鳥類

タカ/ワシ/トビの違いとは?世界最強の猛禽類もご紹介!【動画あり】

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

タカ、ワシ、トビの違いに関する雑学

左:タカ 中央:ワシ 右:トビ

「イーグル」・「ホーク」といった言葉は、スポーツチームや会社名に使われることでもお馴染みだ。日本語にすると「タカ」・「ワシ」。なるほど、いずれも強くて速いイメージのある鳥である。

彼らのような猛禽類(もうきんるい)と呼ばれる鳥は、普段はあまりお目にかかれない。そういったこともまた、憧れる気持ちを後押しする要素だろう。田舎に行けばかろうじて「トビ」がぐるぐる飛んでいるのを見ることができるが…。

それにしても、タカ・ワシ・トビっていったい何がどう違んだ? 身近でない分、三種類とも大きくて強い鳥…ぐらいの認識しかない人も多いだろう。今回の雑学ではそんな大型鳥類たちの違いに迫った!

【動物雑学】タカ、ワシ、トビの違いは?

ライオンくん
タカ・トビ・ワシって似てるけど、違いはいったいなんなんだ?
ウサギちゃん
実ははっきりとした違いはないんだ。この3種類は大きさで区別されてるだけなんだよ!

【雑学解説】タカ、ワシ、トビの違いは、大きさの違いだった!

タカ、ワシ、トビの違いは、大きさの違いだったというトリビア

結論からいうと、実はタカ・ワシ・トビに生物学的な違いはないという。ではなぜ呼び方が違うのかというと、体の大きさによって区別しているのである

それぞれの大きさはだいたい次のように分けられる。

  • ワシ・・・約85~100cm
  • タカ・・・約45~70cm
  • トビ・・・約60cm前後

ちなみに大きさが約35~50cmほどのものはハヤブサと呼ばれる。

大きさ以外の違いをいうなら、ワシは比較的しっぽが短く、足が太い。タカは比較的足としっぽが長く、丸っこい翼をしている。しかしこれも種類によってまちまちなので、見分けるのは本当に難しいのだ。

トビに関しては少し特徴がある。まず「ピーヒョロロロ」という鳴き声。また飛び方も、羽ばたかずにぐるぐると回旋して飛ぶ。どこかノスタルジックな田園風景を彷彿させるイメージだ。

またタカやワシは生きた動物を捕まえて食べるが、トビは小動物や魚の死骸を食べる。やはり速くて強いイメージは、タカ・ワシならではのもののようだ

ウサギちゃん
『鳶(とび)が鷹(たか)を生む』なんて言葉もあるくらいだもんね…。

スポンサーリンク

【追加雑学①】世界最強の猛禽類は何?

世界最強の猛禽類は何かというトリビア

カンムリクマタカ

強いイメージのある猛禽類のなかでも、世界最強といわれるのはどんな鳥なのか。実際に闘わせるわけではないので、意見がわかれるところだが、ここでは必ず上位に入っているツートップをご紹介しよう。

「空飛ぶヒョウ」の異名を持つカンムリクマタカ

カンムリクマタカは、おもにアフリカに生息する獰猛な猛禽類だ。「空飛ぶヒョウ」とも呼ばれ、名前に「クマ」が入っているように、ずば抜けた速さと強さで、自分より大きな獲物も瞬殺する。

マンドリルやキツネ・シカまで捕食するという、すご腕ハンターである。ときには人間の子供まで狙われることもあるのだとか…。お、恐ろしい!

こちらがカンムリクマタカの狩りの様子。目にも止まらぬ早業は、まさにハンターだ!

ライオンくん
素早い!これは天空の王者だな…!
全長2m!「空の覇者」オウギワシ

中央・南アメリカの熱帯雨林に生息するオウギワシは、翼を広げると約2mにもなる最大クラスの猛禽類だ。その巨体に加え、10cmを超える鋭い爪と、140kgにもなる握力で、大物の獲物も秒殺する。

ナマケモノやイグアナを捕食し、獲物を捕まえたまま空を飛ぶ姿も確認されている。そんなオウギワシがナマケモノを捕らえる衝撃的瞬間がこちらだ。「これぞ怪鳥」といった佇まいである。

【追加雑学②】猛禽類カフェがひそかに人気

最近では猫カフェならぬ、猛禽類カフェがひそかに人気を呼んでいるようだ。しかし獲物を瞬殺する狩りの様子を見て、猛禽類と触れ合うなんて恐ろしい…と思う人もいるだろう。

そんな心配はご無用。飼いならされた猛禽類は人に懐いていて穏やかなのだ

東京・井の頭公園の近くにある「鷹匠茶屋(たかじょうちゃや)」は、日本で唯一タカを見られるカフェ。気高い孤高の王者を間近で見ることができるぞ!

ウサギちゃん
タカをここまで近くで見れるなんて…。ボクは怖いけどちょっと気になるカフェだね!

雑学まとめ

今回は強くて速くてかっこいい、猛禽類代表、タカ・ワシ・トビの違いについての雑学をご紹介した。まさかの大きさだけの違いだとは…。

とはいえ猛禽類は種類が豊富で、それぞれに特徴があるので、詳しく調べてみると面白い。特に最強猛禽類たちのラインアップは圧巻だ。

そして猛禽類カフェで可愛らしい一面も見れば、そのギャップ萌えにやられること間違いなしである!

ライオンくん
猫カフェに猛禽類カフェ…そのうち『ライオンカフェ』なんてのもできたりしてな!
ウサギちゃん
ライオンくん、さすがにそれはないと思うよ…。

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー