを抱えていた。

今回は、ちょっとした「ハリー・ポッター」シリーズにまつわる危機的な雑学を紹介しよう。

【サブカル雑学】「ハリー・ポッター」でハーマイオニー役のエマ・ワトソンは降板を考えていたことがあった

ゆい
『ハリー・ポッター』シリーズでハーマイオニー役を務めていたエマ・ワトソンは、『不死鳥の騎士団』以降の作品を降板しようか考えていたことがあったそうですわ。
ひかり
え~っ?!エマ・ワトソンにいったい何が起きたの?!

【雑学解説】スケジュールが厳しすぎて悩んでいた

スケジュールが厳しすぎて悩んでいたというトリビア

シリーズものの配役が変わることは、できれば避けたいものだ。特に「ハリー・ポッター」のように、何回もシリーズを重ねてきて公開されたものは、すでに「このキャラにはこのキャスト」というイメージがついてしまっている。

しかし、恐るべき危機的状況が起こってしまったのだ。ハーマイオニー役のエマ・ワトソンが、降板を考えていたのだ。

ひかり
えっ!あれほどハーマイオニー役がピッタリな女優はそういないよっ?!

その理由は、女優業と学業の両立

エマ・ワトソンはとても頭が良く、学業は優秀だった。しかし、ハーマイオニー役で女優業も忙しくなり、スケジュール的に学業との両立が難しくなっていたのだ。

シリーズ撮影中でも、エマ・ワトソンのリアルの生活では、大学に向けての試験なども関わってくる。そして、その悩みは「不死鳥の騎士団」のあたりでとても強くなっていた。

制作陣はエマ・ワトソンの女優業と学業の両立についての悩みを聞き、彼女の気持ちを尊重したうえで、スケジュールを調整してくれた。そのため、エマ・ワトソンは無事にシリーズ終了まで、ハーマイオニーと自身の学業の両立を続けることができたのだ。

子役というものは、役者であると同時に学生でもある。特にエマ・ワトソンの場合は、勉強も重要なものだったのだ。とにかく、制作陣がエマ・ワトソンの気持ちを汲んでくれて良かった。

個人的に、ハーマイオニーといえばエマ・ワトソンしか思い浮かばない。もしも彼女が降板して、他の誰かがハーマイオニー役をしていたら…その違和感は半端なかっただろう。

ゆい
私もまったく同感ですわ。

スポンサーリンク

【追加雑学】ロン役のルパート・グリントも降板を考えていた

ロン役のルパート・グリントも降板を考えていたというトリビア

浮かない表情のルパート・グリント

降板を考えていたのは、なにもエマ・ワトソンだけではない。ロン役のルパート・グリントも、「炎のゴブレット」のころに、シリーズを降板するかどうか考えていた時期があった。

ルパート・グリントの場合は、現実と「ハリー・ポッター」の世界を行き来することへの疲れだった。

海外メディアのインディペンデントにて、ルパート・グリントはインタビューでこう語っていた。

なぜかって、明らかに大きな犠牲を払っていたからだよ。与えられた役による生活を過ごした後にその世界から出ていく。そうすると全てが異なる世界に行くことになるから、それがちょっと恐かったんだよ。だから"もうウンザリだ"ってときがあったんだ

MTV「ロン役ルパート、『ハリー・ポッター』降板を考えていた」より

ゆい
役者ならではの悩みですわね…
ひかり
オン・オフの切り替え、すっごく大変そうだもんね…

役者の世界と現実世界とのギャップに疲れていたのだ。このことから、ルパート・グリントは「自分は本当に「ハリー・ポッター」の世界に戻りたいのか?」と考えることが多くなったそう。

また、役者と現実の生活の疲れを経験したからなのか、ルパート・グリントは「『ハリー・ポッター』シリーズを、ファンとして純粋に楽しむことはできない」とも語っている。

ハリーの親友として、ときにはおとぼけなこともするロンを魅力的に演じたルパート・グリント。そんな彼が、シリーズについてそう思っていたとは…。少しばかり悲しく思ってしまう。

雑学まとめ

ハーマイオニーが…!"ハリー・ポッター"でエマ・ワトソンは降板を考えていたという雑学まとめ

ハーマイオニー役を務めていたエマ・ワトソンに関するトリビアを紹介した。

長いシリーズものを続けている俳優は、みんながみんな、好きで続けているとはいい難い。ときにはリアルでの生活との両立や、役者とリアルとのギャップに疲れて、降板しようか悩むこともあるのだ。

しかし、エマ・ワトソンしかり、ルパート・グリントしかり…みんな最終的に最後まで続けてくれた。その事実は変わらないし、がんばって演じ続けてくれたことに感謝したい。

ゆい
2001年から2011年まで全8作、映画史に残る名作を作り上げてくれた役者さんたちは本当に素晴らしいと思いますわ。
ひかり
それぞれにいろんな葛藤があった中でがんばってくれてたなんて…ホントすごいとしか言えないよ!

おすすめ記事

「ハリー・ポッター」シリーズに出てくるディメンターは、うつ病の象徴という雑学
作者も戦っていた…!"ディメンター"はうつ病の象徴【ハリー・ポッター】

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー